ポケカ
ポケモンカード徹底攻略ガイド|ポケカ解説
シティリーグ千葉ベスト4の攻略班が使ったクワガノンデッキ解説
【ポケモンカード】シティリーグ千葉ベスト4の攻略班が使ったクワガノンデッキ解説【ポケカ】

【ポケモンカード】シティリーグ千葉ベスト4の攻略班が使ったクワガノンデッキ解説【ポケカ】

最終更新 : ポケカ攻略班
おすすめの関連記事

ポケモンカード(ポケカ)シティリーグシーズン2の千葉大会でベスト4に入賞した攻略班のデッキレシピを紹介しています。ベスト4になったクワガノンのデッキレシピやデッキ相性などが気になる人は参考にどうぞ。

シティリーグ千葉のベスト4デッキアイキャッチ

クワガノンデッキを解説!

1月20日のシティリーグシーズン2千葉でベスト4に入賞した攻略班のクワガノンのデッキレシピを徹底解説!当日のマッチアップや、デッキ相性なども解説しているので是非参考にしてほしい。

目次

他デッキ解説

デッキレシピ

クワガノンデッキのデッキレシピ
拡大する
使用しているカードSM1〜SM9a

このデッキを使った理由

サーナイト&ニンフィアGXがきっかけ

サーナイト&ニンフィアGX(SM9a/031)のカード

今回のシティリーグは当初ウルトラネクロズマGXのデッキで挑戦をする予定だった。しかし、新弾発売直後のシティリーグでサーナイト&ニンフィアGXデッキが好成績を残したのをきっかけに、その後のメタの動きを考え新弾のクワガノンが最適と考え急遽作成をすることにした。

短期間でデッキを作成

クワガノンは各所で話題には上がるものの、デッキレシピはあまり公開されておらず、仲間内で1週間という短期間でデッキを詰めていくことに。最終的なレシピが固まったのは大会当日の早朝だったが、満足いくデッキレシピが出来上がったのでそのまま大会に持ち込んだ。

当日のマッチアップ

予選

相手のデッキ勝敗
ウルトラネクロズマGX(SM6/069)のカードカラマネロ(SM6/037)のカードウルネクカラマネロ
レックウザGX(SM7/068)のカードクワガノン(SM1M/020)のカードレックガノン
ナゲツケサル(SM1S/031)のカードニダンギル(SM8a/043)のカードナゲツケサル道具落とし
ウルトラネクロズマGX(SM6/069)のカードカラマネロ(SM6/037)のカードウルネクカラマネロ
ゲッコウガ&ゾロアークGX(SM9a/025)のカードガオガエンGX(SM8a/032)のカードゲコゾロガオガエン

決勝

相手のデッキ勝敗
ルガルガンGX(SM2L/027)のカードゾロアークGX(SM3+/054)のカードルガゾロ
クワガノンGX(SM1+/021)のカードカプ・コケコ(SMC/009)のカードクワガノンGX(優勝者)
優勝者のデッキレシピ解説はこちら

デッキの使い方

今回使用したクワガノンのデッキレシピをうまく使いこなすための序盤から終盤までの動きを解説!デッキを実際に使うときの参考にしてみよう。

序盤

進化前を並べる

アゴジムシ(SM9a/006)のカード

序盤はとにかくデッキに比較的多く採用されているネストボールを使用して、アゴジムシやアローラロコンといった進化前のポケモンを並べて進化に備えよう。

後攻なら技を使ってポケモンをサーチ

アローラロコン(SM2K/012)のカード

後攻であれば最初から技を使えるので、後攻の場合は技を使ってポケモンを山札からサーチしよう。アゴジムシ、アローラロコンどちらも山札からポケモンをサーチする技を持っているのがポイントだ。

中盤

クワガノンを準備して攻撃開始

クワガノン(SM9a/018)のカード

アゴジムシをふしぎなアメを使ってクワガノンへ進化させ、雷エネルギー2個分になるデンヂムシをクワガノンにつけて攻撃を開始。トラッシュをすればGXポケモンでも一撃で倒すことが可能な技なので、序盤から試合をリードすることができる。同時にベンチに2体目のクワガノンを育てるためにアゴジムシを並べておこう。

