祝リリース!アソビズム新作『ガンビット』最初のプレイガイド
このゲームの関連記事一覧へ

祝リリース!アソビズム新作『ガンビット』最初のプレイガイド

最終更新 : GameWith編集部

祝リリース!アソビズム新作『ガンビット』、はじめの一歩を踏み出そう[PR]

ゲーム紹介動画

5/15、めでたくリリースされたアソビズム新作『GUNBIT(ガンビット)』

『城とドラゴン』『ドラゴンポーカー』を生み出した森山スタジオの最新作であり、多人数でワイワイ楽しめるリアルタイムアクションストラテジーだ。

ガンビットの画像

今回の特集では、リリース記念として、『ガンビット』をたっぷり楽しむためのプレイガイドをお届けしていく。

ガンビットの画像

ゲーム開始後、まず何をするべき? どうすればスムーズに強くなれる? より楽しむために何を知ればいい?

そんな初心者・初級者のお悩みをバッチリ解決する内容になっているので、これからゲームを始める方や始めたばかりの方は必見だぞ。

『ガンビット』のおさらい

ガンビットの画像

まずは『ガンビット』がどんなゲームか、ざっくりとおさらいをしていこう。

本作はジオラマ風のフィールドを舞台に、他プレイヤーとリアルタイムに対戦するストラテジーゲーム。

ガンビットの画像

操作はシンプルにタップのみ。目的地を指定して移動し、ターゲットをタップして攻撃する。
画面下に並ぶアイコンをタップすれば、「ビット(ユニット)」の力を借りて戦える。

ガンビットの画像

このビットが『ガンビット』の特徴の1つ。
プレイヤーと共に戦うモンスターをはじめ、乗り込んで戦える乗り物、さらには主人公の「職業」もビットとして登場するのが面白い。

ガンビットの画像

『城ドラ』のキャラをモチーフにしたビットも多数登場するぞ。

ガンビットの画像

複数のバトルルールも見どころだ。ガチバトル、バトルロイヤル、ニワトリ泥棒、攻城バトルという4つのルールが用意されており、いずれも操作は共通ながら、プレイ感が異なっている。

1つのゲームで4つ分の遊びが楽しめるのは、本作の大きな魅力と言えるだろう。

ガンビットの画像

ルールについてさらに知りたい方は、各ルールを詳しくご紹介した前回の特集もぜひチェックしてほしい。

ちょっとしたプレイのコツも掲載しているので、今から見てもきっと役に立つはずだ。

最初はチュートリアル!「なんとなく理解」で問題ナシ!

ガンビットの画像

おさらいを終えたところで、『ガンビット』の進め方についてご紹介していこう。

起動後、最初はチュートリアル。
「ガチバトル」のルールで、バトルの展開に合わせながら操作方法戦い方をレクチャーしてくれる。

ガンビットの画像

「Welcome!」「Good!」「What happened!?」と、一癖あるボイスは必聴。

フルボイスのナレーション付きで、アクションゲーム・ストラテジーゲーム初心者にもわかりやすいのが嬉しい。

ガンビットの画像

チュートリアルなので「言われた通りやる」のが基本だが、1つアドバイスするなら、チュートリアルの内容は無理に覚える必要はない。

ガンビットの画像

というのも、「ガチバトル」以外のバトルルールはチュートリアル後、実際にプレイしながら覚えていく形になる。

要は「遊びながら身に付ける」がガンビットの基本というわけだ。
そして、それが問題なくできるシンプルな操作方法/ルールも本作の魅力の1つ。

ガンビットの画像

「タップでキャラを動かせる」「タップでビットを使える」程度のことを頭の片隅に置いておけば十分遊べるので、チュートリアルはサクッとクリアしてどんどんバトルに挑戦していこう。

「フリバト」にチャレンジ!ひととおりの遊び方を覚えよう!

ガンビットの画像

チュートリアルを終えたら、次は一回ひと通りのルールを体験してみよう。
ここでは、好きなルールを選んで遊べて、レートやポイントもない「フリーバトル」を活用したい。

ガンビットの画像

フリーバトルは画面左のボタンから。

フリーバトルは、全国のプレイヤーと気軽に遊べる「クイックマッチ」、ゲーム内のフレンドとバトルできる「フレンドマッチ」ナンバーを教えた相手と対戦できる「待ち合わせ」の3種類がある。

ガンビットの画像

バトルの空気感を感じるためにも、「クイックマッチ」でさっそく対人戦をプレイするのがオススメだ。

いきなり対人は不安…という方は、「フレンドマッチ」で遊んでみよう。
フレンドマッチでルームを作り、フレンドの募集なしにバトルをスタートすれば、足りていないメンバーにAIを入れてバトルできる。

