FEH
FEH攻略|FEヒーローズ徹底解説
神器錬成を行った方へ質問です
質問と回答
解決済み

神器錬成を行った方へ質問です

しずく?が200個たまり神器錬成が出来るのですが、
どのキャラから手を付けるか決めかねています
。。(〃_ _)σ∥

すでに錬成された方にキャラと錬成タイプを教えていただけますようお願いします。

ジャファル、エルト、エフラムが錬成候補です。

これまでの回答一覧 (3)

p.p.p. Lv163

私はまずatk↑res↓エリからしました。直ぐに死線継承させ、疾風は羽待ちです。ですがこれでも馬ロイよりatk,spdは劣っています。
次の候補は私はリンダです。ブレード+で運用しているのですが、共鳴での重パにピン差や歩物理というか斧アイクとアイラ、受け竜が強化出来るのは美味しいですから。

で、書かれている物なら私なら正直しないです。エルトのw獅子は面白いですがピーキーすぎです。遠反、待ち伏せではatk,spdが心許ないです。
エフラムは90%は直ぐに下回ります。武器、鼓舞、聖印鼓舞で3ステバフ役としての火力と考えれば美味しいですが、再行動キャラが2ステバフした方が強く思えます。エイリークを使わなくなりましたし(泣)

ジャファルの魔反撃不可は強いですが、それでも死線込で45です、低いです。追加ダメも美味しいですが、反撃不可なくとも攻め立てや勇者武器なら反撃貰わず倒せる物ありますから(泣)

なので、やるなら対物理馬パテでのエルトかな?という感じですが、保存しとくのが良いように感じました。

他3件のコメントを表示
  • チロル Lv.24

    おっしゃる通り3人とも決め手にかけるんですよね。 リンダはうちの兵舎にはに来たくないといっているので、エリウッドでやりたいところですが、今いるなかではHP下げ攻上げが一番ましな個体ですが行けますかね?

  • p.p.p. Lv.163

    hp↓よりもatk↑の恩恵が大きいかと。錬成込でatk53死線で58刃鼓舞で64です。spdの差が4開きますが火力では勝てます。spd↑が理想かもですが、それだと火力差4で剛剣発動が(泣)最悪虎の子の差違い聖印使用すればspdは誤魔化せますし(笑)その代わり奥義短縮外れますが。所詮は劣化馬ロイです(泣) エリはdef↓はやばいですがそこも盾鼓舞で一回サポすれば後は刃鼓舞のみで十分です。 馬パで攻め時2回行動可能はやっぱり美味しいです

  • p.p.p. Lv.163

    後エリも廉価に行くなら5を一体餌にして、4を凸していく方法も有効です。5の5凸=4の10凸とほぼ同じなので。盾紋章と斧殺しは玉に必要になるので、セリス、クロムよりはやり難いですが。

  • チロル Lv.24

    理想個体は魔防下げの攻上げか速さ上げだと思って待ってるのですが、継承素材が揃っているのでこの個体で列剣迅雷エリウッドを作って理想個体を引いたら凸します。 遠防エフィとマム、ヒーラーの育成で羽を使いきりましたが、来週の闘技場報酬で2万貯まると思います。 騎馬剣星5はシグルド、エルト、ルークと少し寂しいので列剣迅雷が加わるとかなり豪華になりそうです。 ありがとうございました。

僕はエルト兄様攻撃↑にしました。アイラピックにつぎ込んだ結果大量にでたせいなんで参考にはならないかもですが。
強化は獅子奮迅で、今考えているプランは火力を生かして遠反切り返し烈風での超短期決戦仕様(受けで撃破からの烈風利用の疑似攻め立て)か、剛剣攻め立て刺し違え疾風迅雷での再行動連撃仕様ですね。
剛剣も遠反も余って無いので今は奮迅切り返し烈風にしてみてますが烈風のお陰で相性差を潰せるのは地味に便利です。

ミシェイルに奥義+10ダメにしました。
神器錬成で能力アップするなら他のがいい感じがします。だから一番上の特殊効果のついた錬成が良いと思います

  • チロル Lv.24

    ご回答ありがとうございます。 ミシェイル星4ですが、星5にしたら武器錬成は奥義ダメアップにします。

質問を投稿

FEヒーローズについて質問してみよう。

攻略メニュー
FEHツール/ガチャシミュ
ツール
最新のガチャ情報
ガチャシミュ
開催中のガチャ詳細
最新のキャラ情報
キャラの評価
開催中のイベント
FEHの最新ランキング
FEHデータ
キャラ/ステータス一覧
スキルデータ
武器錬成データ
聖印/聖貨データ
その他データ
FEHの闘技場/イベント攻略
闘技場の攻略
イベント攻略
FEH注目の解説記事
FEH初心者向け情報
ガチャ解説記事
パーティ解説記事
スキル解説記事
特効暗器の使い方とオススメ継承 死闘スキルの使い方と継承
成長値解説記事
お役立ち記事/息抜き記事
権利表記
ファイアーエムブレム

© Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS