スイッチ Nintendo Switchの総合情報サイト
登場キャラをまとめてチェック!担当声優やキャラデザも紹介!
このゲームの関連記事一覧へ

登場キャラをまとめてチェック!担当声優やキャラデザも紹介!

最終更新 : GameWith編集部
ファイアーエムブレム 風花雪月 登場キャラクターの情報まとめのアイキャッチ

ファイアーエムブレム』シリーズでは歴代作品を通じて、個性的な性格や能力を有するキャラクターたちが豊富に登場してきた。
今作『風花雪月』でも、その特徴は踏襲されており、士官学校の三つの学級には魅力的な多数のキャラクターが存在する。
ここからは、そんな本作で活躍するキャラクターたちについて、担当声優などにも触れつつ、詳しく紹介していくぞ。

目次

主人公たち
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

謎の“紋章”を持つ 主人公

女主人公/男主人公(CV:伊藤静/小林裕介)
父・ジェラルトの率いる傭兵団に身を置いていたが、盗賊に襲われていた士官学校の生徒たちを救ったことからその能力を見出され、ガルグ=マク大修道院に教師として招かれることとなる。
容姿は2つの姿から選択可能で、デフォルトネームはベレス(女性)、ベレト(男性)。

プレイヤーの分身となり“フォドラの大地”で生きる、本作の主人公

かつて“セイロス騎士団”の団長を務め、歴代最強の騎士とも謳われた「ジェラルト」を父に持ち、ストーリー開始時には父の率いる傭兵団に身を置いている。

「ジェラルト」の声優を務める大塚明夫さんは『FE 蒼炎の軌跡』で「グレイル」団長として傭兵団を率い、戦死している。本作の団長には長生きしてほしいところだ…。

その後、士官学校の生徒たちを救ったことから能力を見い出され、“ガルグ=マグ大修道院”で教師を務めることになるのだが、どうやらこの主人公にも、物語に関わる大きな謎が秘められているようだ。

■ 主人公に宿る謎の“紋章”

主人公の“紋章”。ハンネマン曰く、「研究がなかなか進まない」ほどに“謎”が深いもののようだ。

主人公が、“紋章学者”の「ハンネマン」の研究に協力した際に、謎の“紋章”を身に宿していることが発覚する。本来は貴族しか持たないはずの特別な力である“紋章”をなぜ主人公が持っているのか?その秘密は中々に根深いもののようだ。

■ 紋章とは?

セイロス教に関する絵画。円の外縁部には、フォドラの大地に存在する“紋章”の数々が描かれている。

紋章”とは、フォドラのごく一部の人々がその身に宿す特別な力のこと。いくつかの種類が存在し、それぞれに人智を超える能力が備わっている。

英雄や聖人が女神から賜ったとされ、その力は子孫である貴族に受け継がれている。

しかし、子孫の子女すべてが紋章を宿して生まれるわけではない。

不思議な少女 ソティス

ソティス(CV:黒沢ともよ)
主人公の夢に現れた不思議な存在。時を巻き戻す力で主人公を救ってからは、まるで頭の中に住まうかの如く語りかけてくるようになるが、主人公の他にはその存在に気付く者もいない。自分が何者なのかの記憶はなく、外見は幼い少女だが、口調はまるで老婆のよう。

士官学校で教師生活を始めるのと時を同じくして、プレイヤーは「ソティス」と名乗る謎の少女と出会うことになる。

「さすがは人の子」という台詞や、耳の形状などからも、明らかに人間とは異なる種族のようだ。

その素性については不明だが、公開中の紹介動画では、主人公に対し「おぬしごときには、己(主人公)が命のまことの値打ちなぞわからぬじゃろう」と発言していることからも、主人公の“紋章”や生い立ちとも深い関わりがあると思われる。

