黒騎士
黒騎士と白の魔王攻略wiki
ヒーラーのギルバトデッキと立ち回り
【黒騎士と白の魔王】ヒーラーのギルバトデッキと立ち回り

【黒騎士と白の魔王】ヒーラーのギルバトデッキと立ち回り

最終更新 : 黒騎士攻略班
おすすめの関連記事

黒騎士と白の魔王のギルドバトルにおける、ヒーラーのデッキ編成例やおすすめキャラ、立ち回りなどを掲載しています。ギルバトで勝つならここをチェック!

【ギルドバトル】

【コロシアム】

ギルドバトルのルール解説はこちら

ヒーラーのギルバト攻略

ヒーラーのデッキ編成例

ドレイン型

ヒーラーも攻撃に加わるというコンセプトを元に、ドレインキャラが集まったデッキ。ただ、当然メイン火力にはなり得ないので、残りバリア1枚を割ったり、加護で生き残った敵を狩っていきたい。

回復特化編成

上記のドレインデッキとは違い、より安定した回復力を求めた編成。ミスラやナンナのサポートが可能なのでこちらの方が守りは硬い。

ヒーラーにおすすめのキャラ

おすすめ度は五段階表記で★の数が多いほどおすすめです。

キャラ名おすすめ度&理由
オデュッセウス【必須】
被ダメ軽減バフを張らないわけにはいかないので必須だ。持っていない場合はオリオンでも可。
イシス【必須】
当然蘇役のイシスも必須。持っていない場合はヘルミオネでも可。
ルサリィ★★★★★
ヒーラーが使える高火力召喚。単発攻撃なのは仕方ないが、火力を出すならルサリィを使おう。
イザナギ★★★★★
使い方はルサリィと同じ。踊り対策をするならばイザナギを連れて行こう。
アメノウズメ★★★★★
天敵である回復力デバフを反転可能で、与えたダメージの150%で味方を回復する。あまりにも使い勝手がいいスキルだ。
アリス★★★★★
アメノウズメと同じく攻撃しつつドレインしてくれる。被ダメ増加役としても使っていこう。
ワダツミ★★★★★
デバフ対策に欲しい1体。使えば自身に器用さ&回復力バフ3もつく。しかも踊り耐性持ち。
ハニープリンセス★★★★★
ウェイト1で使える回復スキル。回復デバフも反転可能。
ティターニア★★★★★
対人ではラバリジェが欲しい。暇な時にとりあえず打てるスキルとしても優秀。
ヘラ★★★★★
使いやすいスキルなので持っていかない理由がない。
オルトリンデ★★★★★
ドレイン+自身に状態異常耐性バフを付与するキャラ。ガネーシャの睡眠を筆頭に、様々な状態異常を対策できる。
メリオダス★★★★★
メリオダスもドレイン持ち。2種の会心を持っており、回復効力が上がりやすい。
ベル★★★★★
インテバリアを5枚張れるスキル。これに加えて通常の器用さ&回復力バフも付与できれば回復力大幅アップ。
アンフィトリテ★★★★★
睡眠耐性を持っているのでスノープリンセスとの使い分けが可能。ガネーシャが多いことを考えると、むしろこちらの方がいい可能性すらある。
スノープリンセス★★★★★
効果が大きいラヒールなので、HPが3倍になっているギルバトでも回復が間に合う。混乱耐性持ちなのも高評価。
ナンナ★★★★★
クリナヒールと睡眠耐性を持つキャラ。絶対に無駄にならないのが魅力。
ヘイムダル★★★★★
CTが短い攻撃スキルで使いやすく、ウェーブ移動TP回復が発動すれば相手よりも先に無双に入れる可能性が高い。
イザナミ★★★★☆
敵を倒すとHPを全回復するずるいキャラ。必須というわけではないが、枠があれば優先的に連れて行きたい。
コノハナサクヤ★★★★☆
攻撃しつつインテバリアを張るスキル。ドレイン効果はないが、睡眠耐性を持っているのが優秀。
かぐや姫★★★★☆
ドレイン効果に加え、解除不可の器用さ&回復力バフ2を付与できる。直後にラヒールなどを使うと効果的。
アールマティ★★★★☆
効果だけ見ると強力だが、ギルバトはHPが3倍になる仕様が厄介。アールマティの効力216の回復では全く間に合わず、ウェイト6でラクリナを使っているも同然となってしまう。
ミスラ★★★★☆
ピンポイントで被ダメ軽減バフを剥がされた時に使うのが目的。ファイターに使えばさらに硬くなる。
メタトロン★★★☆☆
威力は控えめだが、覚醒させれば光か闇の被ダメ軽減バフを張れる。
ブラフマー★★★☆☆
ウェイト1で打てるドレイン。スタン状態の敵に当てるのは難しいが、ドレイン目的で持っていってもいい。
ミカエル★★☆☆☆
単純な回復スキル。回復特化の場合は入れよう。

