ファイトリーグ
ファイトリーグ攻略wiki
青(GGG)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

【ファイトリーグ】青(GGG)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

最終更新 :

ファイトリーグにおける青(GGG)デッキの対策について掲載。青(GGG)デッキの対策をするときはここをチェック!

青(GGG)の対策:目次

他のブランド対策記事

GGG(青)デッキの特徴

長射タイプが多くチェインが強力

青(GGG)には長射タイプのファイターが多く、アーツチェインをつなぎやすい。盤面にファイターが残っていると、思わぬ大ダメージを食らってしまうこともある。

サポート・状態異常スキルが充実している

GGGは味方を強化するスキル持ちが多く、攻撃力アップやアーツ数増加などを主力に戦う。またコントロール奪取やポイズンといった敵ファイターを阻害するスキル持ちも存在するため、トリッキーな立ち回りで相手を困らせることができる。

全体的にHPが高く攻撃力が低い

一部例外も存在するが、GGGはHPが高く攻撃力が低いブランド。平均ダメージは700~900程度なので高いHPを活かして味方を残し、次のターンで一気に火力を出す立ち回りが主となる。

デッキレシピ一覧はこちら

ポイズンデッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
ミスティ・ジェットFBでポイズン状態の全敵ファイターに400ダメージ与える。フリックコマンダーと組み合わせると非常に強力。
フリックコマンダー PH-1スキルで全敵ファイターにポイズンを付与。先手で引ければ非常に強い動きができる。
迷菓職人 泡立ミキ素の攻撃力は低いが、ポイズンの付与範囲が非常に広い。フリックコマンダー同様に先手で引けると強い動きが可能。
スモーキー・スネーク・シーシャスキルで全敵ファイターに300ダメージ与える。先手にフリックコマンダーを引き、FB→シーシャと使えば盤面全処理もできる。
ハイパワー洗浄KID アイリスポイズン状態の敵リーダーに300ダメージ与える。性能が悪くなくスキル抜きでも扱いやすい。
オイルボンバー チュルチュルポイズン状態の敵ファイターにターン終了後300ダメージを与える。生き残っている限り敵に与えるポイズンダメージは300になる。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
フリックコマンダー→ミスティジェットFB→シーシャ1400ダメージ
フリックコマンダー→アイリス900ダメージ

ポイズンデッキは素の攻撃力が低いため、スキル効果でダメージを稼ぐ。最大ダメージコンボで1400ダメージ受け、ポイズンを受けた次のターンであれば1700程度のダメージも出るので早めの決着を目指そう。

デッキの見分け方

ポイズンデッキはリーダーにミスティジェット、USにフリックコマンダーを採用していることが多い。盤面でこの2体を見かけたらポイズン対策をした動きを意識しよう。

ポイズンデッキの対策

対策1:高HPキャラで盤面を確保

ポイズンデッキは盤面処理が苦手で、高HPキャラを復数配置されると処理に困ることがある。手札が噛み合えば簡単に処理されてしまうが、適切な組み合わせで引く確率は低めなので、常に高HPキャラで盤面を作っていこう。

対策2:クリーンが天敵

ポイズン付与が前提のデッキなので、クリーンで解除されてしまうと相手が意図した動きができなくなる。現状では味方をクリーンできる有用なキャラが少ないが、本格的に対策するならサバイバーノースを採用するのも手。

対策3:火力で押し切るデッキが有効

ポイズンデッキは平均打点が低めなので、アスクリやトイといった高攻撃力デッキの速攻勝負が有効。ポイズンデッキが流行った際はアスクリのゴリ押しデッキで挑んで早期決着を狙おう。

DDD採用型デッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
エリート地雷女 ミス・マインGGGでリーダー採用率が非常に高いキャラ。味方全員の攻撃力を200上げ、味方リーダーのHPを200回復する。
DDD退場時に敵メンバー1体のコントロールを奪取する。盤面に味方を残しやすく、リンクスキル持ちと相性が良い。放置すると攻撃力を上げて攻めてくる。
頂き山ガール!ランたん戦力にはなりづらいが、盤面確保と回復スキルが優秀。盤面に味方が残りやすいDDDデッキと相性が良い。
フレア・バーナードリンクした味方の人数ぶん敵リーダーに100ダメージ与える。味方が盤面に残るほど高火力を発揮できる。
Now on LIVE デルタ攻撃範囲内の味方メンバーのアーツを8方向に変化できる。奪った敵メンバーの再利用を狙えるキャラ。
アジャスト・G・レンチどのGGGデッキにも入る優秀なサポートキャラ。放置されたメンバーを強化して強い返しを狙ってくる。
迷菓職人泡立ミキポイズンで300の追加ダメージを受ける。登場するだけで400~500ダメージ稼げる。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
DDD→マインFB→バーナード1000ダメージ
DDD→バーナード800ダメージ