三つの学級

主人公が教師を務めることになる「ガルグ=マク大修道院」は士官学校としての役割を持ち、大陸を分ける三つの勢力の若者がそれぞれに在籍する三つの学級を抱えている。

ここからは、各学級に在籍する代表者“級長”と生徒たちを、学級毎に分けて紹介していこう。

三つの異なる国の生徒が一堂に会する、ある種異質とも言える空間、それが「ガルグ=マク大修道院」だ。

黒鷲の学級
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

級長 エーデルガルト

エーデルガルト=フォン=フレスベルグ
(CV:加隈亜衣)
歴史ある大国・アドラステア帝国の皇女であり、次期皇帝。黒鷲の学級の級長として学級をまとめている。凛とした気高さと威厳を漂わせており、周囲の状況や他者を冷静に見定めて行動する。

フォドラ南部を支配下に置く歴史ある大国、“アドラステア帝国”の皇女で、第一位の皇位継承者。つまりは次期皇帝の女性。

CM第6弾の映像には主人公との会話イベントが含まれており、搭載が噂されている“結婚要素”の対象キャラクターになっている可能性も高そうだ。

会話イベントで頬を染める「エーデルガルト」。キャラクターのいつもの姿とは異なる一面が垣間見える。

E3 2019に出展された映像では「わたしたちは相容れない正義を持つ相手を、排除して進んでいくしかないのよ」と発言しており、五年後の“戦争編”では、皇帝として、ほかの二国と対立していると思われる。

「黒鷲の学級」のかつての級長。五年の時を経て、アドラステア帝国皇帝となったエーデルガルト=フォン=フレスベルグ。

黒鷲の学級所属キャラ
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

ヒューベルト

ヒューベルト=フォン=べストラ
(CV:小西克幸)
黒鷲の学級の参謀役。幼少時からエーデルガルトに仕えるベストラ侯爵家の嫡子。彼女の邪魔をするものを排除するためであれば、どのような手段も厭わない。エーデルガルト曰く、冷徹だが筋の通った人物。

ドロテア

ドロテア=アールノルト
(CV:長妻樹里)
入学前は帝都で人気の歌姫だった女子生徒。同じミッテルフランク歌劇団出身のマヌエラを先輩と慕う。黒鷲の学級内で平民の生まれは彼女ひとりであり、窮屈さを感じることもあるようだが、誰に対しても同年代の友人として対等に接する。

フェルディナント

フェルディナント=フォン=エーギル
(CV:坂泰斗)
帝国の宰相を世襲している名家、エーギル公爵家の嫡男。大貴族である自らの家柄に非常に強い誇りを持っている。性格は自信家で負けず嫌い。皇女であるエーデルガルトに対してさえ、その優秀さに対抗意識を燃やしている。

ベルナデッタ

ベルナデッタ=フォン=ヴァーリ
(CV:辻あゆみ)
ヴァーリ伯爵家の一人娘。 非常に人見知りが激しく、家から離れた彼女にとっては寮の自室が唯一の安住の地。講義の際以外は自室にこもって趣味に没頭している。

カスパル

カスパル=フォン=ベルグリーズ
(CV:村上聡)
ベルグリーズ伯爵家の次男。家督の継承権を持たないため、武芸で身を立てようと、士官学校で訓練に励む。喧嘩っ早いのが玉に瑕だが、嘘や不正を憎む正義感から来るもので、性格は裏表なく素直。

ペトラ

ペトラ=マクネアリー
(CV:石上静香)
フォドラの西方に浮かぶブリギット諸島を治める王の孫娘。ブリギットは帝国に従属しており、その忠誠の証として故郷から送り出され、士官学校に留学している。まだフォドラの話し言葉には慣れていないが、勉強熱心。

リンハルト

リンハルト=フォン=ヘヴリング
(CV:堀江瞬)
ヘヴリング伯爵家の嫡子。束縛を嫌い自由を愛する、つまりは極度の面倒くさがりで、頭脳明晰にもかかわらず、日々惰眠を貪っている。しかし紋章学には強い興味があり、その研究には寝食を忘れ没頭する。カスパルとは趣味も性格も似ないが仲が良い。

