ファイトリーグ
ファイトリーグ攻略wiki
青単色「DDDGGG」のデッキレシピと立ち回り

【ファイトリーグ】青単色「DDDGGG」のデッキレシピと立ち回り

最終更新 :

ファイトリーグのDDDGGGデッキのレシピや立ち回りを紹介。DDDGGGデッキを組むときはここをチェック!

目次

他のファイトリーグ攻略記事

全デッキレシピ一覧

DDDGGGデッキコンセプト

評価9.0
使いやすさ★★★☆☆
最強デッキランクはこちら

ブランド問わず盤面コントロール可能

DDDのスキルは汎用性が高く、どのブランドに対しても効果的。DDDの攻撃力を上げて処理を余儀なくさせて、相手メンバーを奪うデッキなので、ブランド問わず盤面コントロールができる。

リンクを活かしやすい

退場時に敵メンバーのコントロールを奪うため、味方が盤面に残りやすくリンクスキルを活用しやすい。アーツがつながらない時は無理に配置する必要はないが、味方とチェインできる場面は積極的に配置しよう。

アスクリはやや苦手

DDDは退場しないと効果が発動しないため、攻撃的なアスクリデッキは苦手。そのため最短で2ターン勝利ができるような速攻デッキに対しては、為す術なく負けることもある。

GGGのデッキレシピ

デッキレシピ

リーダーブランドFB入手方法
【S】エリート地雷女 ミス・マインすべての味方メンバーの攻撃力200アップ
味方リーダーのHPを300回復
ショップ交換
メンバーブランドスキル入手方法
【S】熱闘戦士 ケトラー登場:味方メンバー1体の攻撃力100アップ
7ターン目から「味方手札と味方デッキメンバー」を対象にする
ファイトマネーショップ
【A】アジャスト・G・レンチ攻撃範囲内のすべての味方メンバーの攻撃力200アップスタイルチェンジ
【A】ビューティー・ド・ライヤ登場:<リンク>した味方メンバー1体に<リンク>数ぶん攻撃力100アップガチャ
【S】迷菓職人 泡立ミキ登場:攻撃範囲内のすべての敵ファイターをポイズン状態にするガチャ
【S】フレア・バーナード登場:敵リーダーに<リンク>数ぶん100ダメージガチャ
【S】超感度監視官 マルチ・アイ登場:味方メンバー1体の攻撃力100~300アップガチャ
【US】DDD退場:敵メンバー1体を味方にするガチャ
【S】BAG音奏者 メロディフリー登場:敵メンバー2体に300ダメージパートナー報酬
【S】アリエスのラムちゃんフリー味方ターン終了:すべての味方ファイターのHPを200回復イベントバトル
GGG(青)のキャラ一覧

超感度監視官 マルチ・アイ

先手DDD、後手マルチアイで配置できれば、強力なDDDが完成する。マルチアイのスキルは盤面に存在するメンバーの内、1体がランダムで選ばれるため、味方が盤面に残っている場合は運用に注意しよう。

フレア・バーナード

DDDと相性が良く、このデッキの火力役として使える。敵がDDDを嫌がるほどリンクが繋がりやすくなるので、盤面によってはスキル効果で大ダメージを与えられる。

入れ替え候補キャラ

リーダーブランドFB入手方法
【S】プロフェッサー パイすべての味方メンバーの攻撃力200アップバトル報酬
ショップ交換
メンバーブランドスキル入手方法
【S】世話焼きアイロニング登場:手番が終わるまでアーツが8つに増えるガチャ
【S】ブレンダ・ミンチターン終了:攻撃範囲内の全ての敵メンバーに200ダメージガチャ
【S】頂き山ガール!ランたん登場:味方リーダーのHPを<リンク>数ぶん100回復ガチャ

デッキの立ち回り方

初手の立ち回り方

DDDを最優先で配置

DDDは配置するだけで盤面が有利になるので、初期手札に来た際は最優先で配置しよう。手札にレンチがある場合は3番(敵リーダー右側)、レンチがいない場合は1番(敵リーダー左側)に配置しておくと良い。

対アスクリの場合

DDDが手札になく、他のメンバーで悩んだ際はレンチがおすすめ。デッキ採用率の高いわんだーどっぐにアーツを減らされても機能することが多いので、次ターンも安定した動きがしやすい。

他の4ブランドの場合

十八番街・トイ・GGG・JPは、レンチを置いても処理される可能性が高い。なので、この4ブランドに対する初手は打点を重視しよう。泡立ミキはスキル効果も含めて400ダメージ与えられるので、優先して配置してきたい。

中盤の立ち回り方

DDDを強化しつつ盤面を制圧

中盤はDDDを積極に配置し、バーナードのスキルに繋げよう。できれば敵リーダーを攻撃できる範囲が理想だが、盤面処理がむずかしいときは自陣の守りに使おう。

敵リーダーを可能な限り攻撃しよう

GGGデッキは攻撃力が低く、1ターンに与えられるダメージは平均700程度。盤面処理を優先しすぎると先に相手のリーサル圏内に入ってしまうため、毎ターン敵リーダーを攻撃できる立ち回りを意識しよう。

終盤の立ち回り方

敵のHPが700になるまでじっくり攻める

終盤はリーダーのHP差で動きを考えよう。敵メンバーを放置しても倒されず、リーサル圏内に行けるときは敵リーダーを集中攻撃し、逆に接戦のときは自陣を固めつつリーサル圏内を狙って攻撃しよう。

