新章開幕!今始めたい戦略RPG『キングダムオブヒーローズ』

新章開幕!今始めたい戦略RPG『キングダムオブヒーローズ』

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
祝1周年の『キングダムオブヒーローズ』が面白すぎる!
“戦況”に応じた“戦略”の熟考が楽しい『キンヒロ』を紹介!

新章開幕!今始めたい戦略RPG『キングダムオブヒーローズ』特集

NEOWIZより好評配信中の『キングダムオブヒーローズ』

亡国の生き残りである王子アーサーが聖剣エクスカリバーを手に、仇である魔物の討伐王国の再建を目指すシミュレーションRPGだ。

剣と魔法の王道ファンタジーを描く物語や、マス目の「ヘキサマップ」で展開する戦略バトルが特徴の『キンヒロ』。

そんな本作は11/19に大型アップデートを実施し、「Season2:The Broken King」が開幕。
王国に訪れた新たな災厄を描くストーリー新章や、魅力あふれる新キャラクターなどの新要素が多数実装された。

今回の記事では、『キンヒロ』が持つ魅力をさっとおさらいするとともに、大型アップデートの内容や見所を特集していく。

新規プレイヤー向けの豪華報酬もプレゼント中の今は、新しく『キンヒロ』を始めるにも絶好のチャンス。
本タイトルを初めて知った方も、最後まで目を通していただければ幸いだ。

ココに注目!『キンヒロ』の魅力

まずは、主にゲームをプレイしたことがない方向けに『キングダムオブヒーローズ』の魅力をおさらいしていこう。

紹介したポイントにビビッときた方は、ぜひ気軽にゲームをダウンロードして遊んでみてほしい。

なんといっても「絵」がカッコイイ!

いきなり見た目の話で恐縮だが、『キングダムオブヒーローズ』はシンプルに絵がカッコイイ。

絵と一口に言っても、一枚絵の美しさだったり、クールなキャラデザインだったり見方は色々あると思うが、本作はそのどれもが高水準だと筆者は感じる。

例えば上記は、ゲームの主人公「アーサー」
全体を黒ベースの色調にまとめ、フードや手甲などの意匠が少年心をくすぐる独特なデザインになっている。

筆者は絵には詳しくないのでこれ以上突っ込んだ言及はできないが、多くのプレイヤーがひと目見て「カッコイイ!」と思えるキャラクターではないだろうか?

もちろん他の英雄(キャラクター)たちも魅力的で、キャラを集めて育てるだけで楽しいのは『キンヒロ』第一の魅力。

推しキャラをじっくり強化する喜びや、次はどんなキャラが出てくるだろう?というガチャのワクワクを、ぜひとも味わってみてほしいところだ。

▲繊細に描かれたビジュアルアートもファンタジー世界と相性抜群!プレイヤーをゲームの世界にグッと引き込んでくれる。

手に汗にぎるシミュレーションバトル

以前の特集記事でも詳しくご紹介しているが、奥深い頭脳戦が楽しめるシミュレーションバトルも大きなポイント。

システムはターン制で、各ユニットは素早さ順に行動し、敵ユニットを殲滅(あるいは敵ボスを討伐)すると勝利。
シミュレーションRPGの王道を押さえた「間違いない面白さ」が味わえる。

そんな中本作ならではの特徴は、1マスが六角形「ヘキサマップ」と呼ばれる特殊なマップ形状。

一般的なシミュレーションRPG(1マスが四角形)に比べて隣接するマスが多いゆえに、移動の自由度が大きく向上している。

▲相手の裏に回り込んだり、障害物を利用して逃げたり。

他作品よりも単純なマップの広さは控えめだが、行動範囲の広さが生む立ち回りの幅には目を見張るものがある。

一方で、移動や攻撃はワンタップで簡単に行えるようになっているので、誰でも気軽にSRPGの駆け引きを体験できるのが魅力的だ。

また、マップが狭めで乱戦になりやすいために、編成するユニットや彼らのスキルが戦略に大きく影響するのも見所。

どのキャラクターにも活躍の可能性があるので、ぜひお気に入りのキャラクターを活かす自分なりのチーム編成を楽しんでみてほしい。

全部のキャラが最強になれる!?