青獅子の学級
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

級長 ディミトリ

ディミトリ=アレクサンドル=ブレーダッド
(CV:石川界人)
崇高な騎士の国・ファーガス神聖王国の次期国王であり、青獅子の学級の級長。騎士道を体現するような誠実な青年だが、 時おり、明るさの中に微かな陰りのようなものを感じさせる。

級長「ディミトリ」は礼儀正しい好青年なのだが、その好青年っぷりが、“戦争編”での彼の姿とのギャップを作り出す結果となっている。

ファーガス神聖王国の王子であり「青獅子の学級」級長だったディミトリ=アレクサンドル=ブレーダッド。“戦争編”のその姿に、かつての好青年の面影はない。

上の画像が五年後、戦争編の「ディミトリ」。公開された級長三人のビジュアルで比較してみると、彼だけが急激なイメージチェンジをしていることがわかる。

五年の間に“ファーガス神聖王国”、もしくは彼自身何らかの事件があったことは間違いなさそうだ。

完全に目が死んでいる「ディミトリ」。生気に満ち溢れた“士官学校編”との落差が凄まじい。

公開中のE3 2019出展映像では「殺し尽くしてやる」といった“士官学校編”の彼とはかけ離れた言動も飛び出しているので、そちらもチェックしてみて欲しい。

青獅子の学級所属キャラ
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

ドゥドゥー

ドゥドゥー=モリナロ
(CV:高橋英則)
王国の北西、ダスカー地方出身の平民で、ディミトリの従者を務める。ディミトリには深い恩義があり、己の身に代えても守り抜くと決意している。強面で寡黙なため誤解されやすいが、温和で気の良い青年。

フェリクス

フェリクス=ユーゴ=フラルダリウス
(CV:帆世雄一)
フラルダリウス公爵家の嫡子。幼馴染であるディミトリを「猪」と呼び、棘のある態度をとる。皮肉屋で一匹狼を気取っているが、剣術の腕を磨くことには余念がなく、強い者を見つけるとまずは手合わせをしたがるほど。

メルセデス

メルセデス=フォン=マルトリッツ
(CV:花守みゆり)
周囲に細やかに目を配っており、困っている人を放っておけない、やさしい女性。元帝国貴族だが、王国で平民として暮らしていた。王都の魔道学院に在籍していたこともある。本人曰く他の生徒より「少し年上」。

アッシュ

アッシュ=デュラン
(CV:井上雄貴)
王国内ガスパール領の城主・ロナート卿の養子。平民の出である自分を我が子のように育て、士官学校に入学させてくれたロナート卿には深い感謝と尊敬の念を抱いている。彼のような立派な大人になろうと、勉学と鍛錬に励む真面目な少年。

アネット

アネット=ファンティーヌ=ドミニク
(CV : 田中貴子)
ドミニク男爵の姪。王都の魔道学院を優秀な成績で卒業している。性格は明るく努力家だが、空回りして大失敗することも。メルセデスとは魔道学院時代からの仲良しで、互いを「メーチェ」「アン」と呼び交わす。

シルヴァン

シルヴァン=ジョゼ=ゴーティエ
(CV : 古川慎)
ゴーティエ辺境伯の嫡子。仲間思いであり、学級の頼れる兄貴分として周囲から慕われているが、女性を口説くことが趣味という無類の女好きでもあり、トラブルが絶えない。紋章を持たないことを理由に廃嫡された兄がいる。

イングリット

イングリット=ブランドル=ガラテア
(CV:石見舞菜香)
ガラテア伯爵家の息女で、ディミトリ、フェリクス、シルヴァンとは幼なじみ。高潔な騎士への憧れと持ち前の生真面目さから、ディミトリ曰くすでに「下手な騎士よりも騎士然としている」。ただ、美味しいものの前では我を忘れる。