各ブランドの対策方法

各ブランドの要注意キャラと対策はこちら

十八番街の対策方法

先手の初手は必ず1・3番に配置

十八番街は短射ブランドなので、1・3番(敵リーダーの両脇)に配置すれば敵メンバー1体を敵陣に誘導できる。下手に5番(敵リーダー正面)に配置すると、敵メンバーの配置が味方リーダー付近に固まり処理にまわることになるのでおすすめできない。

泡立ミキでむつきを対策

むつきのバリアスキルは、継続的にダメージを与えるポイズンが天敵。十八番街はむつきの採用率が非常に高いので、ミキが手札にきた段階で敵リーダーにポイズンを付与しておこう。

ゆうぎリーダ時は縦埋めも検討

相手のリーダーがゆうぎだった場合、ニャニャコロビを大量に呼び出し、夏夜の攻撃力アップ効果で大ダメージを与えてくる。夏夜は斜めに味方がいないとチェインできないので、中央縦ラインを埋めて対策しておくと被ダメージを抑えやすい。

対GGGデッキの対策方法

レンチは必ず処理しよう

レンチはGGGの火力を大幅に上げるので、盤面に出てきたら必ず処理しよう。手札によってはDDDを8番(味方リーダー正面)に配置して、レンチを確実に処理しよう。

DDDの処理は盤面を確認してから

ミラーマッチの際は、DDDでDDDを奪えると盤面が有利になる。相手がDDDを先出しした際は、味方のDDDがいないことを確認してから処理しよう。敵がDDDを守りに使っていれば無視して、こちらのDDDで敵リーダーを攻めるのも手。

シイバ・バールは縦埋めを徹底

シイバガーディアンバールを採用したデッキは、中央縦ラインを軸に戦うことが多い。コンボが成立すると大ダメージを受けてしまうので、この2体を見かけたら中央縦ラインを占拠しよう。

対トイデッキの対策方法

出来る限り敵リーダーの正面を確保しよう

5番(敵リーダー正面)は、強い動きができるクマちゃん花人形がいるので、出来る限り確保しておこう。ただし、先手でやると相手に攻めるキッカケを与えてしまうので、2ターン目以降に実践しよう。

UFOクイーンは横並びや縦並び配置が苦手

UFOクイーンは相手のリーダーとメンバーを全て巻き込む長射を持つが、自身のリーダー付近の縦並びや横並びは対応しづらい。自陣付近に固めたり、斜め配置や中央縦ライン取りが一番危険なので、可能な限り敵陣付近で縦横に並べて配置しよう。

デュラハンデッキの察知方法と対策

デュラハンデッキは、味方退場効果持ちと退場時にダメージを与えるメンバーを採用している。マスキングシフォンドレスのケーキ姫といったUSや、箱入りジャックデュラハンが出てきたらほぼ間違いないので、見かけた場合は相手が得意とする中央縦ラインを必ず埋めておこう。

対アスクリデッキの対策方法

場合によっては耐久も検討

GGGはHPが高く長射が多いブランドなので、自陣を守りながら敵リーダーを攻撃する戦い方もできる。敵リーダー横を攻めてもわんだーどっぐなどで無力化されることもあるので、攻めて負ける試合が続くなら自陣からの攻撃を検討してみよう。

敵を埋めて対応するのは控えよう

アスクリデッキはソリッドエイプを採用していることが多く、角の敵メンバーを埋めてもスキルで入れ替わってしまう。入れ替わった敵がメロディわんだーどっぐだと不利な戦いを強いられるため、敵が処理できる場合は埋めずに倒しておこう。

アントラーは5番置きで対策

アスクリのメンバーは上アーツ持ちが多いため、5番にアントラープロップを配置されると入れ替わっても攻撃が繋がりやすくなる。他にもニャニャ美のケアもできるので、アスクリデッキに当たったら5番の確保を意識しよう。

対JPデッキの対策方法

HP1600で寸止めしよう

JPはHP1500以下になると一気に火力が高くなるため、HP1600で止めて一気に削りきりたい。必ずしも調整する必要はないので、手札を見てダメージ調整できる場合はHP1600で寸止めしておくと味方リーダーの被ダメージを抑えられる。

JPは処理しつつじっくり戦おう

JPは全体的にHPが高いので、1度放置してしまうと処理が追いつかなくなる。基本的には盤面処理を意識し、どうしても処理できない場合は次のターンで倒せるようにダメージを与えておこう。ただし、テクタースズカは中途半端にダメージを与えると危険なので、処理と放置のどちらかにしておこう。

スズカの対処方法

スズカを放置する手もあるが、オールデイズスカイチョコホイップで強化されると手がつけられなくなる。そうなってからでは遅いので、処理できるタイミングがあれば優先して処理しておこう。

クレアローは放置でOK

クレアローはそれほど脅威ではなく、放置しても問題ない。攻撃できる範囲にいるなら処理しておきたいが、無理にこちらの攻撃ラインを下げるくらいなら敵リーダーを攻撃しておいたほうが良い。

ファイトリーグ他の攻略記事

全デッキレシピ一覧

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

ランキング情報

デッキ情報

ブランド別デッキランキング

最新キャラ情報

ファイター(キャラ)一覧

レアリティ別一覧

ブランド別一覧

ファイトリーグバトル攻略

ファイトリーグ攻略情報

ブランド別のデッキ対策

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中