ファイトリーグ
ファイトリーグ攻略wiki
紫(トイズ)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

【ファイトリーグ】紫(トイズ)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

最終更新 :

ファイトリーグにおける紫(トイズ)デッキの対策について掲載。紫(トイズ)デッキの対策をするときはここをチェック!

紫(トイズ)の対策:目次

他のブランド対策記事

トイズ(紫)デッキの特徴

デッキタイプはアグロとミッドレンジ

デッキタイプは攻撃力300~500を軸にしたアグロ(速攻)型と、強力な退場効果を活かしたミッドレンジ(中盤決着)型が多い。それぞれ対策方法が違うため、相手のデッキタイプを早く見抜いて対策しないと勝ちづらい。

自傷効果が多いブランド

スキル発動時などに、味方リーダーにダメージを与えてしまうキャラが多いのも特徴。しっかりダメージの計算をしながらバトルに望まないと、一気に相手の勝利圏内に自ら踏み込んでしまう形になる。

高攻撃力と低HPが多い

高攻撃力の長射が多い攻撃的なブランドだが、HPが低く処理されやすい。トイデッキを使う時は盤面処理しつつ手札の最高ダメージを考える事が多いので、相手が処理しづらい配置が鍵となる。

デッキレシピ一覧はこちら

美硝年トイの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
身透かしている美硝年回復しつつこちらのリーダーにダメージを与えてくる。中央縦ラインが得意なので意識しよう。
パペット界屈指のチャンピオン対象をわるなオバケンに変身させる。退場効果を無効にされるので注意しよう。
ウキウキばる〜んフェイスリーダーで採用される。FBでこちらの2体をわるなオバケンに変身させるため覚えておこう。
指定校水洗枠 ハナちゃん美硝年に加えた回復役で採用される。HPが高めだがしっかりと処理していきたい。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
美硝年→Bee型ヘリコプター最大1400ダメージ
FB→クマちゃん→美硝年1800ダメージ

美硝年はこちらにダメージを与えながら回復をしてくる。被ダメージだけでなく回復を計算に入れてリーサルを狙いたい。

デッキの見分け方

USが美硝年であったり、リーダーがばる〜んフェイスの場合は美硝年トイの可能性が高い。リーダーは少年が採用されることも多いので、相手が少年リーダーのトイズの場合でもUSを確認するまでは美硝年トイズの線も疑おう。

美硝年トイデッキの対策

中央縦埋めが有効

美硝年トイの主力キャラは美硝年なので、中央縦埋めをしておけば美硝年が有効に出しづらい盤面を作れる。クイーントイにはあまり有効ではないため、デッキに見極めはしっかりとしよう。

先攻初手は5番を確保

美硝年トイは5番に置かれるのが苦手で、処理をするには一旦下がらなければならない。シードラゴンや美硝年で簡単に処理される場合もあるが、処理する手段が少ない場所なので優先して配置しておくと良い。

自傷トイの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
うかぶせきぞうスキル効果で身からリーダーが受ける自傷ダメージを相手にも与える。組み合わせ次第では大ダメージを狙える。
TOY of the MONSTERうかぶせきぞうと非常に相性が良い。基本的に先手運用だが、うかぶせきぞうや決闘士が先手にいれば後手でも戦力になる。
長靴を履いた決闘士味方ターンの自傷ダメージを無効化できる。自傷デッキに採用されることが多い。
魅入られたクマちゃんメンバーとしても優秀だが、リーダー採用時のFBで高火力を発揮できる。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
花人形→うかぶせきぞう1300ダメージ
うかぶせきぞう→トイモン1600ダメージ
うかぶせきぞう→クマちゃんFB→トイモン2400ダメージ

デッキの最大ダメージはうかぶせきぞうが軸となっている。運要素の強いコンボが多いが、発動できれば一気に2400ダメージ与えることも可能になる。

デッキの見分け方

US級キャラがトイモンの場合は自傷デッキの可能性が高い。また他のトイデッキで採用率の低い決闘士も自傷デッキで採用されやすいので、このどちらかを見かけたら自傷デッキを疑おう。

自傷トイデッキの対策

アグロデッキの速攻勝負が有効

自傷トイデッキは自身のターンにもダメージを受けやすいため、アグロデッキで一気に1000以上の火力を発揮できれば相手が動きづらくなる。

中央縦埋めが有効

自傷トイの主力キャラはトイモンなので、中央縦埋めをしておけば盤面処理が困難になる。早い段階でデッキタイプに気づくことができたら、中央縦ラインを軸に攻めていこう。

高火力トイの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
反発する青い少年リーダー採用率が高いキャラ。敵メンバーを1体退場させ、味方リーダーのHPを400回復。アーツが少ないトイのデメリットを補ってくれる。
鰐頭のニロ敵リーダーに300ダメージ、味方リーダーのHPを300回復する。攻撃に寄せたトイデッキでは今も使われている。またかぼちゃ畑のクロウ人も同じFBを持っている。
心揺さぶるUFOクイーン盤面を処理しつつ敵リーダーを攻撃できる。さらに手札を1つオバケンに変える。先手で引くと1000以上のダメージに期待できる。
魅入られたクマちゃん実質攻撃力400のキャラ。UFOクイーンと組み合わせると1ターンで1200ダメージ与えられる。
かぐわしの花人形攻撃力300と高めで、ターン終了時に両リーダーに200ダメージ与える。後手に出せば実質攻撃力500のキャラとして使える。
指定校水洗枠 ハナちゃん味方の自傷ダメージをケアできる。耐久力が高いため、味方退場時に200回復のスキルを活かしやすい。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
UFOクイーン→花人形1300ダメージ
UFOクイーン→クマちゃん1200ダメージ

