ファイトリーグ
ファイトリーグ最速攻略
十八番街デッキ対策!要注意キャラと立ち回り
【ファイトリーグ】十八番街デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

【ファイトリーグ】十八番街デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

最終更新 : ファイトリーグ攻略班
おすすめの関連記事

ファイトリーグにおける十八番街デッキの対策について掲載。十八番街デッキの対策をするときはここをチェック!

十八番街の対策:目次

他のブランド対策記事

対十八番街のバトル対策

リーダーから相手のUSを予測

リーダー注意すべきUS
猫磨司スズ、画太浪、とりのデッキで見かけるリーダー
リーダーのデッキはファイターを展開するデッキに多く採用される。地雷やかる羅などの回復では見かけないので、展開する相手だけを意識して戦おう!
ユタカ画太浪デッキで見かけるリーダー
画太浪デッキは盤面を守り寄りに固める戦いができるため、HP回復ができるタフな戦いをするデッキに採用される。
鬼川 ユイナ憑代煌地雷デッキで見かけるリーダー
ユイナリーダーは憑代 煌とのシナジーが強すぎるのでリーダーを見た段階で断定してもいいだろう。
きりなかる羅、画太浪デッキで見かけるリーダー
きりなで一番多いのは回復コンボが可能なかる羅をUSをに置いたデッキだ。他のUSと組み合わせて採用されることは少ないが画太浪デッキの場合もあるので多少警戒が必要だろう。

十八番街のリーダーはレパートリーが豊富で他にもまだまだリーダー候補がいる。リーダーが分かればデッキに何が入ってるか想像が付きやすく、対策が行いやすいぞ。

高使用率USのコンセプトと対策

かる羅対策

コンセプト回復重視型

一番の対策はアンチヒール。これがあればほとんど問題ないのだが、ない場合は相手の処理を優先して戦おう。敵ファイターは自陣に引きこもる傾向が強い。だから時間をかけて堅実に戦えば勝機を生みやすい。

かる羅デッキの詳細はこちら

画太浪対策

コンセプト展開型

画太浪は盤面を展開して制圧されると手のつけようが無くなる。なので攻めることよりも相手メンバーを処理することに注力しよう!左側から攻めてくることが多いので1.4番に配置し相手の裏を突こう。

画太浪デッキの詳細はこちら

スズ対策

コンセプト展開型

猫間スズは8番を起点に上下自由に動いてくるのであらかじめ8番は押さえて戦おう!展開の起点を封じつつ戦うことで相手が出すダメージ量やコンボを軽減することができるぞ。

スズデッキの詳細はこちら

憑代煌対策

コンセプト地雷火力型

地雷をとにかく減らす立ち回りをしよう!地雷を減らさなければ中盤戦に憑代 煌を出され、終盤待たずして敗北になってしまう。自ら地雷を踏みに行き、減らすことが相手の火力を落とすことに繋がるぞ!

憑代煌デッキの詳細はこちら

スタートピック対策

先攻時の対策方法

スタート時、処理が楽な手札は2ターン目に回そう。そうすれば敵2体の盤面も事故のリスクが減り、戦いが安定する。処理が楽な手札の中でも、縦を取られても返しやすいアーツ持ちを優先したい。

先攻初手は1・3番にHP700以上を配置

先攻初手の場合はHP700以上のファイターを配置するのがおすすめ。相手は2手番かけて自身のファイターを処理してくるので、被ダメージを最小限にできる。

後攻時の対策方法

基本処理の立ち回りで大丈夫だが、こちらが長射の場合は高確率でサイサイが来る。残すと厄介なので処理を優先したいが、処理できない場合はサイサイを囲む配置をし、相手にアーツをチェインさせない動きを取ろう。

