最強AIに挑むのは誰だ!『人間代表決定戦』の対戦レポート!
ゼノンザード
ゼノンザード
iPhone : 2019年夏
Android : 2019夏
585人プレイ予定
このゲームの関連記事一覧へ

最強AIに挑むのは誰だ!『人間代表決定戦』の対戦レポート!

最終更新 :

最強のAIに挑むのは誰だ!激闘の『人間代表決定戦』の対戦レポートを大公開![PR]

『ZENONZARD<ゼノンザード>』世界観ティザー映像

バンダイが立ち上げた新ブランド『AI CARDDASS(エーアイカードダス)』の第1弾となる新作ゲーム『ゼノンザード』。カードゲームに特化したAI(人工知能)を駆使した戦略性の高いゲームシステムが魅力の期待作だ。

そんなゼノンザードで、2月5日に最強AIへの挑戦権を賭けた4人のYouTuberによる戦い「人間代表決定戦」OPENREC.tvYouTubeLINE LIVEで配信!今回はその対戦の模様をレポートしていくぞ。

記事の冒頭では、まだ本作を知らない方でも分かりやすいよう、本作がどんなゲームなのか基本的なゲームシステムのおさらいからご紹介しているので、初めての方はこちらも参考にしてみてほしい。

ゼノンザードのゲームシステムをざっくりおさらい!

ゼノンザードは、「フィールド・ミニオン」「ベース・ミニオン」「マジック」と呼ばれる用途が異なる3種のカードを組み合わせて編成した40枚のデッキで戦う対戦型のカードゲーム

手札に配られるカードを巧みに扱い、先に敵のライフを0にした方の勝利だ。

本バトルのポイントとなるのは、「フォース」「移動型マナシステム」「フラッシュタイミング」と呼ばれるゼノンザード特有の3つのシステム

どのシステムもバトルの勝敗のカギを握る重要な要素なので、リリース前の段階からしっかり覚えておこう。

「フォース」

フォースはバトルをサポートしてくれる強力な効果を持つオブジェクトで、バトル前には好きなフォースを2つ選択して活用することができる。また、プレイヤー同様フォースにもライフが設定されており、プレイヤーの盾として使うことも可能だ。

選ぶフォースによって同じデッキでもガラッと戦術が異なるので、デッキとの相性自分のプレイスタイルに合わせて選択しよう。

「移動型マナシステム」

移動型マナシステムは、自分のターンに1回限り、場にいるミニオンをマナへ、または場のマナをミニオンへと変貌させることができる便利なシステム

場のミニオンを増やして一気に勝負を決めたり、マナを増やして大型ミニオンを召喚するなど様々な場面で活躍してくれるので、うまく活用して有利にバトルを進めよう

「フラッシュタイミング」

フラッシュタイミングは、自分のターンだけでなく、相手のターンでもカードの効果を発揮してカウンターを決めることができるシステム。

相手のターンに介入することができるので、発動させるタイミングが非常に重要だ。うまく発揮させればそのまま勝負を決めることも夢じゃないぞ。

特別番組!4人のYoutuberによる『人間代表決定戦』対戦レポート!

ここからは、今回の配信のメイン企画4人のYouTuberによる『人間代表決定戦』対戦レポートをお届けしていくぞ。

試合では光の国『カナタナ』デッキ森の国『デメテー』デッキ2種類のみ使用され、勝ち抜きトーナメント形式で計3試合行われた。記事では、各試合の見所をわかりやすくお伝えしていくので、サクッと知りたい方や見逃してしまった方は要チェックだ。

また、今回の放送を全部見たい方は下部に公式チャンネルアーカイブ動画を掲載しておくので、そちらを確認してほしい。

ゼノンザード ネクストTV ~人間代表決定戦~

【第1回戦】サンダー氏vsくすき氏

ゼノンザードの画像

第1回戦は、TCGを中心にホビー系の動画で人気のサンダー氏vsGameWith所属の動画実況者くすき氏

ゼノンザードの画像

サンダー氏が選んだデッキは光の国『カナタナ』デッキ。フォースは「フェニックス」「ウロボロス」を選択。

サンダー氏によると、光の国『カナタナ』デッキのフラッシュタイミングを生かすため、相手のターンでもマナを使える「フェニックス」で強化し、自分のターン終了時にミニオンをアクティブになる「ウロボロス」で攻守を盤石にできるバランスの良いデッキになっているとのこと。

