ファイトリーグ
ファイトリーグ最速攻略
GGGデッキ対策!要注意キャラと立ち回り
【ファイトリーグ】GGGデッキ対策!要注意キャラと立ち回り

【ファイトリーグ】GGGデッキ対策!要注意キャラと立ち回り

最終更新 : ファイトリーグ攻略班
おすすめの関連記事

ファイトリーグにおけるGGGデッキの対策について掲載。GGGデッキの対策をするときはここをチェック!

GGGの対策:目次

他のブランド対策記事

対GGGのバトル対策

リーダーから相手のUSを予測

リーダー注意すべきUS
ミス・マイン大半のGGGデッキで見かけるリーダー
ミス・マインは回復と火力アップを同時に行える万能ファイター。GGGのほとんどがこのリーダーを使う事が多く。この段階では対策が立てにくい。
ミスティPH-1デッキで見かけるリーダー
ミスティのリーダースキルは相手がポイズン状態の時に有効なので。ポイズンデッキと判断しやすい。比較的相手にする時戦いやすいリーダーだ。

GGGのデッキではリーダーのほとんどがミス・マインに偏っている為、リーダーだけの状態だと型が読みにくい。そのため戦いの中から相手のUSを見極めることが大事になってくるぞ。

高使用率USのコンセプトと対策

DDD対策

コンセプト奪取型

一番の対策はクリーン。これがあればほとんど問題ないのだが、ない場合は相手の処理を優先して戦おう。奪取された時、自リーダーにアーツが向かないよう工夫して配置するのが立ち回りでの対策だ!

DDDデッキの詳細はこちら

バール対策

コンセプトリーダー長射型

バールと対戦する場合、警戒すべき型はリーダーで採用されているケース。ウィンディバールリーダーと相性が良く、FBを絡めて出す火力はGGGトップクラス。5.8番置きでリーダーとウィンディを同時に攻撃させないことが戦法として必要だ。

バールデッキの詳細はこちら

ニコラ対策

コンセプト高火力型

ニコラが採用しているデッキはスキルを駆使して爆発的火力を1ターンで出してくるので、回復やプロテクターなどでマメにHPを高い状態で保つことを意識しよう。

ニコラデッキの詳細はこちら

PH-1対策

コンセプト高火力型

ポイズン状態を利用して攻めるPH-1に有効なのがクリーンによるポイズン解除。ポイズンがなければこちらの被ダメージを大きく抑えることができるので、ポイズンの解除を意識して立ち回ろう!

PH-1デッキの詳細はこちら

スタートピック対策

先攻時の対策方法

スタート時、処理が楽な手札は2ターン目に回そう。そうすれば敵2体の盤面も事故のリスクが減り、戦いが安定する。処理が楽な手札の中でも、縦を取られても返しやすいアーツ持ちを優先したい。

先攻初手は3番にHP700以上を配置

先攻初手の場合はHP700以上のファイターを配置するのがおすすめ。3番はGGGが苦手な処理位置で、相手は2手番かけて自身のファイターを処理してくるので、被ダメージを最小限にできる。

後攻時の対策方法

基本処理の立ち回りで問題ない。対GGGは5.8番を綺麗に返せる手札がDDDぐらいしか無いのでセンターラインを埋める戦術をひたすら取るのも戦法だ。

バトル中警戒すべきファイター

キャラ注意配置
アンテ6・8番置きに注意
アンテが前ターンに見えていない場合は6・8番置きは非常に危険。5・9番などアーツにかからない配置で警戒しよう。
テレサ8番置きに注意
テレサ相手に8番置きは反転後自リーダーにアーツが向きやすいためかなり危険。最小限に留めたい場合は5・8番といったように、テレサと反転したファイターが同時攻撃できないよう配置しよう。
ピッキー8番置きに注意
ピッキーはどのGGGにも入っている万能ファイター。序盤の戦いでは登場してくる可能性が極めて高いため、ピッキーを出したら処理が難しくなるといったように高HPファイターが有効になるぞ。
ミキ1・4番置きに注意
先行で立ち回る際、1番置きはミキだけでなく様々なGGGファイターが処理しやすい位置となっている。1・4番と置いていしまうと格好の的となるので、3.6番から攻めよう!
リクライニング7・8・9番置きに注意
リクライニングは長射で攻撃しつつ、バッファーとしての役割もあり非常に厄介。こちらで5・6番を押さえておくと、下アーツを持たないリクライニングの性質上、配置しづらい状況を作ることができる。