金鹿の学級
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

級長 クロード

クロード=フォン=リーガン
(CV:豊永利行)
新しい貴族の共同体・レスター諸侯同盟の盟主である名家リーガン家の嫡子。金鹿の学級の級長を務める。人好きしそうな笑顔と飄々とした態度が印象的な一方、自らを「猜疑心の塊」と評してみせるなど、どこか油断ならない一面も。

「リーガン」一家が盟主を務める貴族の共同体“レスター諸侯同盟領”は王を持たない。大陸東部に位置し、ある種の連邦国家のような組織構造で土地を分け合いながら治めている。

CM第2弾のとあるシーンでは、「ディミトリ」が「クロード」に向かって微笑む姿が確認でき、二人はとても仲が良さそうに見える。これも彼の策略家としての一面なのだろうか?

表情を見る限りでは、お互いを信頼しているように見える。

“戦争編”のムービーで彼は「俺たちは弱きものだ。だからこそ壁を乗り越え、手を取って、心で触れ合う。生きるために。」と発言しているが、この“弱きもの”が諸侯同盟のことなのか、他の何かを指すのかは定かではない。

「金鹿の学級」の級長だったクロード=フォン=リーガン。“戦争編”ではレスター諸侯同盟の盟主となっている。

金鹿の学級所属キャラ
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

ローレンツ

ローレンツ=ヘルマン=グロスタール
(CV : 渡辺紘)
グロスタール伯爵家の嫡男。気障な言動が目立つものの根は真面目であり、名門貴族としての誇りと責任を自覚している。修道院内の複数の女性にアプローチしているらしいが、成果のほどは芳しくないようだ。

ヒルダ

ヒルダ=ヴァレンティン=ゴネリル
(CV:桑原由気)
ゴネリル公爵家の一人娘。父と兄に甘やかされて育ったためか、すぐに怠けようとする癖があり、周囲に甘えるのも上手。気楽で軽い言動が目立ち、典型的な「貴族のお嬢様」と評されることも。お洒落をすることや、華やかなものが大好き。

ラファエル

ラファエル=キルステン
(CV : 大泊貴揮)
レスターの商家の息子。両親を不慮の事故で亡くしている苦労人だが、当人はいたって楽天的であり、食堂のメニューと、立派な騎士になるために日々「筋肉をいじめる」ことが目下の関心事。ただ、座学にはあまり興味がわかない様子。

リシテア

リシテア=フォン=コーデリア
(CV:悠木碧)
コーデリア伯爵家の長女。本年入学の生徒の中では最年少の15歳。魔道に長け、早熟な天才肌だが、その才能に驕らず努力を怠らない。子供扱いされることと、お化けが大嫌いという、子供らしい一面も。

イグナーツ

イグナーツ=ヴィクター
(CV:矢野奨吾)
レスター諸侯同盟領にある商家の次男。家業は兄が継ぐことになったため、親の意向もあり士官学校に入学して騎士を目指しているが、内心は別にやりたいことがある様子。美しい自然や芸術品を愛する、やさしい心根の持ち主。

マリアンヌ

マリアンヌ=フォン=エドマンド
(CV:秦佐和子)
エドマンド辺境伯の養女。あまり他者と関わろうとしないため、彼女の声すら聞いたことのない者も多い。いっぽう、大好きな鳥や動物には心を開いており、よく話しかけている。信心深く、日々女神への祈りを欠かさない。

レオニー

レオニー=ピネッリ
(CV:野川さくら)
同盟領サウィン村の、猟師の娘。稼げる傭兵になるため、村から借金をして士官学校に入学した。村の人々への恩と借金を返すため、日々鍛錬と倹約に勤しむ。傭兵を目指すきっかけとなったジェラルトを師匠と呼び、一番弟子を自称している。

