PS5 プレイステーション5の総合情報サイト
死のループと弾幕を乗り越える『Returnal』先行プレイ!
このゲームの関連記事一覧へ

死のループと弾幕を乗り越える『Returnal』先行プレイ!

最終更新 : GameWith編集部
Returnal アイキャッチ画像
Returnal スコアの画像

死のループに絡んだ物語が面白いシューティング『Returnal』を先行プレイ!

2021年4月30日(金)発売のPS5対応ソフト『Returnal(リターナル)』

本作はTPSと呼ばれる三人称視点のシューティングゲームで、スピード感のあるアクションとSFを基調とした世界観が見どころのタイトルだ。

Returnal セレーネの画像
拡大する

▲本作の主人公「セレーネ」。彼女の操縦する宇宙船が、謎の惑星「アトロポス」に不時着するところから物語が始まる。

そしてこの度、期待高まる本作をGameWith編集部で先行プレイをさせていただくことができた。

本記事では実際にプレイした感想を交えつつ、『Returnal』が持つ数々の魅力について紹介していこう。

死を繰り返す“恐怖”を乗り越え、真相に近づく物語

本作最大の魅力は、ゲームシステムとストーリーが密接に関わり合っているという点に尽きるだろう。

死を繰り返しながらも強くなっていくシステム、そして同じ時間をループする中で少しずつ明かされていく謎の数々に、数時間ぶっ続けでプレイしてしまうほど熱中できた。

死=戻るだけじゃない!姿を変える不気味な惑星

Returnal 新緑の遺跡の画像01
拡大する

本作ではセレーネ(主人公)が倒されてしまうと、すぐさま宇宙船が不時着するオープニングシーンが流れ、物語の冒頭へと戻される。

最初は単にループしているだけだと思ったのだが、あたりを探索し始めるとすぐに違和感を覚えた。

▲宇宙船から出てすぐのエリア。1枚目(左)がループする前、2枚目(右)がループ後。

そう、マップそのものが変化しているのだ。
なんと本作はループする度に違うマップが生み出され、まさに未知の惑星に迷い込んだような恐怖を体感できる。

さらに現れる敵や入手できるアイテムも変化しており、何度もプレイしているうちに「次はどんなマップだろう」とワクワクしながら楽しめた。

Returnal セレーネの台詞の画像
拡大する

▲何度もループしていると、セレーネの台詞にも変化が。ループしても記憶は残っているようだが、いったい何故なのだろうか…?

Returnal 恒久装備の画像
拡大する

▲ループすると入手したアイテムや武器は失われてしまうが、一部の特殊な装備は引き継がれる。何度倒されても少しずつ強くなることで、手強いマップも攻略可能だ。

ホラーのような雰囲気も味わえる、謎めいたシナリオ展開

Returnal 民家の画像
拡大する

本作の舞台である、惑星「アトロポス」

そんなアトロポスを探索していると、突然民家のような建物がプレイヤーの前に現れる。

人の気配も無く、危険な生物が大量にひしめくこの惑星において、あまりにも異彩を放つ存在だ。

Returnal 屋内の画像01
拡大する

民家に入ると、一人称視点に。

これまでのゲームプレイとは雰囲気が大きく変わり、まるでホラーゲームをプレイしているかのような体験だ。

Returnal 屋内の画像02
拡大する

▲一人称視点になったことで、光に照らされた床の質感や光沢まで表現されているのが良く分かる。

惑星ではあり得ないはずのリアリティが不気味さを引き立てており、思わず息をのんでしまう緊張感あふれるシナリオ展開を味わえた。

生き延びる“楽しさ”を感じられる、アクション性の高いシューティング

本作のバトルはシューティング要素とアクションバランスが絶妙で、テンポよく敵を撃破できるようになると一層楽しさが増してくる。

ループする度に変化するマップや敵に上手く対応し、生き延びることができたときの達成感は格別だ。

Returnal 武器の画像
拡大する

また、PS5の新機能「アダプティブトリガー」による臨場感にも注目したい。

L2・R2ボタンの抵抗が変化し、まるで本物の銃のトリガーを引いているような感触が味わえる。

装備している武器によって感触が変化するのも楽しく、ぜひ実際のプレイで味わってみて欲しいポイントだ。

紙一重で弾幕を回避し、尽きることのない弾丸を撃ちまくる快感!