シャッフルターンから予測して攻めよう

シャッフルターンでは無い場合、アンテが出た次のターンは確実にアンテのカウンターが来ない。シャッフル直後に出した相手ファイターを覚え、カウンターの来ない配置を心がけよう。

シャッフルシステムがわからない方はこちら

理想は3・6攻め

GGGの中心となるファイターは左アーツ持ちが少なく、3・6番に置かれたファイターを同時に処理しづらい。盤面処理に余裕があれば、カウンターをされる確率が低い3・6番中心に攻めよう。

9番の高耐久ファイターは処理されにくい

9番に800HP以上の高耐久を置いた場合、GGGにとって攻撃しながらの処理がかなり難しい。単射ブランドを使う時は9番にファイターを残せるとその後自陣に下がる数も減り、敵リーダーへダメージを与えるチャンスが増えるぞ。

困ったら5・8埋めも有効

GGGは5・8番のセンターライン埋めに対する返しが少ない。DDDニコラピッキーなどで返せるものの先手で引ける確率はそこまで高くないため、理想の動きが難しい時は5・8番を徹底的に攻めるのもあり。

DDD採用型デッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
エリート地雷女 ミス・マインGGGでリーダー採用率が非常に高いキャラ。味方全員の攻撃力を200上げ、味方リーダーのHPを200回復する。
DDD退場時に敵メンバー1体のコントロールを奪取する。盤面に味方を残しやすく、リンクスキル持ちと相性が良い。放置すると攻撃力を上げて攻めてくる。
テレサ・スコープ敵陣に引いた相手のファイターを味方にし、そのファイターの攻撃も合わせて一気にリーサルへと持っていくことができる。
哀愁兵器 チクリオン序盤は回復、終盤はリーサルを狙うため大幅ダメージと使い分けができるファイター
迷菓職人泡立ミキポイズンで300の追加ダメージを受ける。1手番で400の見込みがあるダメージを与えることができるので低火力のGGGには必須のファイター

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
DDD→マインFB→7ターン目以降チクリオン1300ダメージ
DDD→チクリオン7ターン目以降1100ダメージ

DDD採用型のデッキは、盤面に味方が残らなければ平均で700程度のダメージしか与えられない。DDDを配置されると盤面全処理は難しいが、可能な限り処理を心がければ大ダメージを受けるリスクを減らせる。

デッキの見分け方

DDDを採用するデッキは、ポイズンを併用して採用していることが多い。ただ、DDDデッキの場合チュルチュルを採用するよりチクリオンが入ってることが多いのでそこで判断しよう!

DDD採用型デッキの対策

対策1:盤面前処理を意識

相手のデッキはリンクスキル持ちが多く、盤面に残った数が多いほど強くなる。特にDDDは残しておくメリットはないので、速攻デッキ以外は必ず処理しておこう。

対策2:低HPのキャラでDDDを処理

初手で低HPの味方を奪わせることができれば、後手で全処理もできる。また十八番街を使う際はターン終了後に強制退場するニャニャコロビを展開してから倒すと、奪われたあとも楽に処理しやすくなる。

対策3:通信兵リンでDDD奪う

通信兵リンのコントロール奪取は条件が非常に厳しいが、対策としては一番理想的な動き。DDDが放置されることも考えて攻撃力を上げて攻めてくるので、その隙きを突いて通信兵で奪えば一気に有利な盤面になる。

対策4:不利を覚悟でDDDを処理

理想なDDDの処理は稀なので、基本は強引な処理になる。DDDを処理するさいは奪われた後に、味方リーダーへアーツが向かないような配置を心がけよう。

バールリーダーデッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
ガーディアン・バールこのデッキの要となるUSファイター。味方の攻撃力を上げるだけでなく、自身の攻撃力も300アップするので処理能力も高い。
ウィンディ・ダストブロウバールとのコンボが強力。先手番で出せば実質800ダメージ、FBを絡めれば1400ダメージも出すことが可能。
迷菓職人 泡立ミキ素の攻撃力は低いが、ポイズンの付与範囲が広い。中央縦ラインか12番以外は脅威ではないため意識して埋めよう。
テレサ・スコープ敵陣に引いた相手のファイターを味方にし、そのファイターの攻撃も合わせて一気にリーサルへと持っていくことができる。
イリーガル鍵っ娘 ピッキーターン序盤だと単体300回復と序盤の戦闘を安定させるファイター。リーダーに回復能力がないのでデッキには必ずと言っていいほど採用されている。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ウィンディ→FB→攻撃力200のファイター1600ダメージ
ウィンディ→アンテ1100