ガンビットの画像

また、他プレイヤーとの戦力差が気になる始めたばかりの方は、「腕くらべモード」をONに。

プレイヤー剣士の性能やビットのレベルが全プレイヤーで統一されるため、どのプレイヤーも平等な条件で白熱した対戦が楽しめる。

ガンビットの画像

このように、フリーマッチでは色々と条件を変えながら自由にバトルできるので、ぜひ自分に合った形でゲームに慣れていってほしい。

ガンビットの画像

バトルを繰り返す中でもっと多くのビットが欲しいと感じたら、「ショップ」から「ドキドキ宝箱」を開けたり、「キーン」で購入したりすることで、所持ビットを増やすことができる。

ガンビットの画像

購入できるビットは、クラスを上げることで少しずつ解放されていくため、バトルで腕を磨くことも大切。

ガンビットの画像

ゲーム内通貨となる「キーン」や「メダル」は、ホーム画面の宝箱やチャレンジ達成で獲得可能。

どんどんデッキを充実させて奥深いバトルに挑戦したい方は、さらなる高みを目指して「トレバト」「リーグ」に挑戦してみよう。

ゲームのメインモード「トレバト」と「リーグ」について知ろう

ガンビットの画像

バトルのルールをあらかた覚えたら、いよいよゲームのメインモードである「トレバト」「リーグ」に挑戦していく。

ガンビットの画像

「トレバト」は手持ちのビットを育成するためのバトルで、「リーグ」は育てたビットで他のプレイヤーと競い、上位クラスを目指すためのバトル。

どちらもスケジュールで区切られて開催されており、「トレバト」が開催されていない期間は「リーグ」が、「リーグ」が開催されていない期間は「トレバト」が開かれているぞ。

ガンビットの画像

また、「トレバト」「リーグ」ではバトルルールがあらかじめ決まっており、4時間ごとにローテーションしていくのも特徴的。

では、2つのモードそれぞれを詳しくご紹介していこう。

トレバト:ビットPを稼いでビットをレベルアップ!

ガンビットの画像

「トレバト」では手持ちのビットの「ビットP(経験値)」や、ビット入手・強化のための「キーン」や、バトル宝箱を開ける「スター」を稼ぐことができる。

ビットPを一定値まで溜めるとビットがレベルアップし、ステータスやスキルの性能を強化できるようになるぞ。

ガンビットの画像

専用のチケットを消費するチケットバトルと回数無制限のフリーバトルに分かれており、チケットバトルではより多くのビットPを獲得できる。

トレバト用のチケットは毎日5枚になるまで支給されるので、忘れず使い切っておきたいところだ。

ガンビットの画像

またトレバトでは、特に育成したいビット「育メン」を設定でき、「育メン」のビットはバトルのランダムデッキで選出率がアップする。

ガンビットの画像

フリバトでの「腕くらべモード」同様、「トレバト」でも全プレイヤーの条件が平等になるので、低レベルビットでも気兼ねなく育メンにできるのが嬉しい。

イチオシのビットや強力なビットはぜひ育メンにして、積極的に育てていこう。

ガンビットの画像

…もう気づいている方も大勢いるだろうが、「トレバト」は「トレーニングバトル」の略語。
ここまで「トレバト」「リーグ」と並列して書いてきたものの、「トレバト」は「リーグ」で勝ち抜くための準備期間と捉えて間違いない。

手持ちのビットを「トレバト」でしっかり鍛え、「リーグ」に向けて爪を研いでおこう。

リーグ:育てたビットで真剣勝負!トップリーグを目指せ!

ガンビットの画像

「リーグ」は本作のメインコンテンツであり、各プレイヤーが手塩にかけたビットを使用して戦うバトルイベントだ。

「フリバト」「トレバト」とは異なり、育てたビットの性能が100%反映されるほか、勝敗に応じて変動するレーティングポイント「うまP」も存在する。

ガンビットの画像

勝利を重ねて「うまP」を上げると所属クラスがアップ。最初の「ブロンズ3」から、「シルバー」「ゴールド」と昇っていける。

1度の開催期間(シーズン)に数回、プレイヤーの所属クラスに応じて報酬も配られるので、ぜひトップリーグを目指して奮闘しよう。

ガンビットの画像

加えて、「うまP」を稼ぐメリットはリーグや報酬だけでないのもポイント。

本作ではプレイヤーのうまPに応じてビットのレベル上限が定められており、うまPを稼げば稼ぐほど、手持ちのビットも強く育てられる。
また、上位クラスにならないと手に入らない限定ビットも用意されているぞ。

ガンビットの画像

上位クラスに昇るほど、育成の自由度も、ひいては戦いの戦略性も高まっていく。
一方で、育成制限のために、リーグ内で露骨な戦力差が生まれないのもありがたいところ。

自分の実力を試し、より厚みのあるバトルを楽しみたい方は、ぜひリーグにチャレンジしてみてほしい。

トレバトで育てるだけじゃない!ビットの育て方を知って、ゲームをもっと楽しもう!

