北斗が如く
北斗が如く攻略wiki
攻略メディアに関するご報告

【北斗が如く】攻略メディアに関するご報告

最終更新 :

平素より「GameWith」をご利用頂き、厚くお礼申し上げます。

この度、本サイト「北斗が如く攻略メディア」に掲載いたしましたコンテンツにおいて、他攻略メディアのコンテンツを許諾なく使用している事実を確認いたしました。
つきましては、関係者の皆様に対しまして、多大なるご迷惑をおかけしましたことにつき、深くお詫び申し上げます。

以下、本件につきまして経緯、原因ならびに今後の対策についてご報告申し上げます。

概要

「北斗が如く 攻略メディア」にて、画像、データ等の転用が行われているとのご指摘を3月9日にヘイグ株式会社様(以下、「ヘイグ社」と言います)より頂きました。これを受けまして、直ちにご指摘の箇所のうち、転用の可能性が認められる部分につきまして修正を行うとともに、並行して制作過程を含めた社内調査を行いました。
その結果、「エデンのマップ」、「能力解放」、「賞金首ハンター」、「サイドミッション一覧」において画像、データ等の転用の事実を確認致しました。

記事編集体制

「北斗が如く 攻略メディア」においては、以下の記事編集体制で作業をしておりました。

  • ディレクター(検収等を担当) 2名
  • ライター(記事作成等を担当) 5名 ※内 2名は他チームと兼務
  • デザイナー 1名

ソフトを3本購入し、ディレクターやライターが交代でプレイをしつつ検証を進めておりました。

経緯

1.「エデンのマップ」記事について

1-1.記事について

ゲーム内マップの解説記事において、わかりやすく情報を伝えるため、ゲーム内のマップのどこに何があるかを記載したマップ画像を作成する必要がありました。

1-2.画像素材の収集について

マップ画像を作成するには、ゲーム内で撮れるスクリーンショットを繋ぎ合わせる必要があります。そこで担当のライターはプレイステーション4でスクリーンショットを撮り、その画像をUSBメモリに保存してディレクターに提出。その後、ディレクターからデザイナーにマップ作成の指示がありました。

1-3.画像作成の指示

ディレクターはデザイナーに画像を渡す際に、作業の参考にとヘイグ社が作成されたマップ記事URLを送り、詳細な指示は出さずに画像作成作業を依頼しました。
ヘイグ社の作成されたマップ情報を参考にするようにと指示を出したのは、マップ情報は誰が見ても同じだったため、作業効率を重視した結果そのような指示となりました。

1-4.画像の作成

デザイナーは、ディレクターの指示に基づき、参考サイトに載っている画像と渡されたゲーム内のスクリーンショットを重ね合わせて、同じ位置・同じ色で文字を配置しました。
ゲームの特性上、建物の色には必然性がありましたが、その位置や通路を表す色、文字の色や傾きには必然性はなく、ほぼ同じマップ画像となっております。

1-5.画像の納品〜反映

作成された画像はディレクターに納品され、掲載している情報に間違いがないことは検証したものの、弊社のマップ画像が参照させて頂いたデータのトレースになっていることに気がつかず記事を公開していました。

2.「能力解放」記事について

2-1.前提

ゲーム内に「能力解放」というシステムがあります。これはユーザーが盤面から好きな順で能力を取得できるというものです。ゲーム内でカーソルを合わせると、盤面のどの場所が何の能力かわかるのですが、記事でもわかりやすく伝えるため盤面画像に番号を割り振る必要がありました。

2-2.記事の作成

まずは画像を作成せずに、全能力を羅列した記事を作成し公開致しました。
この時点の記事では、どの場所がどの能力かわからないので、盤面画像に番号を割振りしてわかりやすくする必要がありました。

2-3.画像素材の収集

担当のライターはプレイステーション4で能力解放の盤面画像を撮り、その画像をUSBメモリに保存しディレクターに提出。その後、ディレクターからデザイナーに盤面画像の作成の指示がありました。

2-4.番号の割振り方について

「能力解放」には、解放する順序の制約(ルート)があるので、ルート毎に番号を割振るほうがユーザーにはわかりやすいとディレクターは考えました。
またルート内の番号順は、必然的に同じになると考え、自身で番号を振ることなく、番号振りの参考としてヘイグ社サイトURLをデザイナーに提示しました。
しかし、実際のゲームの仕様では、ルートごとの番号割振りは必然性のない部分もありました。