火力の基本となるのはウィンディを絡めたコンボだ。出されると高ダメージ必須な上、FBとの相性がいいのでGGGトップクラスの火力を出してくるぞ。

デッキの見分け方

他のGGGデッキではミス・マインがリーダーとして入っているがこのデッキはバールが開幕から確認できるので、型がわかりやすい。

GGGデッキの対策

対策1:序盤に攻めきる

相手のデッキは自陣を守りウィンディの長射コンボの機会をターン数かけて伺ってくる。守りに転じている相手を処理しながら序盤のうちにHP差が開く戦いをしよう!

対策2:真ん中5・8番を押さえる

相手のウィンディバールの同時攻撃をさせないため、5・8番のセンターラインを取って2体同時攻撃を防ごう。相手デッキの性質上5・8番のファイターを処理しながらリーダーにダメージを与えてくることは難しいので次の自ターンは攻めに転じやすい!

ニコラGGGデッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
エリート地雷女 ミス・マインGGGでリーダー採用率が非常に高いキャラ。味方全員の攻撃力を200上げ、味方リーダーのHPを200回復する。
ニコラ・シャノン味方ファイターとのコンボが強力。ステータスの高さから単体で使う場面でも強い。
サーバント リクライニング味方メンバーの火力を上げる万能ファイター。HPも高くタフなので残りやすい。
哀愁兵器 チクリオン序盤は回復、終盤はリーサルを狙うため大幅ダメージと使い分けができるファイター
イリーガル鍵っ娘 ピッキーターン序盤だと単体300回復と序盤の戦闘を安定させるファイター。ニコラと組み合わせると600回復と非常に強力

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ニコラ→マインFB→7ターン目以降チクリオン1600ダメージ
ニコラ→チクリオン7ターン目以降1400ダメージ
:pニコラデッキは、盤面に味方が残らなければ平均で700程度のダメージしか与えられない。ニコラを配置されると盤面全処理は難しいが、可能な限り処理を心がければ大ダメージを受けるリスクを減らせる。

デッキの見分け方

ニコラを採用するデッキは、5.8番の縦埋めをしてくる機会が少ない。縦埋めがなかなか無い場合はニコラ採用を疑おう!

ニコラデッキの対策

対策1:盤面全処理を意識

相手のデッキは火力UPスキル持ちが多く、盤面に残った数が多いほど強くなる。特にニコラは残しておくメリットはないので、速攻デッキ以外は必ず処理しておこう。

対策2:通信兵ランでDDD奪う

通信兵ランのコントロール奪取は条件が非常に厳しいが、対策としては一番理想的な動き。ニコラが放置されることも考えて攻撃力を上げて攻めてくるので、その隙きを突いて通信兵で奪えば一気に有利な盤面になる。

ポイズンデッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
ミスティ・ジェットFBでポイズン状態のすべての敵ファイターに400ダメージ与える。フリックコマンダーと組み合わせると非常に強力。
フリックコマンダー PH-1スキルですべての敵ファイターにポイズンを付与。除去も火力もこなせて非常に危険。
迷菓職人 泡立ミキ素の攻撃力は低いが、ポイズンの付与範囲が広い。中央縦ラインか12番以外は脅威ではないため意識して埋めよう。
スモーキー・スネーク・シーシャスキルで全敵ファイターに300ダメージ与える。ダメージを与えつつ除去もできるため注意が必要。
ハイパワー洗浄KID アイリスポイズン状態の敵リーダーに300ダメージ与える。シーシャと合わせると1300ダメージを受けるため圏内の時は注意していこう。
オイルボンバー チュルチュルポイズン状態の敵ファイターにターン終了後300ダメージを与える。盤面には絶対残さないように注意していきたい。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
アイリス→ジェットFB→シーシャ
※ポイズン状態
1700ダメージ
フリックコマンダー→アイリス900ダメージ

ポイズンデッキは素の攻撃力が低いため、スキル効果でダメージを稼ぐ。最大ダメージコンボで1400ダメージ受け、ポイズンを受けた次のターンであれば1700程度のダメージも出るので早めの決着を目指そう。

デッキの見分け方

ミスティジェットかマインのリーダー起用が多い。マインの場合はリーダーのみでは判断できないため、USにフリックコマンダーや、S級のアイリス、チュルチュルが見えたらポイズンデッキを警戒しよう。

