ファイトリーグ
ファイトリーグ攻略wiki
トゥルーゴシップJPのデッキレシピと立ち回り

【ファイトリーグ】トゥルーゴシップJPのデッキレシピと立ち回り

最終更新 :

ファイトリーグのトゥルーゴシップJPデッキのレシピや立ち回りを紹介。トゥルーゴシップJPデッキを組むときはここをチェック!

目次

他のファイトリーグ攻略記事

全デッキレシピ一覧

トゥルーゴシップJPデッキコンセプト

評価7.5
使いやすさ★★☆☆☆
作成コスト・1500プレミアムにゃにゃポ
・300ファイトマネー
最強デッキランクはこちら

守りを重視したリミットデッキ

敵陣に配置すると処理される可能性が高いため、自陣から攻撃の機会をうかがう立ち回りがメイン。真実ちゃんやナスティネイル、スパークジャンキーで自陣を守り、FB使用可能時や後手にゴシップが来たら積極的に敵陣を攻めよう。

速攻デッキはやや苦手

敵リーダーを攻撃するまでに時間がかかるデッキなので、超攻撃型のアスクリデッキがやや苦手。敵に削りきられる前に自陣の守りを完成させれば勝機はあるが、自陣に置いた味方を処理されると確実に負けてしまう。

FBやゴシップで大ダメージを狙う

基本的には敵リーダーに与えるダメージは少なく長期戦となる。しかしエロティカのFBやゴシップで最大2100ものバーストダメージを叩き出せるため、一気に勝負を終わらせることができる。

トゥルーゴシップJPのデッキレシピ

デッキレシピ

リーダーブランドFB入手方法
【S】狂艷の奇術師エロティカすべてのメンバーの攻撃力とHPを入れ替えるスタイルチェンジ
メンバーブランドスキル入手方法
【S】特殊戦術部隊長 テクターターン終了:HPが600以下のとき敵ファイター1体に300ダメージガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【S】クレイジーパトロール ホンダ登場:すべての敵メンバーをバーン状態にするガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【US】偏執長 トゥルー・ゴシップ登場:すべての味方メンバーのリミットを2減らし 減らしたリミット数ぶん攻撃力200アップインクが刻む秒読み宣言エディション
【S】プリティー フルール登場:味方リーダーのHP600をプロテクター600に変えるガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【S】ベルガール No.13リミット5: すべての味方メンバーの攻撃力200アップ、 プロテクター200プラスインクが刻む秒読み宣言エディション
【S】スパークジャンキー TIGリミット4: 敵リーダーに600ダメージインクが刻む秒読み宣言エディション
【S】超若手敏腕経営者 トミーリミット4:左のマスに「黒服M(全方向アーツ/攻撃力:200/HP:400)」、 右のマスに「黒服A(全方向アーツ/攻撃力:400/HP:200)」を呼ぶインクが刻む秒読み宣言エディション
【S】突撃インタビュアー真実ちゃん味方ターン終了:HPが700以下のとき味方リーダーにプロテクター300プラスガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【S】美の先鋭 ナスティネイルリミット5:すべての「リミット:」を持たない メンバーを退場させるインクが刻む秒読み宣言エディション
ジャスプロ(黄)のキャラ一覧

偏執長 トゥルー・ゴシップ

敵陣を攻める際に使うキーキャラ。盤面が空いている状態で先手トミー5番、後手トゥルーゴシップ3番の動きが非常に強力。ただし、ナスティネイルのリミットスキルが発動するとトゥルーゴシップも退場するので、運用には注意が必要。

