黒騎士
黒騎士と白の魔王攻略wiki
アーサー攻略のデッキ編成と立ち回り
【黒騎士と白の魔王】アーサー攻略のデッキ編成と立ち回り

【黒騎士と白の魔王】アーサー攻略のデッキ編成と立ち回り

最終更新 : 黒騎士攻略班
おすすめの関連記事

黒騎士と白の魔王のアーサー攻略です。ボスの行動パターンや注意すべきザコ敵から、ロール別のデッキ編成例や立ち回りまですべてまとめているので、黒騎士でアーサー降臨を攻略するならここをチェック!

入手キャラの詳細はこちら
アーサーの評価と使い方
他の降臨攻略はこちらから

アーサーの行動パターンと対処方法

アーサー降臨のバフとデバフ

ボスのバフ
注意すべき
デバフ

デバフの効果と対処方法はこちら

アーサーのスキル詳細

【CT:3】聖剣エクスカリバー[必殺]
強力な光属性の全体攻撃。自身に攻撃力バフ3+ヘイスト2+被ダメージ軽減バフ3
【CT:4】痛恨の睡眠撃
強力な光属性の単体攻撃+睡眠3
【CT:4】ナイツディスペ
プレイヤー側全体の強化バフを全解除。自身の弱体デバフを全解除。自身の攻撃力バフ2+ヘイスト1+被ダメージ軽減バフ2
【CT:3】全睡眠ロック撃
光属性の全体攻撃+解除不可の睡眠2+スキルロック2つ
【CT:5】再召喚
ザコモンスターを復活させる
双滅光撃[通常攻撃]
光属性の2体攻撃+スタン3+攻撃力デバフ1+器用さ&回復力デバフ1+スロウ1+状態異常耐性デバフ3

要注意ザコモンスター

モンスター行動
光シールドマン【WAVE3,4,5で確定出現】
・闇属性でしかダメージ通らない
・全体挑発
ケンタウロス【WAVE3か4に出現】
・全体スロウ1
・単体に混乱
ユニコーン【WAVE3か4に出現】
・ラバリジェ
・全暗闇撃
各モンスターの対策はこちら

光シールドマン

アーサー降臨攻略の最重要ポイントといっても過言ではないのが、光シールドマン。アーサーの強力な攻撃とバフをシールドマンに守られると積みパターンになる。絶対に開幕の闇召喚で倒して、アーサーに集中できるように準備を整えよう。

ケンタウロス

アーサー降臨で出現する敵の中で最も厄介なのがケンタウロス。睡眠耐性を上げている関係上、混乱耐性は低いはず。攻撃を受けてしまうと高確率で混乱し、立ち回りが崩れてしまう。シールドマン処理の後に倒すのが安定だ。

ユニコーン

シールドマンで挑発されユニコーンにラバリジェを張られるのは厄介だが、光属性であるため意外にもかなり楽。闇属性の集中攻撃で一気に倒し切ろう。

アーサー攻略の立ち回り例

※やるべきことはあくまで一例です。
敵のヘイストやHPなど、状況に応じて変化します。

敵の行動立ち回り例
1痛恨の睡眠撃

※ユニコーン
∟ラバリジェ
<痛恨がくる前に>
・ハンターはロキ
・ソーサラーは無双召喚
・ファイターはアポロン
・ファイターは挑発も
2全睡眠ロック撃

※ケンタウロス
∟混乱連撃
<ロックされたスキル報告>
・スタン
・トール
・ラバリジェ
<ケンタウロスがいたら>
・混乱にラクリナ
・ケンタウロスを挑発
<ロック撃を受けてから>
・ラバリジェ展開
3必殺