相手のベンチにHP60以下が多かった場合

クワガノンGX(SM1+/021)のカード

相手のベンチにHP60の進化前ポケモンが2匹以上いた場合は、クワガノンGXのギガトロンGXで倒しにいこう。クワガノンGXはHPが高いため次のターン倒される可能性も低く、次のターンもそのまま相手のバトル場を倒せることも多い。

終盤

デンヂムシを維持しながら攻撃

ルアーボールのカード

中盤以降はとにかくポケモンを倒すことを意識して戦おう。エネルギーとしてトラッシュしてしまったデンヂムシは、ルアーボールやレスキュータンカをつかって再度手札に加えよう。

一気にダメージアップも可能

アローラキュウコンGX(SM7b/025)のカード

アローラキュウコンGXは進化時に山札からグッズをサーチすることが可能。後半ダメージが足りない場合はエレキパワーを2枚山札からサーチすることも可能なので、後半アローラキュウコンを使ったプランは常に考えるようにするのがベスト。

【ポイント】デデンネGXを使って一気に勝利!

デデンネGX(SM9a/016)のカード

後半デンヂムシを持ってくるグッズやエレキパワー、サポートのグズマなど同時に3枚以上のカードが必要になる場合もある。そんな時はデデンネGXの特性で山札を引いて必要パーツを揃えてしまおう。

今回採用を見送ったカード達

今大会で使用したデッキへ採用をしようとして、見送ったカードを紹介。ラウス様の優勝デッキをアレンジするときなどに参考にしよう。

カード名理由
カプ・コケコ(SMC/009)のカードカプ・コケコ先行を取れなかったときの対カラマネロや、ジラーチなどをクワガノンGXのGX技を使ったあとかいてんひこうを使うことで倒せることを想定して採用を検討した。しかし今回はサーナイト&ニンフィアGXが多いと予想しており、安定してクワガノンを使うことを目的としていたため不採用とした。
アゴジムシ(SM1M/004)のカードアゴジムシウルトラネクロズマGXのめつぼうのひかりGXを耐えたりすることができるとして採用を検討した。しかし、最新弾のアゴジムシは技でポケモンをサーチすることができるため、安定性を考え採用を断念。
メガニウム(SM8/005)のカードメガニウム後半のリカバリー能力なども考えて採用を検討。しかしデッキスペースがなく、序盤に必要なカードが多くなり、手札事故が発生することが多くなったため不採用とした。
マーシャドー(SM9a/020)のカードマーシャドーマッシブーン対策兼、スタジアムを壊すカードとして採用を検討。壊したいスタジアムが明確になく、マッシブーンもいないと判断をし不採用。
スーパーボール全体的にデンヂムシをサーチするカードが少ないため山札からデンヂムシを持ってこれて、他カードにも触れるカードとして採用を検討した。しかし、不安定の要素になるため不採用。
ウツギ博士のレクチャー複数枚採用しなければ意味がなく、前半にカプ・テテフGXを出さないと展開できない構築になるため不採用。その代わりに後半も使えて、前半はネストボールを持ってこれる「ぼんぐり職人」を採用している。
超ブーストエネルギー◇基本雷エネルギーを1枚超ブーストエネルギーにしても影響が少ないと判断していたため、ギリギリまで採用を検討。最終的には環境に多いトキワの森やサポートカードのデンジでサーチできる基本雷エネルギーの方がいいと判断した。

デッキの相性と当日のメタ読み

当日はどのようなデッキが多いと予想をしていたのかを解説!また、今回使ったデッキの相性も解説しているので実際に使うときの参考にしてみよう。

当日のメタ読み

ピカチュウ&ゼクロムが一番多く、その次に結果を直前に残しているサーナイト&ニンフィアGX、ウルトラネクロズマGXデッキと続くと予想。反対にタッグチームGXが高HPの関係で、ジラーチサンダーは少し減っていると予想していた。

