ファイトリーグ
ファイトリーグ最速攻略
JP(ジャスプロ)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り
【ファイトリーグ】JP(ジャスプロ)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

【ファイトリーグ】JP(ジャスプロ)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

最終更新 : ファイトリーグ攻略班
おすすめの関連記事

ファイトリーグにおけるJP(ジャスプロ)デッキの対策について掲載。JP(ジャスプロ)デッキの対策をするときはここをチェック!

JP(ジャスプロ)の対策:目次

他のブランド対策記事

JPデッキの特徴

リーダーから相手のUSを予測

リーダー注意すべきUS
リカバリーほとんどのJPデッキで見かけるリーダー
採用率が高いリカバリーリーダーはFBの中でトップクラスの防御性能を持つ。どのJPでも採用できる為、リーダーの段階でUSがわからないので注意しよう。
ホルスタインほとんどのJPデッキで見かけるリーダー
リカバリー同様こちらもほとんどのJPで見かけるリーダー。なかでもプロテクター余分に与えないため、チカデッキでの採用がよくある。
ホンダチカ、G.T.Kデッキで見かけるリーダー
相手にバーンを与えるホンダリーダーのFBは試合展開上、打点の高いチカG.T.Kで使用されることがある。
真実パレットデッキで見かけるリーダー
味方メンバーにも300プロテクターを与えるFBはパレットを使った高耐久で盤面を制圧するデッキで使用される。
ブランノワールゴシップデッキで見かけるリーダー
ブランノワールがリーダーの場合リミット一択なので高い確率でトゥルーゴシップが採用されている。その他S級ファイターもリミット軸なので、デッキの中身を予測して戦いやすいぞ。

JPのリーダーはプロテクターを与えるFBが大半を占める。リカバリーホルスタインはプレイヤーの好みな部分が多いので早い段階でデッキの断定せず戦いの中でどのUSか判断しよう。

高使用率USのコンセプトと対策

チカ対策

チカ
コンセプト処理安定型

チカデッキは安定感のある処理とプロテクターでリーダーの耐久力を上げるデッキ。長いターンをかけて戦うと相手にプロテクターを与えるチャンスが増えてしまうので、短期決戦でプロテクターの機会を減らそう。

チカデッキの詳細はこちら

デストロイヤー対策

リスク
コンセプト展開型

高HPのファイターで盤面を制圧していき、徐々に相手を追い詰めるデッキ。デストロイヤー自体のスキルに頼らずともダメージを出してくる。残ったファイターを起点に攻めてくるので処理重視で立ち回ろう。

デストロイヤーデッキの詳細はこちら

クレア対策

クレア
コンセプト処理安定型

クレア・ローは他のUSと比べ攻撃力は低いものの、処理能力はトップクラス。その上HP900と盤面に残りやすいので、残したあとJ9などで一気に攻めてくる。メンバーを倒しながらじっくり戦おう。

クレアデッキの詳細はこちら

スズカ対策

スズカ
コンセプト高火力型

スズカは盤面に残してはいけないスキルを持っている。残った場合フォーチュンで火力を上げ、一気に勝負を決めてくるので残す場合もチェインを繋がせないためにスズカの周りをファイターから囲うなどの方法を取ろう。

スズカデッキの詳細はこちら

スタートピック対策

先攻時の対策方法

スタート時、処理が楽な手札は2ターン目に回そう。そうすれば敵2体の盤面も事故のリスクが減り、戦いが安定する。処理が楽な手札の中でも、縦を取られても返しやすいアーツ持ちを優先したい。

先攻初手は1・3番にHP700以上を配置

先攻初手の場合はHP700以上のファイターを配置するのがおすすめ。相手は2手番かけて自身のファイターを処理してくるので、被ダメージを最小限にできる。

後攻時の対策方法

後攻の場合は8番を押さえつつ相手の処理を優先して立ち回ろう。7〜9番で2手下がったとしても相手は処理優先で立ち回ってくるので、後攻時は攻め急がずじっくり戦おう。

バトル中警戒すべきファイター

キャラ注意配置
デミー4・5・6番置きに注意
相手がFBを打てる時5・6番などの配置は非常に危険。デミーを起点に処理と大ダメージを両立されてしまうので、FBを打てるタイミングの時は4~6番に並べて配置することを避けよう。
エアリー6・8番置きに注意
エアリーは右側に寄ったファイターを処理するのが得意なファイター。シドーと一緒に攻めて来られると大ダメージを受けるので左側から攻めよう!
シドー6・8番置きに注意
こちらもエアリーと同じく6・8番置きは被ダメージが増える元になる。戦う時はシドーエアリーがシャッフル後のターンで見えた場合でしか、配置してはいけないぐらいの意識を持とう。
ミコミ5・7・9番置きに注意
どのJPデッキにも採用されている万能ファイター。下アーツが豊富だが上アーツは1つしか無いので5・8番の縦ラインを押さえれば登場することはほぼ無いぞ。