ゼノンザードの画像

対するくすき氏のデッキは森の国『デメテー』デッキ。フォースは「サイクロプス」「ウロボロス」を選択。

ミニオンをアクティブになる「ウロボロス」+ミニオンを強化できる「サイクロプス」で、強力なミニオンが揃っている緑の国『デメテー』デッキのパワーを前面に押し出せるデッキになっているようだ。

ゼノンザードの画像

それぞれが使用するデッキの紹介が終わったところで、早速バトルを見ていこう。
序盤は、順調にミニオンを召喚していったサンダー氏優勢で進行していく。

緑の国『デメテー』デッキの強力なミニオンを生かせる長丁場に持ち込むため、必死に耐えるくすき氏であったが、サンダー氏の猛攻に耐えきれず、早々にフォース「サイクロプス」を破壊されてしまう。

ゼノンザードの画像

中盤戦に入り、順調にマナを増やしてきたくすき氏が緑デッキの特徴でもある貫通効果を持つミニオンを召喚し、ここから猛反撃

かと思われたが、サンダー氏のフラッシュタイミングが華麗に決まり、逆に最後のフォース「ウロボロス」までも失ってしまう絶体絶命の展開に。

ゼノンザードの画像

2つのフォースを失い後のないくすき氏に対して、サンダー氏がここぞとばかりに猛攻に出る。

このまま勝負が決まるかと思われたが、ここでくすき氏による起死回生のフラッシュタイミングが発動。このターンをなんとか乗り切ることに成功し、互角の状態で終盤戦へ

ゼノンザードの画像

終盤戦に入るとバトルの流れが大きく変わり、ここまで必死に耐えてきたくすき氏がミニオンを大量に召喚し、戦況は完全にくすき氏のペースとなった。

なんとか守りきろうとサンダー氏も手を尽くすが、緑の国『デメテー』デッキのパワーに耐えきれず、そのままくすき氏の大逆転で試合が終了したぞ。

【第2回戦】むじょる氏vsあぽろ氏

ゼノンザードの画像

第2回戦は、先ほどのくすき氏の相方でもあるGameWith所属のむじょる氏vsTCGゲームの実況者として人気のあぽろ氏の戦いだ。

ゼノンザードの画像

むじょる氏が選んだデッキは、森の国『デメテー』デッキ。フォースは「ウロボロス」「ミノタウロス」を選択。

むじょる氏によると、光の国『カナタナ』デッキの方が得意だが、決勝では同じデッキを使えないことを考慮して、1回戦は森の国『デメテー』デッキを選択したとのこと。

また、フォースの決め手は攻守のバランスの良さから「ウロボロス」を採用し、ダメージ軽減の効果を持つ「ミノタウロス」で直接プレイヤーへの攻撃を封じる作戦のようだ。

ゼノンザードの画像

相対するあぽろ氏が選んだデッキは、対戦相手のむじょる氏と同じく森の国『デメテー』デッキ。フォースは「サイクロプス」「ウロボロス」を選択。

「ウロボロス」についてはこれまでの出場者同様、バランスの良さを評価して採用。「サイクロプス」は同じデッキとぶつかるため、なるべくパワーの高いミニオンを置いておく目的があるとのこと。

ゼノンザードの画像

それでは第2回戦のバトルを見ていこう。

今回の試合では、お互いに後半で真価を発揮する森の国『デメテー』デッキを使っているので、序盤は大きく戦局が動くことなくお互いに順調にマナを増やしながらにらみ合いが続いた。

ゼノンザードの画像

しかし、中盤戦に入ると一気に試合が動き出す。むじょる氏が相手のフォース「ウロボロス」を破壊すれば、あぽろ氏もすぐさまむじょる氏のフォース「ウロボロス」を破壊しかえす乱打戦に発展。

めまぐるしく戦局が動く中、2つのフォースを破壊され後が無いむじょる氏は、相手のフォースを無視してあぽろ氏を直接狙っていく戦略に切り替え、強力なミニオンを召喚していく。