「キャラの収集・育成が楽しい!」「バトルが奥深くて面白い!」…とはいっても、レアリティ至上主義で推しキャラを使えないゲームだと寂しいもの。

その点、本作はほぼ全キャラ(※)最高ランクまで育成が可能なので、キャラ愛勢でも安心だ。

※…育成専用の素材キャラを除く。

★4、★5のキャラはもちろん、初期レアリティが★1、★2のキャラでも、育て方次第で最強クラスに。
文字通り好きなキャラを使ってゲームができるのは大きな魅力の1つだろう。

また、各キャラに「ルーン」を装備することで基礎能力を補強できるのも見逃せないポイント。

ルーンを活用すれば狙った能力の底上げができるため、キャラの長所を伸ばす、あるいは短所をなくすなどカスタム性に富んだ育成が楽しめるぞ。

さらに、ルーンは獲得するたびに効果がランダムで決定されるため、何度もダンジョンに挑んで理想のルーンを「厳選」するハクスラ的な楽しさも味わえるのが嬉しい。

このように『キンヒロ』では、自由度が高く、思い通りのキャラ育成が可能。
今回の大型アプデではさらに育成を面白くする新システムが導入されたので、後ほどご紹介しよう。

大型アプデ実施!注目の進化ポイントまとめ

さらに広がる世界を大冒険!新ストーリー開幕

今回のアプデの目玉が、「Season2:The Broken King」の実装。
王国の再建を果たしたアーサー王に降りかかる新たな苦難と試練を描いた、待望の新章だ。

ボリューム満点の新ストーリーに伴い、冒険エリア(ステージ)も大幅に拡大。
第7エリア「タルタロス」をクリアすることで、新規エリア「ローラシア北部」へと進むことができる。

新エリアには、新たな強敵やまだ見ぬ仲間がたくさん待っているぞ。
さらにスケールを増した、ワクワクする大冒険へ出かけよう!

シーズン2 あらすじ

太古の昔からリンゴの木々が鬱蒼と茂る「ヴォーティガンの森」に佇むアヴァロン城。

毎年、リンゴの花が満開の季節を迎えると、城の隅々にその花香が届いたと言われている。

しかし、アーサーがアヴァロンの新国王に即位してから間もなく、ヴォーティガンの森は原因不明の火災によって全焼してしまった。

火災の原因を調べようとしたアーサーの前にイングヴェイがプレイオネとドリアードを引き連れて現れ、「ユーサーと交わした約束が 破られたので、契約通りアヴァロンの大地を返してもらう」と通告 してきた。

契約の内容は、城の周辺の森を毀損しないという条件でアヴァロンの大地をユーサーに預けるというものだった。

イングヴェイは「これから城を破壊し、アヴァロン全域にリンゴの木を植えて妖精の楽園を作る」と高らかに宣言した。

この時、イングヴェイは悪魔の手先であるはずのアンデット兵士も従えていて、彼らからの奇襲に為す術もなく倒れたアーサーと円卓の騎士団は「ダンテス監獄要塞」に監禁されてしまった。

その後、アーサー達はティターニアの助力によって脱獄に成功し、アヴァロン王国の象徴だった「ヴォーティガンの森」を飲み込んだ

不審な火災の真相を明かされることになる…

魅力的な新キャラが続々登場!