スパークジャンキー TIG

コンボにより計2100ダメージもの火力を出すことのできるキャラ。コンボ以外にも高HPを生かして敵が攻撃しづらいところに配置すれば貴重なダメージソースにもなる。

・突撃インタビュアー真実ちゃん

デッキの性質上長期戦が多くなる。真実ちゃんのスキルにより耐久力を上げることができるため長期戦に強くなる。

入れ替え候補キャラ

リーダーブランドFB入手方法
【S】錯曲家 ブランノワールすべての味方メンバーのリミットを2減らし 減らしたリミット数ぶん味方リーダーのHPを200回復インクが刻む秒読み宣言エディション
【S】MR.リカバリー味方リーダーにプロテクター700プラスガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【S】爆走配達人 川崎Booon味方リーダーにプロテクター700プラスガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
メンバーブランドスキル入手方法
【S】若手実力派イケ面 a.k.a デミー登場:味方リーダーにプロテクターがついていると攻撃力300アップガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【S】トレンドリーダー ノンノ登場:味方リーダーにプロテクター100プラスガチャ
プレミアムにゃにゃポショップ
【S】エージェントJ9登場:ピンチのときすべての味方メンバーの攻撃力300アップスタイルチェンジ

トゥルーゴシップJPデッキの立ち回り方

初手の立ち回り方

対アスクリ・トイ・十八番街の先攻は敵陣に配置

アスクリやトイは自陣を守る手段が少ないので、敵陣に配置しておくと有利に立ち回りやすい。また十八番街は短射ブランドなので、敵陣に配置しておくことで味方リーダーの被ダメージ軽減に貢献できる。出来る限り3番に高耐久キャラを配置して、相手の動きを制限しよう。

対GGG・JPの先攻は自陣に配置

攻撃力の低いGGGやJPは味方リーダー両脇の10・12番配置がおすすめ。メロディで処理されることもあるが、相手の手札が悪ければリミットスキル発動を狙える。ナスティネイルやベルガールを配置して、次のターンまで生き残れば強い動きが可能になる。

後攻は自陣耐久を意識しよう

普通に敵と殴り合っても勝てないので、初手は敵を処理しつつ自陣の守りを固めよう。ただし、相手が次のターンに強い動きができない状況で、先手トミー・後手ゴシップを引いてきたら一気に敵陣を攻めても問題はない。

序盤から中盤の立ち回り方

手札が良くなるまで耐える

序盤から中盤にかけては良い手札が引けるまで自陣で耐えよう。ただ味方メンバー置いただけでは負けてしまうので、スパークジャンキーのスキルで敵リーダーを攻撃しつつ真実ちゃんで被ダメージを補おう。

有利な状況を作れたら攻める

自陣の守りに使ったナスティネイルが盤面処理をした時や、自陣を味方で埋められたら攻めに転じよう。盤面強化が完成すると非常に強い動きができるが、盤面を埋めすぎるとドローに持っていかれる場合もある。そのためリーサルが見え始めたらナスティネイルで味方の処理も検討しよう。

終盤の立ち回り方

平均リーサルは600ダメージ

ピンチスキル持ちを入れていない関係で、終盤でも相手に1ターンで与えられる合計ダメージ平均は600と低い。敵リーダーのHPが600切るまで安心できないので、そこまでは盤面強化を徹底しよう。

状況によっては大ダメージも狙える

常に600ダメージを狙っているとリーサルの機会を逃すこともあるので、デッキの大ダメージコンボも頭に入れておこう。トゥルーゴシップが後手に来ればコンボチャンスなので、最大ダメージを計算してリーサルを見逃さないようにしよう。

1000ダメージコンボ
攻撃力200のリミットキャラ→ゴシップ
1600ダメージコンボ
ベルガール→FB→ゴシップ
2100ダメージコンボ
スパークジャンキー TIG→FB→ゴシップ

各ブランドの対策方法

各ブランドの要注意キャラと対策はこちら

十八番街の対策方法

先手の初手は必ず1・3番に配置

十八番街は短射ブランドなので、1・3番(敵リーダーの両脇)に配置すれば敵メンバー1体を敵陣に誘導できる。下手に5番(敵リーダー正面)に配置すると、敵メンバーの配置が味方リーダー付近に固まり処理が困難になってしまうのでやめておこう。

むつきの対策方法

むつきで敵リーダーにバリアを付与されると、スパークジャンキーのスキルダメージも0になってしまう。十八番街相手には盤面処理が最優先なので、余裕を見て敵リーダーを1回攻撃しておこう。

ゆうぎリーダ時は縦埋めも検討

相手のリーダーがゆうぎだった場合、ニャニャコロビを大量に呼び出し、夏夜の攻撃力アップ効果で大ダメージを与えてくる。夏夜は斜めに味方がいないとチェインできないので、中央縦ラインを埋めて対策しておくと被ダメージを抑えやすい。