Returnal 弾幕の画像
拡大する

弾幕のような敵の攻撃を避ける楽しさは、本作のバトルならではの醍醐味と言えるだろう。

また、銃の弾数が無限なのも特徴のひとつ。弾数を気にせずひたすら攻撃できるので、まさに快適そのものだ。

嵐のような弾幕を避けまくり、隙を狙って撃ちまくるという、明快かつ気持ちの良いバトルが実現している。

Returnal ダッシュ回避の画像
拡大する

▲ダッシュ回避中は無敵のため、スイスイ弾幕をくぐり抜けられる。ジャンプと組み合わせれば縦横無尽に素早く移動することも可能だ。

Returnal アドレナリンレベルの画像
拡大する

▲攻撃を受けずに敵を倒し続けると「アドレナリン レベル」と呼ばれるレベルが上昇し、様々な強化効果を得られる。回避がさらに楽しくなる要素のひとつだ。

強さに伴うリスクが、プレイをさらに白熱させる!

Returnal パラサイトの画像
拡大する

マップを探索していると出会う寄生生物「パラサイト」

セレーネの腕に取りつく少し気味の悪い生物だが、実はこのパラサイトがゲームをさらに面白くしてくれるのだ。

Returnal パラサイトの効果の画像
拡大する

例えばこの画像のパラサイトは、スーツの耐久度が上がるメリットと共に、スーツの修復が困難になるデメリットを持っている。

このように、リスクを背負って強力な効果を得られるのがパラサイトの特徴だ。

パラサイトの効果を上手く利用できるかどうか、プレイヤーの判断力が試される奥深いシステムとなっている。

Returnal パラサイト発見時の画像
拡大する

▲パラサイトを見つけても、効果次第では装備しないという選択も重要。…とは言うものの、後で「やっぱり装備しておけば良かった…」となることも。

未知の世界でありながら、リアリティを感じられるグラフィック

惑星「アトロポス」の環境は、密林から砂漠のような場所まで実に幅広い

崩壊した文明の跡と大自然が美しいグラフィックで表現され、未知の世界現実が調和した独自の世界観を生み出している。

Returnal 深緑の遺跡の画像
拡大する

序盤のエリア「深緑の遺跡」はその名の通り、緑が生い茂る熱帯地方のような環境。

しかし、そんな自然の中に未知のテクノロジーを感じるような場所が隠されており、神秘的な空気も感じられた。

Returnal 紅蓮の荒地の画像
拡大する

2つ目のエリア「紅蓮の荒地」は、とにかく広大な砂漠だ。

入り組んだ地形が連なる「深緑の遺跡」とは対照的に、まるでオープンワールドのゲームを遊んでいるかのような気分を味わえた。

プレイした感想まとめ!

『Returnal』というタイトルが持つ、様々な魅力をお伝えしてきたが、いかがだっただろうか。

シナリオ、バトル、グラフィック、どこを取っても独特な魅力が感じられ、PS5の新機能も存分に活かしたハイクオリティな作品だと感じた。

この記事を読んでみて少しでも本作に興味を持った方は、是非とも購入してプレイしてみて欲しい。

■ 購入はこちら!

PlayStation Store

Returnal™ ©2021 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Europe Ltd. Developed by Housemarque Oy. “Returnal” is a trademark of Sony Interactive Entertainment Europe. All rights reserved.

このゲームに関する記事

掲示板

Returnal(リターナル)に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう
ニュース
ニュース一覧へ