2-5.画像作成

デザイナーは画像作成する際に、ディレクターから色・サイズについての指示はなかったため、同じ番号振り、似た色で画像を作成しております。

2-6.画像の納品〜記事反映

作成された画像はディレクターに納品され、掲載している情報自体に間違いがなかったため記事に反映しております。

2-7.記事の追記

その後「能力解放」を進めた弊社のライターによって、どの能力がおすすめなのかを追記しましたが、その際にも画像に割り振られた数字を使用し、盤面での能力の位置を示していました。

3.「賞金首ハンター」の記事について

3-1.前提

ゲーム内に、特定の敵を何度も倒すと、倒すごとにもらえる報奨金額が徐々に上昇する「賞金首ハンター」というシステムがあります。

3-2.ライターへの指示

ディレクターが「賞金首ハンター」の記事作成をライターに依頼。
データに関しては自社で検証中だったため、記事の構成案の作成だけを依頼する意図で記事構成に必要な情報の参考としてヘイグ社サイトURLを提示しました。

3-3.記事の検収〜反映

ライターは記事を作成する際に、ヘイグ社のサイトの記事構成だけでなく、記載されていたデータも反映させてしまいました。
ディレクターは記事構成に関してはチェックを行いましたが、その際に報酬金額のデータ部分に関してどのように埋めたかをライターには確認せず、自社で検証中のデータを入力していると考え、記事はそのまま反映されました。

3-4.記事の追記

その後自社での検証が進み、ディレクターが記事にデータを追記する際に自社で検証していない範囲までデータが反映されていることを認識。他サイトのデータもしくは未検証データが入っていると考え該当箇所のデータを削除しました。

4.「サイドミッション一覧」の記事について

4-1.前提

ゲーム内で本編とは別に、「サイドミッション」というイベントが発生します。「サイドミッション」は、発生条件やクリア方法は不明なことが多く、検証には時間を要します。

4-2.ライターへの指示

ディレクターは他チームから一時的に手伝いに来ていたライターに対して、自社で検証した際に撮影したゲームの録画データをもとに、他サイトと情報を照らし合わせつつサイドミッションの記事を作成してもらいたいと指示を出しました。
しかしこのライターは、自社で検証されていない部分に関しても、サイドミッションに関する情報が充実していたヘイグ社サイトを参考にデータを作成しました。

4-3.記事の検収〜反映

ディレクターは記事構成のチェックのみを行い、情報は自社で検証したデータを使用したと考え記事を反映しました。

4-4.記事の追記

自社で検証を行い、新しくサイドミッションが判明する都度記事を追記しましたが、過去に作成した記事の見直しを行っていなかったため、ヘイグ社を参考に入力したデータが修正されることはありませんでした。

再発防止策について

上記を踏まえまして、今後、社内のガイドライン並びに業務マニュアルについて全て見直しを行って参ります。今後の調査にて新たな事実が判明した場合には適切に対応するとともに、今回と同様に詳細をご報告させて頂きます。
また、ディレクター、ライター、デザイナーといったコンテンツ作成に関わる全てのスタッフに対して、より一層の注意を払うよう通達しております。

最後になりますが、日ごろ弊社サービスをご愛顧頂いている皆様や関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

©SEGA
©武論尊・原哲夫/NSP1983版権許諾証GA-217
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 宿星護符&輝石の入手方法一覧
    宿星護符&輝石の入手方法一覧
    1
  2. お金(イディアル)の効率的な稼ぎ方
    お金(イディアル)の効率的な稼ぎ方
    2
  3. クリア後にできること/やりこみ要素
    クリア後にできること/やりこみ要素
    3
  4. DLコンテンツ情報!とダウンロード・パッケージ版の違い
    DLコンテンツ情報!とダウンロード・パッケージ版の違い
    4
  5. ブラックジャックのルールと攻略法まとめ
    ブラックジャックのルールと攻略法まとめ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー

初心者向け記事

ストーリー

章別ストーリー攻略

ミニゲーム/アドベンチャー

技・奥義一覧

装備一覧

アイテム一覧

アイテム集め

やりこみ要素

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中