対GGGデッキの対策方法

レンチは必ず処理しよう

レンチは放置すると、次のターンに800程度のダメージを上乗せする。基本的にGGGも火力を出しづらいブランドなので、焦って敵リーダーを攻撃せず盤面処理しつつ自陣を守ろう。

DDDは敵陣を攻めつつ処理

リミットスキル持ちはアーツが十字のキャラが多く、自陣に配置すると奪われた後も辛い状況が続く。そのため敵陣を攻めながら処理することを意識しよう。またナスティネイルを奪わせれば確実に全体除去ができるので、優先して配置しておこう。

シイバ・バールは縦埋めを徹底

シイバガーディアンバールを採用したデッキは、中央縦ラインを軸に戦うことが多い。コンボが成立すると大ダメージを受けてしまうので、この2体を見かけたら中央縦ラインを占拠しよう。

対トイデッキの対策方法

先攻初手は3番置きがおすすめ

トイは3番(敵リーダー右側)の処理が苦手。一部対応できるメンバーも存在するが、手札によっては処理できずに残ることもあるので、先攻初手は3番にナスティネイルベルガールを配置しておこう。

UFOクイーンは横並びや縦並び配置が苦手

UFOクイーンは相手のリーダーとメンバーを全て巻き込む長射を持つが、自身のリーダー付近の縦並びや横並びは対応しづらい。自陣付近の横並びや敵陣付近の斜め配置、中央縦ライン取りは危険なので、自陣に置く際は7・10番や9・12番の並びを意識しよう。

デュラハンデッキの察知方法と対策

デュラハンデッキは、味方退場効果持ちと退場時にダメージを与えるメンバーを採用している。マスキングシフォンドレスのケーキ姫といったUSや、箱入りジャックデュラハンが出てきたらほぼ間違いないので、見かけた場合は相手が得意とする中央縦ラインを必ず埋めておこう。

クマちゃん・花人形対策も必須

トイデッキの大半に採用されているクマちゃん花人形は、5番(敵使用時)を軸に強い動きができる。そのため、味方メンバーを配置する際は出来る限り軸になる5番や、死角になる3番を埋めておけば相手を困らせることができる。

対アスクリデッキの対策方法

わんだーどっぐも警戒しておこう

わんだーどっぐ全盛期と比べ使用率は下がったものの、全く使われなくなった訳ではない。アーツの多いJPにとっては天敵なので、アーツが減らされても使えるリミットスキル持ちを積極的に配置しよう。

シーワールドの対処法

10・12番(味方リーダーの両脇)に配置された亀田シーワールドが処理できないときは、7・8番や8・9番に味方を置いて埋めてしまうのも手。その際は出来る限り敵メンバーのHPを減らし、次のターンに処理できるように立ち回ろう。

対JPデッキの対策方法

リミットデッキの対策方法

リミットデッキ相手の場合、早い段階でベルガールを自陣に配置して有利な盤面作りに専念しよう。相手の手札にホンダが入っている場合もあるので、配置する際は10番置きがおすすめ。メロディで処理されてしまうこともあるが、初期手札は読めないので割り切って配置しよう。

スズカの対処方法

スズカを放置する手もあるが、オールデイズスカイチョコホイップで強化されると手がつけられなくなる。そうなってからでは遅いので、処理できるタイミングがあれば優先して処理しておこう。

クレアローはスキルを気にせず立ち回ろう

クレアロー相手にスキルを気にしていては満足な立ち回りはできない。仮にクリーンでスキルを無効化されても自陣の守りや敵陣の攻撃は続けられるので、クリーンを気にせず積極的に立ち回ろう。

ファイトリーグ他の攻略記事

全デッキレシピ一覧

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

最新情報

ランキング情報

デッキ情報

ブランド別デッキランキング

最新ファイター情報

ファイター(キャラ)一覧

レアリティ別一覧

ブランド別一覧

ファイトリーグバトル攻略

ファイトリーグ攻略情報

ブランド別のデッキ対策

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中