DDD採用型のデッキは、盤面に味方が残らなければ平均で700程度のダメージしか与えられない。DDDを配置されると盤面全処理は難しいが、可能な限り処理を心がければ大ダメージを受けるリスクを減らせる。

デッキの見分け方

DDDを採用するデッキは、リンクスキルを多く採用する事が多い。特にランたんはDDDデッキ以外で使われることが少ないので、見かけたらDDD採用型デッキを疑おう。

DDD採用型デッキの対策

対策1:盤面前処理を意識

相手のデッキはリンクスキル持ちが多く、盤面に残った数が多いほど強くなる。特にDDDは残しておくメリットはないので、速攻デッキ以外は必ず処理しておこう。

対策2:低HPのキャラでDDDを処理

初手で低HPの味方を奪わせることができれば、後手で全処理もできる。また十八番街を使う際はターン終了後に強制退場するニャニャコロビを展開してから倒すと、奪われたあとも楽に処理しやすくなる。

対策3:通信兵リンでDDD奪う

通信兵リンのコントロール奪取は条件が非常に厳しいが、対策としては一番理想的な動き。DDDが放置されることも考えて攻撃力を上げて攻めてくるので、その隙きを突いて通信兵で奪えば一気に有利な盤面になる。

対策4:不利を覚悟でDDDを処理

理想なDDDの処理は稀なので、基本は強引な処理になる。DDDを処理するさいは奪われた後に、味方リーダーへアーツが向かないような配置を心がけよう。

リューズ採用型デッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
エリート地雷女 ミス・マインGGGでリーダー採用率が非常に高いキャラ。味方全員の攻撃力を200上げ、味方リーダーのHPを200回復する。
零刻なウォッチャー リューズ味方メンバーのアーツを8本に増やす。8ターン目以降はデッキメンバー全員のアーツを8つにする。単体の攻撃性能も非常に高い。
寝ぐせヘアー アイロナ味方ターン終了時に敵メンバー1体に400ダメージ。6ターン目以降は全ての敵メンバーが対象になる。攻撃性能は低いが、盤面除去能力が非常に高い。
熱闘戦士 ケトラー味方1体の攻撃力を100アップ。7ターン目以降はデッキメンバーの攻撃力を100アップ。アーツも使いやすいので、素の性能でも活躍できる。
アジャスト・G・レンチどのGGGデッキにも入る優秀なサポートキャラ。放置されたメンバーを強化して強い返しを狙ってくる。
迷菓職人泡立ミキポイズンで300の追加ダメージを受ける。登場するだけで400~500ダメージ稼げる。
第110番小隊 通信兵リン攻撃力400以上の敵を奪う。高火力デッキが環境上位になると採用率が急激に増える。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
リューズ→マインFB→ケトラー1100ダメージ
リューズ→レンチ900ダメージ

リューズの攻撃力が300と高いため、他のデッキと比べてコンボダメージが高め。それ以外は平均ダメージ700程度なので、HPが1000を切る前に決着をつけられると良い。

デッキの見分け方

リューズデッキは見分け方がむずかしく、US級キャラを確認するまではっきりわからない。ただアイロナやケトラーを見かけた時は、間違いなくエディションを購入しているのでリューズの線も疑っておいたほうが良い。

リューズ採用型デッキの対策

対策1:9・12番を確保

敵のリューズがこちらのリーダーを攻撃できる場所は9と12番のみ。そこを抑えてしまえばリューズを使いづらくなるので、余裕があれば9・12番置きを意識して戦おう。

対策2:できるだけ短期決戦を目指す

リューズデッキは戦いが長引くとデッキメンバーの攻撃力が永久的に100上がりアーツが8つに増える。中盤以降で次ターンのリーサルが見えて相手の攻撃を耐えきれるなら、守りを捨てて一気に攻撃するのもあり。