1200~1300ダメージは手札が噛み合わないと実現できないが、平均で1000程度のダメージは与えられる。そのためHP1000を切る前に敵を倒せるように立ち回ろう。ただし敵リーダーがニロやかぼちゃ畑のクロウ人だった場合は、HP1300がリーサル圏内となるので注意。

デッキの見分け方

トイのデッキはリーダーだけでは判断がむずかしいので使用USキャラで見分けよう。UFOクイーンやトイオブザモンスターの場合は高火力デッキ、マスキングが見えた場合は退場デッキと判断できる。

高火力トイデッキの対策

対策1:UFOクイーンの苦手な配置を意識

UFOクイーンは敵陣に固まったメンバーを処理するのが得意。また敵陣に1体と自陣に1体といった離れた配置でも攻撃が届いてしまうので、出来る限り敵陣に固めて配置しておきたい。

対策2:3番を軸に攻めよう

トイの高火力キャラは3番の敵の処理が苦手。処理を優先する場合は敵リーダーに攻撃が届かなくなるケースが多いので、出来る限り3番置きを意識しよう。

対策3:地雷が有効

トイは全体的に低HPなので、大抵のキャラは地雷を踏むと退場してしまう。序盤から地雷を大量に展開できれば配置場所を制限することができるので、被ダメージを減らすことができる。

退場トイの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
波瀾盤上のマスキング退場すると敵ファイターにランダムで800ダメージ振り分ける。マスキングが複数体登場すると手がつけられなくなるので、早めに処理しておきたい。
キュウキュウデスカー退場トイのリーダー候補。盤面に癒しのオバケンを呼び出すため、デュラハンなどの味方退場スキルを発動しやすくなる。
純潔を貫く鉄の淑女味方を全て退場させ、その人数ぶん敵ファイターに400ダメージ振り分ける。横からの攻撃が得意なので、デュラハン対策した後の不意打ちに使われることもある。
反発する青い少年デュラハンを警戒して縦埋めされてもFBで強引に空けられる。デュラハンを引いたタイミングでFBを使い大ダメージを狙ってくる。
シカバネの姫君耐久力が高くオバケンまで処理されづらい。退場トイデッキでは採用率が高め。
妄想暴走の着せ替えドール退場させた味方のHPぶん全ファイターにダメージ。盤面除去と同時にマスキングの退場効果発動が強力。敵メンバーが全滅すれば1300ダメージ与えられる。
ナナハン・デュラハン退場トイの主要キャラ。マスキングを嫌がって放置される状況を作り、場にメンバーが溜まった次点で登場させると非常に強力。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
マスキング→着せ替えドール1300ダメージ
マスキング→デュラハン600ダメージ+α
※最大1400ダメージ

退場トイデッキは相手が倒したくないキャラを積極的に配置するので、場に味方が残りやすい。上記のコンボダメージは1ターンのコンボだが、実際にはそれ以上のダメージを与えてくることが多い。

デッキの見分け方

序盤は退場させたいキャラを積極的に展開してくるので、シカバネの姫君やマスキングが登場しやすい。リーダーだけでは判別できないため、序盤に登場する敵メンバーでデッキを見分けよう。

高火力トイデッキの対策

対策1:嫌なキャラでも盤面を処理

マスキングのように強力な退場効果を持つキャラでも、必ず盤面処理をしよう。相手は退場させないと高火力を発揮できないことが多いため、可能な限り敵を処理しておこう。

対策2:中央は必ず埋める

1番の脅威はナナハンデュラハンなので、中央縦ラインは必ず埋めておこう。FBで確保されてしまう場合もあるが、がら空きの状態は良くないので盤面確保の際は常に意識しよう。

対策3:地雷が有効

退場トイも同様に地雷デッキが有効。序盤から地雷を大量に展開できれば配置場所を制限することができるので、被ダメージを減らすことができる。

紫デッキに勝つための立ち回り方

敵メンバーは徹底処理

トイズ(紫)は場のメンバー1体を退場させてスキルを発動するキャラが多い。これらのキャラにスキルを発動させないためにも、ユニットは毎ターン処理しておこう。HPが低いキャラが多いので、処理自体はさほど難しくない。

真ん中2マスを空けない

トイズの強力なキャラであるTOY of the MONSTERとナナハンデュラハンは真ん中の列に置けないとリーダーを攻撃することができない。この2体を封じることができれば、トイズのダメージソースを防ぐことに繋がる。

終盤は敵のHPを200以下まで減らす

トイの主力メンバーは自傷効果持ちが多く、リーダーのHPが200を切ると自傷効果で自滅する可能性がある。なので、次の返しで負けるシーンであっても敵リーダーのHPをギリギリまで削って相手ターンの動きを待とう。

他のファイトリーグ攻略記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

最新情報

ランキング情報

デッキ情報

ブランド別デッキランキング

最新ファイター情報

ファイター(キャラ)一覧

レアリティ別一覧

ブランド別一覧

ファイトリーグバトル攻略

ファイトリーグ攻略情報

ブランド別のデッキ対策

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中