ポイズンデッキの対策

対策1:中央縦ラインを確保

ポイズンデッキは中央縦ラインが生命線となっている。両方埋めておくと相手の配置が大きく制限され、被ダメージを抑えることができる。こちらが無理なく埋めることができるなら積極的に埋めよう。

対策2:クリーンが天敵

ポイズン付与が前提のデッキなので、クリーンで解除されてしまうと相手が意図した動きができなくなる。現状では味方をクリーンできる有用なキャラが少ないが、本格的に対策するならサバイバーノースを採用するのも手。

対策3:敵陣への配置は3番へ

敵陣深くへ配置して攻めるときは、1番よりも3番を優先しよう。1番だとミキやフリコマが得意な5番への配置で容易に処理されてしまう。3番だとフリコマの毒込みでもなかなか倒せないので相手の動きを揺らすことができる。

その他GGGデッキ対策

リューズ採用型デッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
エリート地雷女 ミス・マインGGGでリーダー採用率が非常に高いキャラ。味方全員の攻撃力を200上げ、味方リーダーのHPを200回復する。
零刻なウォッチャー リューズ味方メンバーのアーツを8本に増やす。8ターン目以降はデッキメンバー全員のアーツを8つにする。単体の攻撃性能も非常に高い。
寝ぐせヘアー アイロナ味方ターン終了時に敵メンバー1体に400ダメージ。6ターン目以降は全ての敵メンバーが対象になる。攻撃性能は低いが、盤面除去能力が非常に高い。
熱闘戦士 ケトラー味方1体の攻撃力を100アップ。7ターン目以降はデッキメンバーの攻撃力を100アップ。アーツも使いやすいので、素の性能でも活躍できる。
アジャスト・G・レンチどのGGGデッキにも入る優秀なサポートキャラ。放置されたメンバーを強化して強い返しを狙ってくる。
迷菓職人泡立ミキポイズンで300の追加ダメージを受ける。登場するだけで400~500ダメージ稼げる。
第110番小隊 通信兵リン攻撃力400以上の敵を奪う。高火力デッキが環境上位になると採用率が急激に増える。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
リューズ→マインFB→ケトラー1100ダメージ
リューズ→レンチ900ダメージ

リューズの攻撃力が300と高いため、他のデッキと比べてコンボダメージが高め。それ以外は平均ダメージ700程度なので、HPが1000を切る前に決着をつけられると良い。

デッキの見分け方

リューズデッキは見分け方がむずかしく、US級キャラを確認するまではっきりわからない。ただアイロナやケトラーを見かけた時は、間違いなくエディションを購入しているのでリューズの線も疑っておいたほうが良い。

リンク型デッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
指揮官都乱シイバ昔ながらのリンク型デッキのキーキャラ。中央縦ラインを埋めることで対策可能。
ビューティー・ド・ライヤリンク型デッキのメインバッファー。中央縦ラインを埋めるとスキルを有効に使いづらい。
フレア・バーナードリンクした味方の人数ぶん敵リーダーに100ダメージ与える。中央縦ラインを埋めることで対策可能。
ティース・ポリッシュリンク数を3増やすスキルを持つ。ティース単体だけでリンクを4稼ぐため爆発力が高い。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
シイバ→バーナード、ライヤ1100ダメージ
ティース→バーナード、ライヤ1100ダメージ

軸となるのはティースとバーナードの2体。どちらも中央縦ラインを得意とするため、そのラインをこちらで埋めてしまうことでダメージを抑えることができる。

デッキの見分け方

リーダーはマインが使われる場合が多く、リーダーでの判別は難しい。US級も様々なタイプがあるため、バーナードやティースなど、S級ファイターで判断しよう。

リンク型デッキの対策

対策1:中央縦ラインを埋める

メインとなるコンボやファイターは、中央縦ラインが生命線となっている。こちらで確保することによって相手の動きは大きく制限され、コンボダメージも抑えることができる。

対策2:敵はすべて処理する

こちらのリーダーにアーツの向いていないファイターも、リンクの数稼ぎに利用されてしまう。可能であれば敵ファイターは全処理を心掛けていこう。

ジェネラルデッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
ジェネラル・バイス味方ターン終了ですべての敵ファイターに攻撃力分ダメージ。バフからのスキルが危険。
ドリッピー・ティアドロップ手番終了で味方メンバーを200回復させる。ジェネラルなどと合わせられると対策が難しい。
製図アーティスト ルーリー非常に強力なバッファー。中央縦を奪えば脅威は減る。
ラヴィ・ヒーリングHPが高いバッファー。バフ量は高くないが、盤面に残りやすく非常に危険。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ルーリー→ジェネラル1000ダメージ
ジェネラル→FB→マルチアイ1400ダメージ

