紹介記事

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜の紹介とゲーム情報

最終更新 : GameWith編集部

ゲーム概要

重力使いのヒューゴが世界を旅する本格RPG
プレイヤーは世界の底「エンドロール」を目指し冒険していく。

拡大する

ゲームはターン制バトルを行い、クエストを進めていくもの。

バトルは、ピノ(キャラクター)を毎ターン3体選んで攻撃する。
選択できるピノは、編成した4体とサポートキャラ1体の中からランダムに4体選出されるぞ。同じキャラが複数選出されることも多々ある。

拡大する

選んだ順番ピノの種類によって攻撃方法が変わるので、意識してピノを選択するようにしよう。
例えば、異なるピノを3体選ぶと「シンクロドライブ」という追加攻撃が可能になるぞ。

ドライブレーン

ドライブレーン
拡大する

ドライブレーンはバトル中に表示されるスロットのこと。
バトルでは、このスロットに選んだピノを当てはめて攻撃していく。

拡大する

6種類のスロットにはそれぞれ変わった効果がある。
アタックアシストなど6種類のスロットを駆使してバトルを進めよう。

スキル

スキル
拡大する

スキルはバトル中に使える技で、ピノごとに違うスキルを持っている。
スキルにはステータスバフ回復など様々なものがあるぞ。

スキルを使うと一定ターン使えなくなるので注意しよう。

バーストアタック

バーストアタック
拡大する

バーストゲージが最大になるとバーストアタックを発動することができるぞ。
通常攻撃よりも多くのダメージを与えることができるので、ここぞという場面で使うようにしよう。

バーストゲージはスロットのゲージアップで溜めることができる。
ゲージアップスロットが出現した場合はゲージを貯めたいピノをセットしよう。

ピノ(キャラクター)

ピノ(キャラクター)
拡大する

ピノはバトルで攻撃してくれるキャラクターのこと。ガチャで入手可能だ。
ピノはクエストをクリアすると経験値が溜まっていき、レベルが上がるとHP、攻撃などの各ステータスが上昇する。

また、フィルムと呼ばれる装備品を身につけることでも、ステータスを上げることができるぞ。

脚本

脚本
拡大する

脚本原案には『ジョジョの奇妙な冒険(アニメ)』『進撃の巨人(アニメ)』などを手がけた小林靖子氏を起用。
作り込まれた世界観・ストーリーが本作の魅力の一つだ。

ストーリー

ストーリー
拡大する

物語の舞台は、大陸も海もない広大な空の世界ウイトラスト。
世界の底…「エンドロール」に辿り着いた者は過去1人もいない。
ヒューゴは仲間たちと共にエンドロールを目指していく。

ゲーム評価

ゲーム評価
拡大する

◯ここがGOOD!

  • 3Dキャラクターのバトルエフェクト臨場感があり、バトルに熱中できる
  • 好みのキャラが出るまでガチャを引き直せるため、リセマラの必要がない

×ここがBAD・・・

  • チュートリアルが少し長く感じる
  • パネルなどバトルシステムにランダム要素が多いため、高速周回などは厳しそう。

掲示板

ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
零士 222

チュートリアル直後はアレな感じで糞ゲーと思ったけど、3か月間やり込んだ結果、良ゲーだと思った。このゲームの真髄はアストロボールにある。10vs10のギルド戦は楽しい!

名無しのゲーマー 221

>>216
ラストクラウディアも後追ってそろそろ逝くと思うよ

名無しのゲーマー 220

クソゲー

名無しのゲーマー 219

ゴミアプリのサ終ほど嬉しいものはない

ニュース
他のゲームアプリを探す
現在のページ
ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す