※ケンタウロス
∟暗闇連撃
※ユニコーン
∟全暗闇撃
・スタン
・ロキ更新
<スタンロックされたら>
・ラバリジェ展開
・トール
・置きラヒール
4通常攻撃<通常攻撃がくる前に>
・スタンバリア展開
<受けたらデバフ解除>
・クリナインテ
・ラクリナ
・クリナヒール
・ブレイブインテ
5ナイツディスペ<発動に合わせ置きスキル>
・ファイターは挑発
・ソーサラーはロキ
・ハンターはスロウ
・ヒーラーはラプロテス
<置きスキル後は>
・ソーサラーはマナドレ
・ハンターはヘイスト
・ヒーラーはブレイン
6全睡眠ロック撃
痛恨の睡眠撃
<ロックされたスキル報告>
・スタン
・トール
・ラバリジェ
<次の必殺までに>
・HP回復
7必殺<倒せそうなら>
・無双召喚
<倒せなさそうなら>
・ロキ更新
・攻撃力デバフ
・ラバリジェ展開
・置きラヒール
8再召喚・全力で攻撃
・スタンバリア展開
9通常攻撃・全力で攻撃
・HP回復
10全睡眠ロック撃
ナイツディスペ
※ここまでに倒せていないと
シールドマンの挑発がくる
11必殺
痛恨の睡眠撃
※ここまでに倒せていないと
クリアは難しい
12通常攻撃-
13通常攻撃-

ロール別のデッキ編成例

痛恨撃で最も睡眠に悩まされるファイターは、可能な限り睡眠耐性を100%にしたい。他は闇火力でダメージを稼ぐのも良いが、サポート役も重要。とにかく死なないことが重要で、他にも手持ち次第ではバリア展開も悪くない。

ファイターのデッキ詳細と立ち回りはこちら

ソーサラーデッキ編成

全体睡眠の効果時間は短いので、ファイターが挑発を徹底していれば睡眠は気にしないで良い。闇が得意なソーサラーはメイン火力としてダメージを稼いでいこう。アポロンで攻撃力バフを消してから、被ダメージ軽減バフをマナドレで消せるのが理想だ。

ソーサラーのデッキ詳細と立ち回りはこちら

ハンターデッキ編成

ハンターは編成キャラの属性がバラバラなので、最悪ためるキャラはなくても構わない。むしろ火力は捨てて、スロウやバフ解除、スタンバリアの展開を徹底したほうが良い。召喚はボスにもシールドマンにも有効な闇属性が理想。

ハンターのデッキ詳細と立ち回りはこちら

ヒーラーデッキ編成

ヒーラーは睡眠無効キャラを積みやすいので、ロキ編成も可能。しかし呪い付与は3人で回せるので、デバフ解除と火力アップを両立できるアスモデウスがおすすめ。あとはディスペルへのラプロテスを徹底して、あとはスタンバリアの維持が重要だ。

ヒーラーのデッキ詳細と立ち回りはこちら

睡眠耐性高めのアクセ例

睡眠耐性を持つアクセサリを詰め込むといい。ヴァルキリーヘルム、円卓の首飾り、バーサクリング、革のベルト、活力のリングが対象となる。ウェーブ3か4にケンタウロスとユニコーンが出る可能性があるので、混乱と暗闇も高くしている。

聖剣の加護の対処方法

聖剣の加護対策のポイント

・敵全体に被ダメージ軽減バフ5+リジェネ1
・呪い状態の間だけ消える
・開幕で呪いを付与する
・付与役はハンターが理想
・ヒーラーのロキ編成は要相談
・ナイツディスペで確定復活
・呪いロックは大声で伝達

聖剣の加護中はダメージ半減

聖剣の加護が発動中は、敵全体に解除不可の被ダメージ軽減バフ5とリジェネ1が付与される。ザコにも効果が適用されるので、対策せずにザコ処理を始めてもほとんどダメージが通らないので注意。

呪い状態の間だけ消える

聖剣の加護は、アーサーが呪い状態の間だけ消える。そのため、同じく神獄級キャラのロキは必須となる。ロキ前提クエストなので、ドロップするまで必ず粘ること。

呪い付与はハンターが適任

問題は誰が呪いを付与するかだが、器用さが高くヘイストで動きやすいハンターが適任だ。開幕で呪い付与、ファイターとソーサラーは火力召喚で雑魚を倒す流れが理想。呪いが決まらなかった場合のみファイターとソーサラーがロキを使う。