バトル中警戒すべきファイター

キャラ注意配置
桜田夕子5・6・8番置きに注意
夕子が前ターンに見えていない場合は5・6・8番置きは非常に危険。6・9番などアーツにかからない配置で警戒しよう。
都城ルリ6・8番置きに注意
夕子と同じく都城ルリも6・8番置きは危険。6・9番などアーツにかからない配置で警戒しよう。
猫磨 シノブ5・8番置きに注意
シノブはセンターに陣取る相手を処理できる。シノブには下アーツが無いので攻めるなら1・4番から攻めよう。
お茶の娘 サイサイ5・8番置きに注意
サイサイもセンターに陣取る相手を処理できる。サイサイには下アーツが無いので攻めるなら3・6番から攻めよう
十八番街の酒役 久保多 獺斎5・6・7・9番置きに注意
獺斎は他の警戒すべきファイターと違い、十字方向にアーツが伸びているので5番を空けてカウンターを回避すると裏目になりやすい。またUSで画太浪が見えた時は、この配置が危険なので注意しよう。

シャッフルターンから予測して攻めよう

シャッフルターンでは無い場合、夕子が出た次のターンは確実に夕子のカウンターが来ない。シャッフル直後に出した相手ファイターを覚え、カウンターの来ない配置を心がけよう。

シャッフルシステムがわからない方はこちら

理想は3・6攻め

警戒ファイターは左アーツ持ちが少なく、3・6番に置かれたファイターを同時に処理しづらい。盤面処理に余裕があれば、カウンターをされる確率が低い3・6番中心に攻めよう。

4・8置きが非常に有効

4・8置きはS級警戒ファイターからカウンターを受けない。画太浪のようなUS級ファイターからは強いカウンターを受けてしまうものの、対処される確率が低いため非常に有効な配置だ。

かる羅十八番の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
烏丸 かる羅 かる羅デッキのメインファイター。回復コンボの要となり、相手にダメージを与えるうえで重要な役割を持っている。
はさみ亭 きりなこのデッキのリーダー。回復FBと かる羅の相性は良く、コンボも発動させやすく優秀だ。
飴宮 ねるのアイコン飴宮 ねる手番回復で味方を守るサポートファイター。ねる自体のHPは低いので先にこいつを倒すことを心がけよう!

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
かる羅→FB→飴宮ねる1400ダメージ
かる羅→飴宮ねる900ダメージコンボ

回復のメインとなる かる羅では、基本900のダメージを出してくる。相手は自陣深くに下がる動きをするため、処理をきっちり行うことが重要だ。そのターンに処理できなくてもしっかりダメージを与えておこう!

デッキの見分け方

かる羅を採用している十八番街は大抵のリーダーがきりななため、見当を付けやすい!その他回復をサポートするファイターが現れたら、 かる羅デッキと判断できる。

烏丸かる羅十八番デッキの対策

対策1:敵ファイターは必ず処理

相手は回復できるファイターを利用してダメージを与えてくる。できる限りの処理を心がけることが一番の対策だ。

対策2:3番6番の連番配置

かる羅型のデッキには左下アーツが不足しているため、3,6番の連番による配置はかなり有効。3番に置くファイターが高耐久であれば、相手の事故を誘発させることだって可能だ。

対策できるデッキ一覧

対策デッキ具体的な立ち回り
チカJPチカデッキに組み込まれているコスティーハニーは登場スキルで敵メンバーをクリーンできる。回復スキルをクリーンでき、盤面に残す動きが多い相手にUSのチカはかなり有効だ。
ペギノフデッキ【SLAPSHOT】デッキに入っているパッカはアンチヒール持ち。序盤から出せるよう、スタートピック時に優先してパッカを引こう!

とりの十八番の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
猫磨とりの猫磨 とりのデッキのメインファイター。自身が呼ぶニャニャコロビを起点に処理とチェインに長けている。
都城ルリ回復用ファイター。リーサルをずらしたりと優秀な働きを見せる。
お茶の娘 サイサイのアイコンお茶の娘 サイサイ長射ブランドにとっては非常に対応が難しい。対処できない場合でもリーダーの攻撃で削って次のターン処理できるようにしておこう。
パエリアーノ・カルメンのアイコンパエリアーノ・カルメン猫磨 とりのが出すニャニャコロビと非常に強力なコンボを見せる。大ダメージを受けないためにしっかりと処理しておこう。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
司1番→猫磨とりの5番1300ダメージ
カルメン3番→とりの5番1100ダメージコンボ

高火力のメインとなる猫磨 とりのの引き次第では、簡単に1000以上のダメージを出してくる。相手が下がる動きをさせるため、序盤から中盤にかけては高耐久のファイターを1,3番に置く配置が鍵となる。

デッキの見分け方

リーダーからは型がわからないので注意。USのとりのが見えるか、猫磨 とりの特有のカルメンが見えればとりの型と確定できるぞ!