シャッフルターンから予測して攻めよう

シャッフルターンでは無い場合、ミコミが出た次のターンは確実にミコミのカウンターが来ない。シャッフル直後に出した相手ファイターを覚え、カウンターの来ない配置を心がけよう。

シャッフルシステムがわからない方はこちら

理想は1・4攻め

警戒ファイター右アーツ持ちが少なく、1・4番に置かれたファイターを同時に処理しづらい。盤面処理に余裕があれば、カウンターをされる確率が低い1・4番中心に攻めよう。

5・9置きが非常に有効

単射対決の場合5・9置きはS級警戒ファイターを攻めに使いにくい配置。ミコミの場合だけ上手く返されるのでシャッフルターン後にミコミが来ない時は積極的に5・9番配置をしよう!

チカJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
チカ・ブラック・コクーンスキルでメンバーの数×100のプロテクターをリーダーに付与。攻撃力も高く攻守ともに優秀。
ウェザーガール ミコミ盤面にいれば無条件で火力となってしまう。優先して処理したいファイター。
おせっかいコーチ シドーJPの火力源となるファイター。シドーへの自傷ができるファイターがメンバーで揃っているのでスキルが発動しやすい。
テイマー・ド・サド選択したメンバーの攻撃力分ダメージ。高い攻撃力のブランドの際は特に注意したい。
リズムスマイル エアリースキル対象は200ダメージ受ける代わりに攻撃力が200上がる。HPが条件となるファイターと相性が良い。またスキル効果は除去にも使える。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
FB→シドー→エアリー1500ダメージ
ミコミ→攻撃力200のキャラ800ダメージ

ホンダのFBを使われると被ダメージが300~400増加する。FBを撃たれたターンとその次も大ダメージの危険があるため、相手のFBが使えるようになったら一層注意が必要。

デッキの見分け方

JPデッキの大半はチカを採用している。そのため対戦でJPとバトルする時はチカを想定して戦おう!

チカJPデッキの対策

対策1:1・3番置きが有効

JPは短射ブランドなので、味方リーダー横に配置されたメンバーは処理しづらい。HPの高いメンバーを配置しておくとJPの場合は先手から自陣に下がるので、こちらの被ダメージを大幅に軽減できる。

対策2:火力押しが有効

リーダーがホンダの場合は、耐久面はチカエゴイストーンでの増強くらいしか採用されていない。他のJPに比べて耐久力は低いため、火力で押すことが大切だ。

対策3:除去スキルが有効

JPのファイターは総じてHPが高く、アーツだけでは倒せない場合も多い。トイズの除去スキルやGGGのバフで対処していく戦法が有効。強固な盤面を作られることも多く、盤面とアーツのみでの対処は難しい。

デストロイヤーJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
リスク・デストロイヤーランダムスキルにはデメリットが無いだけでなく、ファイターの性能も優秀なためタフな戦いをする。
若手実力派イケ面 a.k.a デミー守りの中で、強いカウンターを放つことができる。デミーの引き方次第でFBを使おう。
ウェザーガール ミコミ盤面にいれば無条件で火力となってしまう。優先して処理したいファイター。
クリス・オクスリープロテクターはランダムに付与だがメンバー、リーダーどちらについても耐久面が向上するサポートファイター。
リズムスマイル エアリースキル対象は200ダメージ受ける代わりに攻撃力が200上がる。HPが条件となるファイターと相性が良い。またスキル効果は除去にも使える。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
FB→デミー→ミコミ1400ダメージ
ミコミ→攻撃力200のキャラ800ダメージ

リーダーにプロテクターがついていればすぐに デミーがくるので注意しよう。しっかりとプロテクター分はダメージを与えておくことが必要だ。

デッキの見分け方

リーダーやメンバーでは、デストロイヤーデッキの判別はほぼ不可能。JPデッキはチカの採用率が高いため、序盤はチカを警戒しつつ戦い、盤面でデストロイヤーを確認できたら対策の方針を変更しよう。