ヒーラーのロキ編成は要相談

決まるかどうかの運にもよるが、基本的にヒーラー以外の3人でもロキは十分回せる。余裕があればヒーラーも持っていくべきだが、デッキ編成を圧迫するなら事前に持っていかなくても良いかしっかり確認しよう。

切れそうになったら適時更新

呪いが切れるとすぐさま聖剣の加護が復活するので、ロキの無駄撃ちは絶対に避けよう。使いたい時に使えない、なんてことにならないようにスタンプなどで意思疎通していきたい。確定で決まるわけでもないので、フォローも忘れずに。

ナイツディスペで聖剣の加護が復活

アーサーのナイツディスペは、自身のデバフを全解除する効果を持つ。当然呪いも解除されるので、ナイツディスペ直前に時間で呪いが切れていても、慌ててロキを打たないように注意。完全に無駄になってしまう。

呪いロックは大声で伝達

もし全睡眠ロック撃により呪いスキルがロックされた場合は、他のプレイヤーが使わなければならなくなる。ロックされたプレイヤーは即座に大声で知らせよう。

最終ボスWAVEまでの攻略ポイント

絶対に押さえておくべきポイント
・睡眠耐性を高める
・呪い付与のロキを積む
・ハンターはスタンバリア必須
・ヒーラーもスタンバリアを積む
・スキルロックは報告

全員睡眠を無効化できるのが理想

アーサーの睡眠攻撃は、一瞬で切れる全体睡眠と強力な単体攻撃のみ。流れをしっかり把握していれば完全無効化できなくても成立するが、一瞬とはいえ眠るとスタンと同様に効果になるので、全員無効化できるのが理想。

聖剣の加護対策を徹底

アーサーは常に「聖剣の加護」状態にあり、効果中はザコを含め全ての敵が被ダメージを大幅に軽減する。対策の鍵はロキだが、ただ打てば良いというわけではない。各役割をしっかり把握して、効率よく解除しよう。

聖剣の加護対策(上へスクロール)

スタンバリアは必ず積む

この降臨で本当に対策すべきは、アーサー含むほとんどの敵が使用するスタン。バリアを積まずに挑むのは無謀なので、動きやすいハンターが入れておきたい。ティターニア、アテナ、覚醒エリザベスの順でおすすめだ。アングルボザもアタッカーとして優秀。

スタンバリア展開キャラ

WAVE1は下から倒すといい

WAVE1なのでそれほど意識する必要はないが、少しでも準備して抜けるために、一番下の混乱を持つアークナイトから順に倒していくのがおすすめだ。

WAVE2でブギーを残す場合

今までの神獄級同様に、一番上のブギーを残すことが多い。その際は、スタン連撃が厄介なので、ファイターが必ず挑発でターゲットを取っておこう。ファイターのHPに気をつけつつ、ラプロテスを更新してからボスへ行こう。

WAVE2でシールドマンを残す場合

真ん中のワイルドボアは全体スタンが厄介なので即倒すが、人によってはシールドマンを残す場合がある。ブギーほどの火力はないが、ディスペルスタンでバフを解除してくる点にだけ気をつけよう。ラプロテスを切らしてボスへ行かないように。

ボスWAVE1はロキからスタート

今までの神獄級と違い、アーサーでは開幕無双召喚を撃てばよいわけではない。聖剣の加護はザコにも効果があるので、まずはアーサーを呪いにするためロキを打ち込むことから始めよう。

開幕ロキはハンターがおすすめ

アーサーは呪いが弱点なので、器用さの高いハンターでロキを打てば高確率で呪いが決まる。たとえ決まらなくてもシールドマンはゴリ押しで倒せるので、ハンター以外はシールドマンを攻撃しよう。保険でヒーラーが打つのも悪くない。