ヒーラーの立ち回り

ヒーラーの奥義の使い方

神々の手味方全体を効力900で回復。対象が戦闘不能だった場合は蘇生2を確率100%で行う

効力900のラヒールと全体ザレクを100%で行う最強の回復。この奥義を使う=押されている状況なので、この後も継続して回復は必要になる。ファイターの奥義と合わせて使うと綺麗に立て直せる。

ジョブはエクソシストかシャーマン

おすすめのジョブは、クリナしつつ被ダメ軽減バフを張れるエクソシストが頭一つ抜けている。次点でバリアを増やせるシャーマンだ。

睡眠と踊り耐性を高めにする!

回復役であるヒーラーの天敵は睡眠と踊り。動きを止められてしまうこの2つの状態異常は最優先で対策しなければならない。アンフィトリテ、ナンナ、アリス、イザナギ辺りを軸にデッキを組もう。

開幕はラプロテス安定

開幕からダメージを抑えるため、初手からラプロテスを張りたい。ただ裏目があり、ハンターが開幕からウェーブ移動TP回復した場合、いきなりスタンされてしまう危険性がある。

器用さ&回復力バフは絶対に維持!

少しでも回復効率を上げるために、器用さ&回復力バフはなんとしても維持しなければならない。基本はソーサラーがブレイン、ハンターはハニーインテでバフを付与してくれるはずだが、ヒーラーもウズメやワダツミで自ら付与すること。

ヒーラーのコロシアム攻略

ヒーラーのデッキ編成例

ドレイン型

作戦を攻撃にしておけばアタッカーと回復役を兼ねられるデッキ。ただ、ラプロや加護を張り辛くなるため、要所でヒーラーを操作して各種防御系バフを付与するといい。

回復特化編成

こちらは完全に回復に特化したデッキ例で、作戦は防御一択。なにを入れても問題ないのが魅力だ。また、HPが1.85倍にしかならないので回復効力が低いアールマティを使う意味も出てくる。

ヒーラーにおすすめのキャラ

おすすめ度は五段階表記で★の数が多いほどおすすめです。

キャラ名おすすめ度&理由
オデュッセウス【必須】
被ダメ軽減バフを張らないわけにはいかないので必須だ。持っていない場合はオリオンでも可。
イシス【必須】
当然蘇役のイシスも必須。持っていない場合はヘルミオネでも可。
ルサリィ★★★★★
ヒーラーが使える高火力召喚。単発攻撃なのは仕方ないが、火力を出すならルサリィを使おう。
イザナギ★★★★★
使い方はルサリィと同じ。踊り対策をするならばイザナギを連れて行こう。
アメノウズメ★★★★★
天敵である回復力デバフを反転可能で、与えたダメージの150%で味方を回復する。あまりにも使い勝手がいいスキルだ。
アリス★★★★★
アメノウズメと同じく攻撃しつつドレインしてくれる。被ダメ増加役としても使っていこう。
ワダツミ★★★★★
デバフ対策に欲しい1体。使えば自身に器用さ&回復力バフ3もつく。しかも踊り耐性持ち。
ハニープリンセス★★★★★
ウェイト1で使える回復スキル。回復デバフも反転可能。
ティターニア★★★★★
対人ではラバリジェが欲しい。暇な時にとりあえず打てるスキルとしても優秀。
ヘラ★★★★★
使いやすいスキルなので持っていかない理由がない。
オルトリンデ★★★★★
ドレイン+自身に状態異常耐性バフを付与するキャラ。ガネーシャの睡眠を筆頭に、様々な状態異常を対策できる。
メリオダス★★★★★
メリオダスもドレイン持ち。2種の会心を持っており、回復効力が上がりやすい。
ベル★★★★★
インテバリアを5枚張れるスキル。これに加えて通常の器用さ&回復力バフも付与できれば回復力大幅アップ。
アンフィトリテ★★★★★
睡眠耐性を持っているのでスノープリンセスとの使い分けが可能。ガネーシャが多いことを考えると、むしろこちらの方がいい可能性すらある。
スノープリンセス★★★★★
効果が大きいラヒールなので、HPが3倍になっているギルバトでも回復が間に合う。混乱耐性持ちなのも高評価。
ナンナ★★★★★
クリナヒールと睡眠耐性を持つキャラ。絶対に無駄にならないのが魅力。
コノハナサクヤ★★★★☆
攻撃しつつインテバリアを張るスキル。ドレイン効果はないが、睡眠耐性を持っているのが優秀。
かぐや姫★★★★☆
ドレイン効果に加え、解除不可の器用さ&回復力バフ2を付与できる。直後にラヒールなどを使うと効果的。
アールマティ★★★★★
コロシアムはHPが1.85倍にしかならないので、アールマティの回復効力でもまだ間に合う。実際に使うかはデッキバランスの兼ね合いになるが、選択肢としては大アリ。
ヘイムダル★★★★★
CTが短い攻撃スキルで使いやすく、ウェーブ移動TP回復が発動すれば相手よりも先に無双に入れる可能性が高い。
ミスラ★★★★☆
ピンポイントで被ダメ軽減バフを剥がされた時に使うのが目的。ファイターに使えばさらに硬くなる。
メタトロン★★★☆☆
威力は控えめだが、覚醒させれば光か闇の被ダメ軽減バフを張れる。
ブラフマー★★★☆☆
ウェイト1で打てるドレイン。スタン状態の敵に当てるのは難しいが、ドレイン目的で持っていってもいい。
イザナミ★★★☆☆
CPUが操作している場合は倒した時の効果は期待できない。デッキに枠があれば連れて行く程度で大丈夫だ。
ミカエル★★☆☆☆
単純な回復スキル。回復特化の場合は入れよう。