デッキ名多さ
ピカチュウ&ゼクロムGX(SM9/031)のカードピカチュウ&ゼクロムGX多い
サーナイト&ニンフィアGX(SM9a/031)のカードサーナイト&ニンフィアGX
ウルトラネクロズマGX(SM6/069)のカードカラマネロ(SM6/037)のカードウルトラネクロズマGX-
レックウザGX(SM8b/098)のカードクワガノン(SM1M/020)のカードレックウザGXクワガノン
ジラーチ(SM8a/034)のカードサンダー(SM8a/003)のカードジラーチサンダー少ない

クワガノンデッキの相性

相手のデッキ名有利不利
理由
ズガドーンGX(SM8/023)のカードアーゴヨン(SM8/048)のカード
ズガドーンGXアーゴヨン
有利
こちらが非GXのためサイドレースが有利かつ、こちら側が連続で180ダメージ以上を出せるため相手のズガドーンGXを連続で倒すことができる。
サーナイト&ニンフィアGX(SM9a/031)のカード
サーナイト&ニンフィアGX
有利
フェアリーチャームを無視し、エレキパワーなどを絡めれば、クワガノンで1撃で倒せるため有利。相手の展開が遅く、こちらもしっかり準備できるのもポイント。
ルガルガンGX(SM2L/027)のカードゾロアークGX(SM3+/054)のカード
ルガルガンGXゾロアークGX
少し有利
基本的には有利だが、こちらが展開できずにいるとベンチのアローラキュウコンGXなどが狙われるため注意。
ピカチュウ&ゼクロムGX(SM9/031)のカード
ピカチュウ&ゼクロムGX
少し有利
ピカチュウ&ゼクロムを1撃で倒すことも可能で、サイドレースが有利になりやすい。しかしこちらの展開が遅れるとベンチのGXが倒されたりなどするため、負ける危険性がある。
ウルトラネクロズマGX(SM6/069)のカードカラマネロ(SM6/037)のカード
ウルトラネクロズマGX
普通
先行と後攻で大きく変わってくる。先行をとって相手のベンチに並べたマーイーカをGX技でしっかり倒すことができれば、有利に試合を進めることが可能。
ジラーチ(SM8a/034)のカードサンダー(SM8a/003)のカード
ジラーチサンダー
普通
こちら側がしっかり展開することができれば基本的には有利。ただしアゴジムシを並べられず、次々と倒されると負けてしまう。
ナゲツケサル(SM1S/031)のカードナゲツケサル(SM5M/040)のカード
ナゲツケサル
不利
特性をもったナゲツケサル2体を展開し、もう一体ナゲツケサルを並べられると弱点をつかれなくても倒されてしまうので不利になる。

デッキを使う人へのアドバイス

このデッキを使う人へのメッセージ

スイスドローでも勝ちあがれるように、できるだけ安定に寄せたデッキです。非GXながら、タッグチームGXも倒せる火力を出すことも可能なポケモンなので是非一度触れてみてください。

その他のポケモンカード関連ページ

他デッキ解説


※画像はポケモンカード公式サイトから引用しています引用元:ポケモンカードゲーム公式サイト

(C)2018 Pokémon.(C)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶ポケモンカード公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ルカリオ&メルメタルGXのデッキレシピと使い方
    ルカリオ&メルメタルGXのデッキレシピと使い方
    1
  2. デッキレシピ集
    デッキレシピ集
    2
  3. 進化のやり方と覚えておくこと
    進化のやり方と覚えておくこと
    3
  4. ダークオーダーの収録カードリスト
    ダークオーダーの収録カードリスト
    4
  5. フェローチェ&マッシブーンGXのデッキレシピと使い方
    フェローチェ&マッシブーンGXのデッキレシピと使い方
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
デッキ関連
大会上位入賞デッキ
タッグチームGXメインのデッキ
GXメインのデッキ
非GXメインのデッキ
初心者記事
パック情報
収録カードリスト
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中