シーズン2の開幕に合わせて、新たな英雄が続々と登場。
公式サイトでは★5英雄が全8人公開されているので、何人かピックアップして紹介しよう。

<スザク(CV:鈴木 崚汰)>

▲炎のような行動力と冷徹な心を備えた忍者。文字通り朱雀を思わせる装束がカッコイイが、忍者にしては少し目立ちすぎな気もする。

<ゲンブ(CV:福原 綾香)>

▲誘惑の心理術で敵を破滅に導く、毒使いの陰陽師。不適な笑みに背筋がゾクゾク。

<カレン(CV:進藤 あまね)>

▲龍族の中で最も高貴なゴールドドラゴンの少女。「本人に悪気はないが相手の気に障ることを言いがち」という、小憎らしい女の子キャラ。

<アリー&アラン(CV:門脇 舞以)>

▲ヴォーティガンの森に宿った双子の妖精。リンゴの木をモチーフにしたデザインが美しい。

キャラクターが増えた分、新たな戦略が生まれるのも『キンヒロ』の面白いところだ。

もちろんこの他にも多くの英雄が追加されているので、ぜひ色々なキャラクターを集めてあなただけの戦い方を見つけ出してみてほしい。

育成をさらに面白くする「潜在能力」システムの登場

既存のキャラクター育成に加えて、新規強化コンテンツ「潜在能力」が実装された。

潜在能力はツリー式の育成方法となっており、素材アイテムを使用して狙ったステータスを伸ばしたり、スキルをアップグレードさせることができる。

アーサーやグィネヴィアといった主要キャラに加え、上記でご紹介した新規追加英雄も「潜在能力」の解放が可能だ。

獲得した際には、より自由度を増したキャラ育成の面白さを実感してみてほしい。

他にも色々な新要素が実装!

ここまで紹介した以外にも、今までにないセット効果を持つ「再生」「不屈」「諸刃」などの新規ルーンや、召喚で手に入る★5英雄をあらかじめ指名しておける指名召喚など注目の新要素がたっぷり。

合わせてゲームのUI調整やコンテンツの拡張など、快適さや楽しさを向上させる様々なゲームアップデートが施されている。
さらに面白く・遊びやすく進化した『キンヒロ』を、ぜひ一度体験していただけば幸いだ。

初心者も復帰プレイヤーも、今始めれば報酬たっぷり!

シーズン2アップデートに合わせ限定ログインイベントを開催。
新規プレイヤー・既存プレイヤー問わず各アカウント1回まで、ゲームにログインするだけで貴重なアイテムがたっぷり手に入るぞ。

報酬内容
1日目クリスタル×70
2日目★5[超級]突撃ルーンパック
3日目クリスタル×300
4日目★4英雄チョイスBOX
5日目★5[超級]生命ルーンパック
6日目スーパードペリ×2
7日目★5英雄確定 神聖召喚書

特に、3日目で手に入るクリスタル×300(ちょうど10連分!)と、最終日の「神聖召喚書」は破格の内容。
ゲームが気になった方はこのチャンスを見逃さず、おトクなスタートを切ってほしいところだ。

また、一度でもゲームをプレイしたことがある方に対しては「帰還記念」のプレゼントも。
3日間にわたり、復帰アカウント限定の豪華報酬が上記ログインボーナスと並行してゲットできるぞ。

報酬内容
1日目★6[超級]迅速ルーンパック
APポーション×3
銀貨×1,000,000
2日目伝説召喚書
スーパードペリ×2
3日目伝説召喚書×2
エヴォルン×2

最近ゲームをプレイしていない方も新しくなった『キンヒロ』を改めてプレイしてみてはどうだろうか。

©NEOWIZ. All Rights Reserved.

キングダムオブヒーローズをプレイしたユーザーのレビュー。

  • CBM

    フィガーナイツシリーズファンだが、ジャンルがSRPGで本家とは違う。でもキャラとかこっちのほうが合ってる気がするんだよな(ジャンル的に)。システムとUIはサマナーズウォーのものをそのまま踏襲している。うーん、結構楽しいけど、長くプレイできるかはこれから様子を見ないと。

  • ともゆね

    今後に期待♪

  • 獅堂

    ・良い点
    ①分かり易いUI 
    →ゲームをやり始めた人でも、どうすれば強くなるのか、どう進行すれば良いか、迷わないように設計されています。

    ②オート放置が可能な点
    →クエスト等で結構な周回数を求めらるが、AIが賢く安心して放置できる

    ・悪い点
    ゲームは非常に面白いのですが、、かなりリアルの時間を割かないと成長が難しいと思いました。

    リリースが3連休と重なり、長くプレイすることができましたが普段は・・・

    その為、課金者(一般的な会社員)がこの先ずっとプレイしていくのかは疑問です。
    プレイ時間と課金のバランスが今後の課題でしょうか。

    要約すると、課金しても時間とれねーから強くなれないわ、もうこのゲームやめよ
    という状態になる可能性は秘めていると思います。

キングダムオブヒーローズに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 NEOWIZ
ジャンル シミュレーションRPG
ゲーム
システム
ターン制ストラテジーRPG
タグ
リリース
iPhone:2019年09月18日
Android:2019年09月18日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す