敵の処理がしっかりとできていれば、最大でも1500ダメージまでしか出すことができない。敵のが残ってしまうと2000を超えるダメージを受ける可能性があるため、敵の処理は徹底したい。

デッキの見分け方

マインのリーダー起用が多い。リーダーのみでは判断できないため、USにジェネラルを確認したらジェネラル主軸のGGGを警戒しよう。

ジェネラルデッキの対策

対策1:中央縦ラインを確保

ジェネラルGGGデッキは中央縦ラインが生命線となっている。両方埋めておくと相手の配置が大きく制限され、被ダメージを抑えることができる。こちらが無理なく埋めることができるなら積極的に埋めよう。

対策2:最低でも5番は埋めよう

中央縦を両方確保が難しい場合は、5番(相手から見て8番)は死に物狂いで確保したい。ルーリーのバフが活きづらくなり、相手の攻め手が非常に弱くなる。敵の処理もやりやすくなるためなんとかして押さえたい位置。

対策3:クリーンや除去有効

ジェネラルGGGはHPが高い危険なファイターが多い。スキルを無効にするクリーンや、除去しやすくなる変身系スキル、除去性能の高いスキルが効果的。無理なくこれらのスキル持ちファイターをデッキに入れられるならば編成しておきたい。

リューズ採用型デッキの対策

対策1:9・12番を確保

敵のリューズがこちらのリーダーを攻撃できる場所は9と12番のみ。そこを抑えてしまえばリューズを使いづらくなるので、余裕があれば9・12番置きを意識して戦おう。

対策2:できるだけ短期決戦を目指す

リューズデッキは戦いが長引くとデッキメンバーの攻撃力が永久的に100上がりアーツが8つに増える。中盤以降で次ターンのリーサルが見えて相手の攻撃を耐えきれるなら、守りを捨てて一気に攻撃するのもあり。

対策3:通信兵リンは常に警戒

アスクリやトイデッキが環境上位にいるデッキは、通信兵リンの採用率が急激に上がる。特にリューズデッキは奪った敵のアーツを8つにできることもあるので、リーダーにアーツが向いて無くても自陣付近に攻撃力400以上のキャラ配置は控えたほうが良い。

GGGデッキに勝つための立ち回り方

基本的には盤面処理が最優先

青デッキと戦うときに、盤面にファイターを残してしまうと、攻撃力アップから一気にHPを削られてしまうことが多い。そのため、基本的には盤面の敵を処理しつつ、チェインや長射タイプなどでリーダーを削っていこう。

アーツがリーダーに向いていないときは無視

自身が攻撃力の高いデッキ(緑や紫など)を使用していて、HPが多く残っている場合、敵のファイターのアーツがリーダーに向いていないときに限り、無視してリーダーを直接攻撃してもいい。ただし放置するデメリットもあるので、可能であれば全処理を目指そう。

残りHPに注意する

青デッキは、スキルやFBを使うことで攻撃力を一気に上げることができる。HPがそこまで残っていないときに、盤面に敵ファイターを残してしまうと、一気に削りきられてしまうこともあるので注意しよう。

アグロデッキなら有利に戦える

GGGは瞬間火力が出ないブランドなので、アグロデッキであればHPを削られる前に倒すこともできる。超高火力なアスクリデッキであれば後攻2ターンで相手を倒せるため、GGGが火力を上げる前に決着をつけられる。

他のファイトリーグ攻略記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG
▶ファイトリーグ公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング!【4/19更新】
    最強デッキランキング!【4/19更新】
    1
  2. チカ・ブラック・コクーンJPのデッキレシピと立ち回り
    チカ・ブラック・コクーンJPのデッキレシピと立ち回り
    2
  3. ギャンブルアスクリのデッキレシピと立ち回り
    ギャンブルアスクリのデッキレシピと立ち回り
    3
  4. GGGの試練の解答と報酬
    GGGの試練の解答と報酬
    4
  5. GGG(青属性)のキャラ評価一覧
    GGG(青属性)のキャラ評価一覧
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中