ヒーラーの立ち回り

なによりもジョブボードが重要!

コロシアムは戦闘力4000キャップという制限があるので、戦闘力的な部分では差が出ない。差が出るのはジョブボードの「ロール専用SPスキル」の部分だ。これを取れているかどうかで火力や回復力、デバフ成功率が大きく変わってしまう。

アクセ外しでステータスを上げるのもアリ!

全ての人におすすめできるわけではないが、タイムアタックの手法と同様にアクセサリを外し、一部ステータスだけを伸ばすこともできる。ただ、対人のコロシアムでするにはリスキーな作戦なので、自信がなければやらない方が無難だ。

アクセサリ外しのやり方はこちら

ジョブはエクソシストかシャーマン

ヒーラーのジョブの中ではエクソシストとシャーマンが頭1つ抜けている。コロシアムでもどちらかがおすすめだ。

踊り耐性を高めにする!

コロシアムはハンターを操作しているプレイヤーが多く、高確率でカグツチの踊りが飛んでくる。ヒーラーはできるだけ耐性を高めにしておこう。80%ほどあればそもそも打ってこなくなる。

開幕はラプロテス安定

開幕からダメージを抑えるため、初手からラプロテスを張りたい。ただ裏目があり、ハンターが開幕からウェーブ移動TP回復した場合、いきなりスタンされてしまう危険性がある。

ラプロ更新は手動で行う!

ヒーラーが防御傾向のCPUだとしても、適切なタイミングでラプロを使ってくれるとは限らない。これはかなりまずいので、ヒーラーを操作してラプロや回復力バフを自分で付与するのがおすすめだ。

器用さ&回復力バフは絶対に維持!

少しでも回復効率を上げるために、器用さ&回復力バフはなんとしても維持しなければならない。基本はソーサラーがブレイン、ハンターはハニーインテでバフを付与してくれるはずだが、ヒーラーもウズメやワダツミで自ら付与すること。

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]Grani, Inc.

攻略記事ランキング
  1. リセマラ当たりランキング
    リセマラ当たりランキング
    1
  2. 高速リセマラのやり方
    高速リセマラのやり方
    2
  3. 最強キャラランキング
    最強キャラランキング
    3
  4. ディアンケトの評価と使い方
    ディアンケトの評価と使い方
    4
  5. バベルの塔41階攻略とおすすめキャラ
    バベルの塔41階攻略とおすすめキャラ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

黒騎士を始めたら

リセマラ情報

ガチャ情報

キャラ情報

検証情報

アクセサリ情報

ロール・ジョブ情報

ロール別のおすすめジョブ

ロール別のデッキ編成と立ち回り

クエスト攻略情報

イベント情報

ギルド・フレンド情報

黒騎士クイズ

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中