対策3:通信兵リンは常に警戒

アスクリやトイデッキが環境上位にいるデッキは、通信兵リンの採用率が急激に上がる。特にリューズデッキは奪った敵のアーツを8つにできることもあるので、リーダーにアーツが向いて無くても自陣付近に攻撃力400以上のキャラ配置は控えたほうが良い。

シイバ採用型デッキの要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
エリート地雷女 ミス・マインGGGでリーダー採用率が非常に高いキャラ。味方全員の攻撃力を200上げ、味方リーダーのHPを200回復する。
指揮官都乱シイバコンボが成立するとFB抜きで1100ダメージ与えられる。縦ラインが空いているとコンボを決められるので注意しよう。
ビューティー・ド・ライヤシイバと相性が良いリンクスキルキャラ。1100ダメージ与えるコンボに必要なサポート役。
フレア・バーナードリンクした味方の人数ぶん敵リーダーに100ダメージ与える。中央2マスが空いた状態であれば、シイバリンクで1100ダメージ与えられる。
熱闘戦士 ケトラー味方1体の攻撃力を100アップ。7ターン目以降はデッキメンバーの攻撃力を100アップ。アーツも使いやすいので、素の性能でも活躍できる。
アジャスト・G・レンチどのGGGデッキにも入る優秀なサポートキャラ。放置されたメンバーを強化して強い返しを狙ってくる。
迷菓職人泡立ミキポイズンで300の追加ダメージを受ける。登場するだけで400~500ダメージ稼げる。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
シイバ→マインFB→ドライヤ1300ダメージ
シイバ→ドライヤ1100ダメージ

シイバを利用したコンボは非常に強力だが、それ以外はそこまでダメージを受けない。シイバ採用型の平均リーサルは700程度なので、シイバ対策をしてしまえば安定して戦える。

デッキの見分け方

シイバ採用型のデッキメンバーは特徴が少なく判別が難しい。有力な判断材料はS級のドライヤやUS級のガーディアンバールなので、見かけたらすぐに中央縦ラインを占拠しよう。また序盤から強引に縦を取る動きもシイバリンクの可能性があるので、敵の動きも良く観察しておこう。

シイバ採用型デッキの対策

対策1:中央縦ラインを埋める

シイバ採用型デッキは中央縦ラインの占拠が最も有効。そうすることでシイバコンボの火力が500まで下がるので、可能な限り中央縦ライン埋めを意識して立ち回ろう。

対策2:通信兵リンで奪うのもあり

シイバコンボにドライヤを使うと攻撃力が400になるため、コンボを受けた後のケアとして通信兵リンを採用するのもあり。その後ドライヤやバーナードで追撃できれば、もっと強力なシイバコンボで返すことができる。

青デッキに勝つための立ち回り方

基本的には盤面処理が最優先

青デッキと戦うときに、盤面にファイターを残してしまうと、攻撃力アップから一気にHPを削られてしまうことが多い。そのため、基本的には盤面の敵を処理しつつ、チェインや長射タイプなどでリーダーを削っていこう。

アーツがリーダーに向いていないときは無視

自身が攻撃力の高いデッキ(緑や紫など)を使用していて、HPが多く残っている場合、敵のファイターのアーツがリーダーに向いていないときに限り、無視してリーダーを直接攻撃してもいい。ただし放置するデメリットもあるので、可能であれば全処理を目指そう。

残りHPに注意する

青デッキは、スキルやFBを使うことで攻撃力を一気に上げることができる。HPがそこまで残っていないときに、盤面に敵ファイターを残してしまうと、一気に削りきられてしまうこともあるので注意しよう。

アグロデッキなら有利に戦える

GGGは瞬間火力が出ないブランドなので、アグロデッキであればHPを削られる前に倒すこともできる。超高火力なアスクリデッキであれば後攻2ターンで相手を倒せるため、GGGが火力を上げる前に決着をつけられる。

他のファイトリーグ攻略記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

最新情報

ランキング情報

デッキ情報

ブランド別デッキランキング

最新ファイター情報

ファイター(キャラ)一覧

レアリティ別一覧

ブランド別一覧

ファイトリーグバトル攻略

ファイトリーグ攻略情報

ブランド別のデッキ対策

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中