セイロス聖教会/士官学校
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

レア

レア
(CV : 井上喜久子)
セイロス聖教会の最高指導者である大司教。ジェラルトが騎士団に属していた頃から同じ地位に就いていた。主人公の資質を高く評価し、士官学校に招き入れる。慈母のように穏やかに人々と接するが、教会に刃向かう者には容赦なく裁きを下す厳格な一面も併せ持つ。

マヌエラ

マヌエラ=カザグランダ
(CV : 小島幸子)
帝都のミッテルフランク歌劇団で頂点を極めたかつての歌姫。今は教師兼医師として士官学校に所属している。運命の男性と出逢わないことを嘆く姿が学内でよく目撃される。少々がさつな所はあるが面倒見がよく、新人教師である主人公に対しても親切。

ハンネマン

ハンネマン=フォン=エッサー
(CV:浜田賢二)
女神が与えし力「紋章」を研究する紋章学者であり、士官学校の教師。普段は冷静だが、紋章のこととなると我を忘れて没頭してしまう。特に主人公の持つ謎の紋章に対しては、知的好奇心からくる高まりを隠しきれない。同僚のマヌエラとは馬が合わない様子。

セテス

セテス
(CV : 子安武人)
セイロス聖教会の大司教補佐。秩序や規律を重んじる人物で、特例的に士官学校に招かれた主人公に対しては、大司教レアの判断を尊重しつつも、少なからず警戒心を抱いている。妹のフレンを溺愛し、常に気にかけているが、やや過保護なところも。

フレン

フレン
(CV : 大野柚布子)
大司教補佐であるセテスの妹。修道院で生活しているが、士官学校の生徒ではない。性格はおだやかで誰にでも屈託なく接するが、好奇心旺盛で時おり突飛な行動をとるため、いつも兄のセテスを心配させている。

イエリッツァ

イエリッツァ
(CV : 伊丸岡篤)
士官学校の教師。剣術師範として、主に鍛錬を担当している。他人と関わりを持つことを嫌い、何気なく話しかけてきた相手に躊躇なく拒絶の言葉を口にするほど。謎が多いが、生徒たちの鍛錬を任されるだけあり、腕は確かである。

トマシュ

トマシュ
(CV : ふくまつ進紗)
40年以上にわたり、ガルグ=マク大修道院の書庫番を務めてきた男性。書庫に収蔵されている書物についてはもちろん、長年過ごしてきた大修道院内の事情についても詳しいようだ。セイロス教の敬虔な信徒でもある。

ツィリル

ツィリル
(CV : 河西健吾)
大司教レアの従者として働く若者。戦災孤児であった自らの苦境を救ったレアに深い恩義を感じている。修道院での仕事ぶりは真面目そのもので、ともすると素っ気ない印象すら与えるほど。レアの役に立ちたいがために、シャミアから弓の手ほどきを受けている。

セイロス騎士団
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

ジェラルト

ジェラルト
(CV : 大塚明夫)
主人公の父。かつてセイロス騎士団で団長を務め、歴代最強の騎士とまで謳われた熟練の戦士。騎士団を離れてからは傭兵団を率いて旅を続けていた。妻は既に他界している。盗賊から生徒たちを救ったことが転機となり、再び騎士団に身を置くことになる。

カトリーヌ

カトリーヌ
(CV : 松浦チエ)
ガルグ=マクの士官学校の卒業生で、セイロス騎士団に所属する騎士。“英雄の遺産”と呼ばれる伝説の武具のひとつ「雷霆(らいてい)」を使いこなす凄腕の剣士であり、騎士として大司教レアに忠誠を誓っている。

アロイス

アロイス=ランゲルト
(CV : 坂巻学)
セイロス騎士団に所属する騎士。かつてジェラルトが騎士団長を務めていた頃の部下で、彼を敬愛している。生徒を襲う盗賊を退けた主人公を教師としてレアに推薦した。性格は陽気で気さく。冗談を好むが、ウケのほどはいまひとつ。