ファイターはアポロンから挑発

アーサーの初手は高火力の痛恨撃。これを受けるためにファイターは必ず挑発をしておこう。まずはソーサラーの召喚に合わせてアポロンをうち、その後にすかさず挑発を決めよう。

シールドマンは即撃破

アーサーの呪いを確認したら、アタッカーは無双からの闇召喚で一気にシールドマンを潰そう。理想はファイターとソーサラーで倒しきることだが、場合によってはハンターの闇火力もここに使って良い。素早い撃破こそが重要だ。

ザコにケンタウロスがいる場合

ケンタウロスは、アーサー降臨でもっとも危険なザコ敵。混乱連撃と暗闇連撃でこちらのペースを大きく崩してくるので、確実に対処したい。倒してしまうのが確実だが、ファイターが挑発するだけでだいぶ楽になる。

ザコにユニコーンがいる場合

ユニコーンも、ケンタウロス同様に危険なザコ敵。こちらはラバリジェと全暗闇撃でスタンの邪魔をしてくる。バリブレはもちろん、暗闇事故を防ぐために全暗闇撃に置きラクリナで保険をかけておこう。

ソーサラーはマナドレでバフ解除

シールドマンを倒したら、アーサーの攻撃力バフを解除したい。うまく解除できれば、スキルロックでスタンを封じられた時にリカバリーがしやすくなる。もしここまでにまだシールドマンが残っているようだと、このあとの戦いはかなり厳しい。

ハンターはスロウ付与重視

他のボス同様に、アーサーにスロウを決められるとかなり有利に戦える。ハンターは開幕でロキをうったら、すぐにアポロンか滅水撃でスロウ付与を狙おう。その後もナイツディスペや必殺のヘイストをスロウで上書きできるのが理想だ。

ロックされたスキルは必ず報告

ロキ降臨同様、アーサーはスキルロックを使ってくる。ただロキよりも遥かに難易度が高いため、ハンターのスタンに限らず、挑発や蘇生、スロウやラヒールなどがロックされた場合も報告したほうが良い。

ナイツディスペに置きスキル

ファイター挑発orロキ
ソーサラーロキorマナドレ
ハンタースロウorロキ
ヒーラーラプロテス

アーサーは、ディアブロ同様に全バフを解除するディスペを使う。このディスペに対して、置きスキルを完璧に決められると大きい。特にヒーラーのラプロテスとハンターのスロウは必須レベルで狙っていこう。ロキは後からでも問題ない。

再召喚後のザコ処理は?

再召喚後は、基本的にザコを無視してアーサーを削り切りたい。しかし火力的に間に合わない場合は、シールドマンだけでも倒したほうが良い。挑発の処理をミスってロキやスタンが吸われると、そのまま決壊もあり得る。

最終ボスWAVEの攻略ポイント

最終WAVEの難易度は別格

降臨の最終WAVEは、他のWAVEと比べ物にならない難易度。特に神獄級であるアーサー降臨は、ボスとザコ敵の行動が噛み合って非常に危険なので、それぞれの対処方法をしっかり把握してから攻略していこう。

注意!
以下の情報は、アーサーのヘイストによって、行動は前後する可能性あり。

前提としてソードマンは倒さない

これは過去の神獄級同様だが、最終WAVEに出現する別格モンスターを倒す余裕はない。今回のソードマンは全スタン撃を持つので、ただ放置するのではなく、ラバリジェなどによる対策を完璧に行おう。

シールドマンは即撃破

ここまでのWAVEと同様に、シールドマンを速攻撃破しよう。このシールドマン撃破に手こずるようでは、最終WAVEの突破はかなり難しい。ロキからの無双召喚+高火力スキルをたたき込もう。

スキルタイミングに注意

アーサー最終WAVEは、ボスの必殺に合わせるように全スタン撃と全体挑発が飛んでくる。ロキからの召喚でシールドマンをすぐに排除できない場合は、挑発に置きラクリナで対処しよう。併せて、ハンターは自身にバリアを張っておけば完璧だ。