ゼノンザードの画像

次ターンに、フォースのないむじょる氏に対してあぽろ氏も攻撃を仕掛けるが、ここで両者のフラッシュタイミングが激突。まさにカードゲームの戦略の醍醐味が味わえる展開となった。

ゼノンザードの画像

試合結果はそのまま押し切ったむじょる氏の勝利となったが、残りライフは1。まさにギリギリの試合だった。このアツい模様の一部始終見たい方はぜひ記事上にある公式動画をチェックしてみてほしい。

【決勝戦】くすき氏vsむじょる氏

ゼノンザードの画像

決勝戦は、GameWith所属YouTuber同士の「むじょっくす」対決となったくすき氏vsむじょる氏

二人によると、今日の試合に向けて二人で練習してきたとのことなのでお互いの手の内を知り尽くしているはず。一体どういう試合展開になるのだろうか。

ゼノンザードの画像

使用するデッキは、お互いに得意とする光の国『カナタナ』デッキを決勝に残していたためミラーデッキ対決となった。

なんとフォースも「フェニックス」「ウロボロス」同じものを選択しており、プレイヤーの腕が勝敗のカギを握るバトルとなったぞ。

ゼノンザードの画像

試合は序盤から先攻のくすき氏が猛攻を見せ、むじょる氏のフォース「フェニックス」を早々に破壊。序盤から一気に試合を決めにかかる。

一方むじょる氏は焦ることなく場に次々とミニオンを召喚していき、巻き返しの体勢を整えている様子。

ゼノンザードの画像

その後は、お互いの手の内を探り合う膠着した状態が続いたが、くすき氏が的確に攻めていき、気づけばむじょる氏のフォースは2つ共破壊されてしまう。

それに対して、くすき氏はどちらのフォースも場に残っており、むじょる氏にとってはかなり厳しい戦況に。このまま試合が決してしまうのだろうか。

ゼノンザードの画像

バトルは終盤へと移行し、後のないむじょる氏は次々とミニオンを出して応戦する姿勢を見せるものの、ここを勝負とみたくすき氏のミニオンによる波状攻撃フラッシュタイミングが襲いかかる。

なんとかここを凌ぎ次に繋げたいむじょる氏であったが、ジリジリと攻め込まれてしまいライフが0に。今回の人間代表戦はくすき氏の優勝で幕を閉じたぞ。

2月19日に「最強AI」vs人間代表「くすき氏」が決定!

ゼノンザードの画像

今回の配信と共に、2月19日(火)に開催予定のリアルイベント『THE ZENON SHOW』で行われる「最強AIvs人間代表」の予想キャンペーンがスタート。
投票するのはもちろん、勝つのは最強AIなのか人間代表のくすき氏なのか、当日の試合展開にも期待しよう。

イベント当日は未だ明らかになっていない本作の重大発表があるとのこと。次回の放送も目が離せないぞ。

ゼノンザードの画像

ゼノンザードの基本情報

配信日2019年
会社バンダイ
ジャンルAI×デジタルカードバトル
対応OSiPhone,Android
事前登録あり
公式サイトゼノンザード公式サイト
公式Twitterゼノンザード公式Twitter
公式LINEゼノンザード公式LINE

©BANDAI

このゲームに関する記事

掲示板

ゼノンザードに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 23

AIが最善手を教えてくれるなら糞つまらなくないか?
それってカードゲームとしてダメだろ作業になりすぎる
かといってAIが無能だとAIのせいで負けたってことになるよね。対人あるよねこれ調整難しいな

名無しのゲーマー 22

仲間AIがオススメの一手を教えてくれる地点でオートゲーと一緒だと思う。

名無しのゲーマー 21

文面だけ見て湧いてきたのは、もしかしたら今までのカードゲームと違って環境デッキで俺TUEEEしてるだけでは通用しないんじゃないだろうか、自分自身のデッキ構築力を真に求められるのではないだろうかという期待。

名無しのゲーマー 20

最強になったAIに対して奇策か秘策が通用したらいいな

ニュース
他のゲームアプリを探す
現在のページ
ゼノンザード
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
タグから探す