ギルベルト

ギルベルト=プロスニラフ
(CV : 小上裕通)
セイロス騎士団に所属する、王国出身の騎士。信心深く、真面目で礼儀正しい人物。あまり表情を変えず、自らについて多くを語ろうとしない。そのため、内心をうかがい知ることは難しいが、釣りと料理が好きらしい。

シャミア

シャミア=ネーヴラント
(CV : 渡辺優里奈)
セイロス騎士団に身を置く弓の名手。かつては傭兵だったが、過去にレアから受けた恩に報いるため、騎士として仕えることになった。騎士団の中では珍しくセイロス教徒ではなく、今はただレア個人に忠誠を誓っている

その他の勢力
引用元:ファイアーエムブレム 風花雪月 公式

炎帝

炎帝
(CV:声優不明)
大修道院の周囲で暗躍する謎の人物。仮面に隠されたその感情は読み取れないが、教会に対し友好的でないことは明白である。何らかの狙いで野営中の生徒たちを盗賊に襲撃させるも、主人公の介入により失敗。以来、主人公に警戒しつつ興味を抱いている。果たしてその目的は……

死神騎士

死神騎士
(CV:声優不明)
死神のような巨大な鎌に、禍々しい鎧を身につけた騎士が、夜な夜な人々をさらっていく……ガルグ=マクの街で、まことしやかに囁かれる「死神騎士」の噂。やがてそれは噂ではなく、確かに実在する脅威として主人公たちの前に姿を現すことになる。

タレス

タレス
(CV:声優不明)
“闇に蠢く者”の中心的な存在。ある計画を遂行するため、ソロン、クロニエを従え暗躍する。異様な風貌の“闇に蠢く者”たち。その正体は謎に包まれている。

ソロン

ソロン
(CV:声優不明)
“闇に蠢く者”の一人。老魔道士のような出で立ちに似合わしい、老獪な策と術を用いる。

クロニエ

クロニエ
(CV:声優不明)
“闇に蠢く者”と呼ばれる者たちの一人。快活な若い女性のように見えるが、その微笑みからは子供じみた残忍さと嘲りが滲み出る。

キャラクターデザインは?

今作のキャラクターデザインは『うたの☆プリンスさまっ♪』などで知られるイラストレーター(絵師)の倉花千夏さんが担当している。

公式Twitterのツイートにて、倉花千夏さんの担当が明言されているぞ。

なお、コンセプトアートを担当しているのは幸田和磨さん。本作の豪華版となる『ファイアーエムブレム 風花雪月 Fódlan Collection』の化粧箱などにもデザインが使用されている。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』とは?

ファイアーエムブレム 風花雪月』は、任天堂から2019年7月26日発売のニンテンドースイッチ対応ゲームソフト。

仲間を育てるRPGの醍醐味と、戦術を立てて戦うシミュレーションゲームの戦略性を融合させた、人気シミュレーションRPG『ファイアーエムブレム』シリーズの最新作だ。

選択した“国/学級”によって三つの異なる物語が展開される分岐型のストーリーや、新たな育成・戦闘システムなど、過去作にはなかった豊富な新要素を搭載した作品となっている。

『ファイアーエムブレム 風花雪月』基本情報

発売日2019年7月26日
会社任天堂
ジャンルシミュレーションRPG
価格¥6,980(税抜)
対応ハードニンテンドースイッチ
商品情報パッケージ版 / ダウンロード版 / 限定版
公式サイトファイアーエムブレム 風花雪月 公式

©2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

このゲームに関する記事

掲示板

ファイアーエムブレム 風花雪月に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 61

>>60
登場しなかったと思います。
今頃で申し訳ないけどとりあえず。

名無しのゲーマー 60

黒鷲帝国ルート2部1月でクロードを逃がした時にクロードは再登場するんですか?

名無しのゲーマー 59

聖戦、紋章、トラキアぶりの奴が買っても楽しめそう?

名無しのゲーマー 58

>>57
他ルート攻略した上で気が向いたら改めて感想を書きます

ニュース