デストロイヤーJPデッキの対策

対策1:1・3番置きが有効

JPは短射ブランドなので、味方リーダー横に配置されたメンバーは処理しづらい。HPの高いメンバーを配置しておくとJPの場合は先手から自陣に下がるので、こちらの被ダメージを大幅に軽減できる。

対策2:火力押しが有効

デストロイヤーデッキはスキルを除いた平均リーサルが600と低い。相手がダメージを上手く与えられていないスキに火力で押すことが大切だ。

対策3:除去スキルが有効

JPのファイターは総じてHPが高く、アーツだけでは倒せない場合も多い。トイズの除去スキルやGGGのバフで対処していく戦法が有効。強固な盤面を作られることも多く、盤面とアーツのみでの対処は難しい。

クレアJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
クレア・ロー 敵味方問わずメンバーに400ダメージ与える能力は除去性能トップクラス。先手番で引くと味方がいない分、更に強力。
若手実力派イケ面 a.k.a デミー守りの中で、強いカウンターを放つことができる。デミーの引き方次第でFBを使おう。
ウェザーガール ミコミ盤面にいれば無条件で火力となってしまう。優先して処理したいファイター。
突撃インタビュアー 真実クレア・ロー との相性が良く、ダメージを受けた状態で盤面に残ればプロテクターを付与し、リーダーをより強固にできる。
おせっかいコーチシドーこちらもクレア・ロー との相性が良く、ダメージを受けた状態であれば相手に300ダメージ与えることができる火力要員だ。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
FB→デミー→ミコミ1400ダメージ
シドー→クレアのキャラ900ダメージ

リーダーにプロテクターがついていればすぐに a.k.a デミーがくるので注意しよう。毎ターンプロテクター分はダメージを与えて、おくことが必要だ。

デッキの見分け方

リーダーやメンバーでは、クレア・ローデッキの判別はほぼ不可能。JPデッキはチカの採用率が高いため、序盤はチカを警戒しつつ戦い、盤面でクレア・ローを確認できたら対策の方針を変更しよう。

クレアJPデッキの対策

対策1:1・4番置きが有効

クレア・ローは対面した時、右上アーツを持っていない。そのためこちらは1・4番の左側から攻めることで、相手の攻撃手段を減らし、試合を後手に回らせる事ができるぞ!

対策2:高HPのファイターを配置

HP500以上のファイターでクレア・ロースキル処理を防ごう。クレア・ローの効果でHP400以下のファイターは下がる配置をすること無く処理できるため、積極的に攻めてくる。なので相手にするときはHPの高いファイターで立ち回ろう。

対策3:除去スキルが有効

JPのファイターは総じてHPが高く、アーツだけでは倒せない場合も多い。トイズの除去スキルやGGGのバフで対処していく戦法が有効。強固な盤面を作られることも多く、盤面とアーツのみでの対処は難しい。

スズカJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
スズカHP1000とファイターの中で1番の体力を持ち、ダメージを受けた分攻撃力が上がるので、盤面に残すと非常にやっかいなファイター。
若手実力派イケ面 a.k.a デミー守りの中で、強いカウンターを放つことができる。デミーの引き方次第でFBを使おう。
テイマー・ド・サド選択したメンバーの攻撃力分ダメージ。スズカとの相性もいいが、高い攻撃力のブランドの際は特に注意したい。
ミス・フォーチュンプロテクターはランダムに付与だがメンバー、リーダーどちらについても耐久面が向上するサポートファイター。
リズムスマイル エアリースキル対象は200ダメージ受ける代わりに攻撃力が200上がる。HPが条件となるファイターと相性が良い。またスキル効果は除去にも使える。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
スズカ→フォーチュン1200ダメージ
スズカ→エアリー1000ダメージ

JPデッキの中ではコンボの火力はトップクラス。HP1000あるから大丈夫と思わず、こまめに回復とプロテクターを挟んで戦うことが鍵となる。

デッキの見分け方

メンバーには、スズカ特有の真実フォーチュンが入っているため、出されたファイター次第では他のJPデッキと比べ判別がつきやすい。

デストロイヤーJPデッキの対策

対策1:1・3番置きが有効

JPは短射ブランドなので、味方リーダー横に配置されたメンバーは処理しづらい。HPの高いメンバーを配置しておくとJPの場合は先手から自陣に下がるので、こちらの被ダメージを大幅に軽減できる。

対策2:攻撃力の高いファイターが有効

ブランドで対策する場合はアスクリがおすすめ。スズカのHPは1000と並の火力を持つファイターだと処理は難しいので、高い攻撃力を持つアスクリでスズカを処理しながらリーダーにダメージを与えることもできる。