ガンビットの画像

ここからは、『ガンビット』で強くなりたい・より楽しくプレイしたい方に向けて、ビットの育て方講座をお届けしよう。

ガンビットの画像

本作の育成は、ベースとなるシステムが全部で4つ存在し、それぞれ関連し合っているのが特徴。
ここを知ると育成がグッとスムーズに進むので、簡単に仕組みをご紹介していきたい。

<①:ビットLvアップ>

ガンビットの画像

まずは何より、ビットのLvアップが第一。
先に触れた「トレバト」はもちろん、宝箱を開けたり、他プレイヤーのところへ旅に出したりすることでもビットPが手に入り、ビットのレベルが上がっていく。

ガンビットの画像

ビットをより強く育てるためには、リーグで「うまP」を上げてLv上限を解放する必要があるのもすでに説明した通り。

なお、上限に到達して溢れたビットPはキーンに変換され、別のビットの育成に役立てられるようになっているぞ。

<②:ビット強化>

ガンビットの画像

レベルアップの次はビット強化だ。ビットLvアップ=ビット強化じゃないの?と思った方もいるかもしれないが、本作ではレベルを上げただけではビットの能力が上昇しない。

ビットLvに合わせて解放される「ビット強化開発」を行って、初めてビットが強くなることを覚えておこう。

ガンビットの画像

ビット強化は、「攻撃」「体力」「スキル」と、ビットのステータスを個別に強化するもの。
強化項目を選び、必要キーンを支払ったのち、一定時間待つと完了する。

ビットLvは、これらステータスをより高いレベルに強化するためのカギになるわけだ。

ガンビットの画像

また、ビットの着せ替えアバターを入手すると「レア強化開発」が実行可能に。
アバターは、宝箱やショップでの購入によって獲得できるぞ。
お気に入りビットのアバターはぜひともゲットしたいところだ。

<③:プレイヤーLvアップ>

ガンビットの画像

手持ちのビットを強化するにつれて、プレイヤーLvがアップしていく。
本作でのプレイヤーLvは、やり込みの指標になるだけでなく、ビットの育成にも深く関わっているのが特徴だ。

ガンビットの画像

というのも、リーグでのうまPの上限プレイヤーLvに合わせて決まっている。
プレイヤーLvを上げるとうまPを高ポイントまで稼げるようになり、ビットのレベル上限解放に繋がるわけだ。

ガンビットの画像

加えて、プレイヤーLvではプレイヤーキャラ自身のステータスや、「トレバト」での育メン数もアップ。

プレイヤーLvはビット強化に応じて自然と上がるため深く意識する必要はないが、重要な育成サイクルの一部だと知っておきたいところだ。

<④うまP稼ぎ(リーグでのクラスアップ)>

ガンビットの画像

最後に、リーグ挑戦によるうまP稼ぎ。
プレイヤーLvに応じて決まる、うまP上限を目指して挑戦していこう。

もう説明する必要もなさそうだが、うまPを稼げば新しいビットビットLv上限が解放され、ビット育成の自由度が上がる。
つまり、この後はまた「①:ビットLvアップ」に戻るわけだ。

ガンビットの画像

まとめると、本作でのビット育成は、ビットLvアップ→ビット強化→プレイヤーLvアップ→うまP稼ぎ→ビットLvアップ…サイクルになっているということ。

もし育成に詰まったら、きっとこのサイクルのどれかが足りていないはずだ。

ガンビットの画像

逆に言うなら、本作ではこの4つさえ徹底していれば育成を極められる。
手持ちのビットをじっくり鍛えて、『ガンビット』の世界をたっぷり楽しもう。

まとめ

ガンビットの画像

ここまで、アソビズム新作『ガンビット』プレイガイドをお届けしてきた。

操作方法やルールも含め、ゲーム全体がシンプルにまとめられた本作では、ストラテジーゲーム初心者もすぐにゲームに馴染んでいける。

プレイ中につまずきそうなところや疑問になりやすい部分はこの記事でおおよそカバーしたので、あとはもう楽しむだけだ。

自分の戦略がハマった時の快感や、他プレイヤーと協力して勝利を手にする喜び。
チーム対戦ストラテジーの醍醐味をギュッと詰め込んだ『ガンビット』を、思う存分味わってほしい。

※記事内の画像はすべて開発中のものです。

© 2018 Asobism Co., Ltd. All Rights Reserved.
© 2018 PICTOY Co., Ltd. All Rights Reserved.

このゲームに関する記事

掲示板

GUNBITに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 63

p2w要素はあるけど、課金要素のないモードも結構用意されてんだよなぁ…クラロワとかの方がよっぽど酷い。そこよりは遠距離攻撃がかなり渋めに作られてることの方が残念かな〜

名無しのゲーマー 62

どうなのよってどうにかなると思ってるのかこのゲームが
もう根本から作り替えないとどうしようもない

名無しのゲーマー 61

どうなのよ?

名無しのゲーマー 60

ごちゃごちゃしすぎ。
的を定めても勝手に違うとこいくし、不良品かよ。

ニュース
他のゲームアプリを探す
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す