全体ロック後にラバリジェ

アーサーの全体ロックの後にラバリジェを使うことで、別格ソードマンの全スタンを防げる。ハンターとヒーラーはティターニアがロックされたら報告しよう。バリアを展開でないのがわかるだけで、他プレイヤーの行動が変わって来るので重要なポイントだ。

全スタン後に再度ラバリジェ

全スタンをラバリジェで防いだら、今度はアーサーの通常攻撃に付与されているスタンに備えたい。先ほどバリアを使わなかったプレイヤーが、今度はティターニアを使おう。ただ、運が良ければ前に使ったティターニアで事足りる場合もある。

次の全スタンまで全力で攻撃!

2段構えのスタンを凌いだら、ようやく全力で攻撃ができるチャンス。次の全スタンが来るまでに倒しきるつもりで、最大火力を狙っていこう。ただし、攻撃のしすぎでラバリジェやHP回復が疎かにならないようにだけ注意すること。

アーサー降臨のイベント情報

アーサーの難易度とポイント

推奨戦闘力神獄級:4850
挑戦条件ロキ神獄級を3回クリア
グィネヴィア上級を3回クリア
パーシヴァル上級を3回クリア
ガウェイン上級を3回クリア
おすすめ属性

アーサーの状態異常耐性表

混乱麻痺暗闇
無効無効無効
睡眠呪い踊り
無効弱点無効

アーサーのパラメータ異常耐性表

攻撃器用&回復スロウ
普通普通普通
MP回復状態異常被ダメージ
普通普通普通

円卓の騎士降臨シリーズ他の攻略

挑戦条件のロキ降臨攻略はこちら

アーサーのキャラ性能と声優

アーサーの評価点と声優

評価点8.5/10点
CV小野大輔
▶CV一覧はこちら

エクスカリバー

敵全体に威力1440で攻撃を行い、攻撃がヒットした対象に被ダメージ増加デバフ(解除不可)を100%の確率で付与し、既にかかっている場合は効果段階を+1する

※スキルLvMAX時の性能です。

wait消費MPチャージタイム
96060

アーサーのロールボーナス

ファイター効果
威力増加+20%
効果追加自身に攻撃力バフ2を付与し、すでに攻撃力バフがかかっている場合は効果段階+1(効果段階は最大5まで)
ソーサラー効果
威力増加+20%
効果追加自身に攻撃力バフ2を付与し、すでに攻撃力バフがかかっている場合は効果段階+1(効果段階は最大5まで)
ハンター効果
威力増加+20%
効果追加自身に器用さ&回復力バフ2を付与し、すでに器用さ&回復力バフがかかっている場合は効果段階+1(効果段階は最大5まで)
ヒーラー効果
効果追加HPが一番減っている味方単体を与えたダメージの30%で回復
効果追加自身に器用さ&回復力バフ2を付与し、すでに器用さ&回復力バフがかかっている場合は効果段階+1(効果段階は最大5まで)
アーサーのキャラ詳細はこちら

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]Grani, Inc.

攻略記事ランキング
  1. ファイターのアーサー攻略デッキと立ち回り
    ファイターのアーサー攻略デッキと立ち回り
    1
  2. アガレスの評価と使い方
    アガレスの評価と使い方
    2
  3. オーディンの評価と使い方
    オーディンの評価と使い方
    3
  4. コラボイベント一覧
    コラボイベント一覧
    4
  5. アーサー攻略のデッキ編成と立ち回り
    アーサー攻略のデッキ編成と立ち回り
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのクリアデッキ

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

黒騎士を始めたら

リセマラ情報

ガチャ情報

キャラ情報

検証情報

アクセサリ情報

ロール・ジョブ情報

ロール別のおすすめジョブ

ロール別のデッキ編成と立ち回り

クエスト攻略情報

イベント情報

ギルド・フレンド情報

黒騎士クイズ

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中