対策3:除去スキルが有効

JPはHPが高く、アーツだけでは倒せない場合も多い。トイズの除去スキルを使えば敵メンバーへのダメージが省け、いかなる高HPファイターでも処理できるので比較的楽に立ち回る事ができるぞ。

過去のJPデッキの対策

パレットJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
レインボー・パレットのアイコンレインボー・パレット登場スキルでプロテクター500を振り分ける。主にコンボが脅威。
ウェザーガール ミコミのアイコンウェザーガール ミコミ盤面にいれば無条件で火力となってしまう。優先して処理したいファイター。
ピンポンダッシャー タツヤのアイコンピンポンダッシャー タツヤHP800帯と並べられると、全処理が非常に難しくなり危険。
ファズ・ダブルストームのアイコンファズ・ダブルストームプロテクターがつくだけで遠隔攻撃ができるファイター。
カーヴィ・エゴイストーンのアイコンカーヴィ・エゴイストーンメンバーの耐久向上にリーダーの耐久向上と非常に器用。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ファズ→FB→パレット約1000ダメージ
ミコミ→攻撃力200のキャラ800ダメージ

デッキの性質上火力自体は低め。ただしメンバーの処理が追い付かないことも多く、継続的なミコミなどのダメージを受け続けると危険。火力で押し切るか盤面に付き合うかの見極めが肝心。

デッキの見分け方

メンバーが特徴的で、オデットファズタツヤなどが見えたらパレットの可能性が高い。リーダーは真実プラスターが多いが、リーダーのみでの断定は確実とは言えない。

パレットJPデッキの対策

対策1:1・3番置きが有効

JPは短射ブランドなので、味方リーダー横に配置されたメンバーは処理しづらい。HPの高いメンバーを配置しておくとJPの場合は先手から自陣に下がるので、こちらの被ダメージを大幅に軽減できる。

対策2:火力押しが有効

盤面を固めて徐々に押していくデッキなので、戦況が整う前にリーダーを叩いて押し切る戦略が有効。リーダー自体の耐久力は高い方ではないため、比較的押し切りやすい。

対策3:除去スキルが有効

JPのファイターは総じてHPが高く、アーツだけでは倒せない場合も多い。トイズの除去スキルやGGGのバフで対処していく戦法が有効。強固な盤面を作られることも多く、盤面とアーツのみでの対処は難しい。

リミットJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
錯曲家 ブランノワールリミットデッキのリーダーとして使われる。リミットスキルのカウントを2つ進め、そのぶんHPを200回復する。
偏執長トゥルーゴシップHP800と高耐久。味方メンバーのリミットを2つ進め、そのぶん攻撃力200アップする。スキルが発動すれば高火力高耐久メンバーとして使える。
超若手敏腕経営者 トミーリミットスキル発動で両脇に味方メンバーを呼び出す。先手トミー後手ゴシップで非常に強い動きが可能。
美の先鋭 ナスティネイルリミットスキルが発動すると敵味方問わずリミットスキル持ち以外を退場させる。ミラー以外はほぼ全員退場させられる。
ベルガール No.13リミットスキル発動で盤面の味方全員に攻撃力200アップとプロテクター付与。ゴシップに付与できれば高耐久高火力キャラが完成する。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
トミー→ノワールFB→ゴシップ1400ダメージ
トミー→ゴシップ1000ダメージ

最大コンボダメージは1000超えるが、平均ダメージは600程度。リミットキャラとゴシップが噛み合う確率はそこまで高くないが、HP1000になったあたりから相手のリーサル圏内に入るため、そこまでに決着をつけよう。

デッキの見分け方

リミットデッキのリーダーはブランノワールの採用率が非常に高い。仮にリーダーが別のキャラだった場合でも、登場するメンバーがリミットスキル持ちの場合はリミットデッキを疑おう。

リミットJPデッキの対策

対策1:除去系スキルが有効

リミットスキル持ちはどれも高耐久なので、除去スキルが有効。メロディアイロナといった除去スキル持ちが活躍するので、デッキを組む際は採用を検討しよう。

対策2:優先順位を決めて敵を処理しよう

優先度処理対象
最優先味方リーダーを攻撃できる
高火力な敵メンバー
優先リミットスキル持ち
やや優先味方リーダーを攻撃できる
未強化敵メンバー

敵の耐久力は非常に高く、毎ターン前処理は非常にむずかしい。処理に悩んだ時は、味方リーダーが大ダメージを受けるリスクから優先的に処理していこう。

対策3:リミットスキルはクリーンが有効

リミットデッキは速攻のコンボが限られているので、クリーンスキルで相手の攻撃手段を防ぐことができる。クレアローであれば敵ファイターのみをクリーンするため、こちらの戦略を崩すことなく相手の対策ができる。

ピンチ&プロテクターJPの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
MR.リカバリー味方リーダーに700のプロテクターを付与。ピンチ&プロテクターJPのリーダー採用率が非常に高い。同じFBを持つ川崎Booonが採用されることもある。
世紀末教師 G.T.K.ピンチになると攻撃力600になる。バトル中盤から後半になると一気にリーサルの幅が広がる。
Glam Princess スズカ受けたダメージ分攻撃力が上がる。HP1000と超高耐久で、そこにプロテクターを付与されると手がつけられなくなる。
若手実力派イケ面 a.k.a デミー味方リーダーにプロテックターが付与されていると攻撃力が500になる。リカバリーのFBと相性が良く、バトル中盤あたりから高火力を発揮できる。
特殊戦術部隊長 テクターHPが600以下になると、ターン終了後に敵ファイター1体に300ダメージ与える。厄介なスキルを持つので、中途半端に攻撃するなら放置することも検討しよう。
エージェントJ9ピンチになると登場効果で味方全員の攻撃力を300上げる。採用率は下がってきたものの、火力を一気に強化できるキャラなので必ず警戒しておこう。
憤怒の社畜レイバーウルフ場に味方メンバーがいない時、攻撃力が400になる。完全な盤面処理を目指すと大ダメージを受ける場合もあるので注意。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
世紀末教師→リカバリーFB→a.k.aデミー
※ピンチ時を想定
1700ダメージ
リカバリーFB→a.k.aデミー→エージェントJ9
※ピンチ時を想定
1500ダメージ
レイバーウルフ→攻撃力200メンバー
※盤面に味方がいないことを想定
1000ダメージ

ピンチ状態(リーダーのHP1500以下)になる前は、平均ダメージは600と低く脅威にならない。しかし、条件が整うと一気に火力が上がるので、コンボが発動するタイミングに合わせて対策は早期決着を検討しよう。

デッキの見分け方

リミットデッキのリーダーはブランノワールの採用率が非常に高い。仮にリーダーが別のキャラだった場合でも、登場するメンバーがリミットスキル持ちの場合はリミットデッキを疑おう。

リミットJPデッキの対策

対策1:除去スキルが効果的

JPは高耐久キャラを場に残して、そこを起点に相手を攻めるデッキが多い。除去スキル持ちを採用しておけば敵メンバーの処理がはかどり、相手の戦略を狂わせることができる。

対策2:高火力なデッキで押し切れる

アスクリやトイといった高火力ブランドのデッキなら、味方リーダーのHPを大幅に減らされる前に敵リーダーのHPを削りきれる。相手の手札が悪ければ大ダメージを受けずにやり過ごせるため、そのまま押し切ることもできる。

対策3:長期戦に強いデッキが有効

代表的なデッキでいうと、GGGのリューズデッキが非常に有効。ターン経過まで時間を稼ぎ、デッキ強化や全体除去を発動できれば有利に戦いを進められる。

JPデッキに勝つための立ち回り方

一撃の強いキャラを編成する

アスクリに多くいる一撃の火力が高いキャラを編成しておくと、敵メンバーを簡単に処理できる。また敵リーダーへ与えるダメージも多いため、一気に決着をつけることもできる。

敵全体にダメージを与えるスキルを使う

HPの高いキャラが多く、なかなか1ターンで倒しきれないことも多い。なので、相手メンバー全体にダメージを与えられるようなスキルを持ったキャラを入れておくと、敵メンバーの処理がしやすくなる。

他のファイトリーグ攻略記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG
▶ファイトリーグ公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング!【7/22更新】
    最強デッキランキング!【7/22更新】
    1
  2. ガチャの引き時タイミング|どっちを引くべき?
    ガチャの引き時タイミング|どっちを引くべき?
    2
  3. リセマラ当たりランキングと終了目安【7/22更新】
    リセマラ当たりランキングと終了目安【7/22更新】
    3
  4. ファイトロード攻略情報まとめ
    ファイトロード攻略情報まとめ
    4
  5. チカ・ブラック・コクーンの評価と使い方
    チカ・ブラック・コクーンの評価と使い方
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中