猫磨とりの十八番デッキの対策

対策1:3番6番の連番配置

とりの型のデッキには左下アーツが不足しているため、3,6番の連番による配置はかなり有効。3番に置くファイターが高耐久であれば、相手の事故を誘発させることだって可能だ。

対策2:4~9番の盤面に多く展開

4~9番の盤面に多くのファイターを展開することで、相手のニャニャコロビによる展開を妨害することが可能。センターの5,8番だけ埋めるのは不安だが、4,5,8番などL字型に配置できれば相手の勢いを止めることができる。

対策できるデッキ一覧

対策デッキ具体的な立ち回り
地雷十八番街地雷によってニャニャコロビへの妨害が可能。憑代 煌のデッキは鬼窪 ほるかなど地雷を配置するファイターが多く採用されている。地雷で相手のにゃにゃコロビを妨害しよう。
シーワールドアスクリこのデッキに入るウィーゼルは盤面にいる場合、猫磨とりのを前に出させることを牽制できる。相手が手番良く処理できなければこちら側に、最大600回復が入るので先手番の動きを下げさせる事が可能。

画太浪十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
忘郷の摺師 版 画太浪画太浪十八番街の軸となるファイター。一度でも処理ができないと手に負えない。
赤備え一番槍 我武者羅HPが700と高く、強力な手番終了スキルを持つ。画太浪とセットで出されると非常に危険。
十八番街の傾奇者 ヤジ画太浪で展開された後に出てきやすい。可能な限り全処理をして対応したい。
十八番街の酒役 久保多 獺斎のアイコン十八番街の酒役 久保多 獺斎400と高い回復量を持つ。敵の処理を徹底して回復の機会を与えないようにしよう。
お茶の娘 サイサイのアイコンお茶の娘 サイサイ長射ブランドにとっては非常に対応が難しい。対処できない場合でもリーダーの攻撃で削って次のターン処理できるようにしておこう。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
攻撃力300のキャラ→攻撃力300のキャラ900ダメージ
司FB→攻撃力300のキャラ→ヤジ1600ダメージ

しっかりと敵を処理できていればそれほど大きなダメージは受けづらい。1体でも残してしまうとダメージは跳ね上がり、2000以上受ける可能性もあるため注意が必要。

デッキの見分け方

リーダーはユタカの場合が多い。US級以外で完全に見分けることは難しいため、確定するのはUS級が見えてからとなる。どの十八番街のタイプでも敵の処理は必須なので、処理は徹底しよう。

画太浪十八番街デッキの対策

対策1:敵は可能な限り全処理

敵が残ってしまうと相手の展開がさらに加速してしまう。時には敵リーダーへの攻撃をあきらめて敵の処理を徹底することも必要だ。

対策2:5番を確保

相手の展開を阻害するため、5番は優先して確保したい。こちらから見て、相手に1・5番と固められると1番の敵を処理する手段が非常に限られてしまう。それが画太浪我武者羅だと一方的に展開されるため注意。

対策3:味方リーダーHPを1000以上確保

画太浪十八番街は多くの場合、一度に1000以上ダメージを出すことは難しい。しかし900以下だと攻撃力300が主体のためほぼリーサル圏内となる。味方リーダーはHP1000以上を必ず維持したい。

対策できるデッキ一覧

対策デッキ具体的な立ち回り
DDDGGG画太浪はランダムで登場させるファイターが敵陣に来る事が多い。ファイター奪取スキルで奪えば増えたファイターを逆手に取り、相手リーダーにアーツが向いた状態となり一気に攻める事ができる。

スズ十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
十八幡宮の巫女 猫間スズ盤面に残り、ステータスもトークンとしては高めの神主ニャニャコロビを任意の位置に選択して出せる。盤面処理や火力向上とどんな状況でも柔軟に対処される。
十八番街の傾奇者 ヤジスズとの組み合わせだけでも攻撃力が600となり大ダメージを受けやすい。被害を最小限にするためにも敵の処理を徹底しよう。
十八番街の酒役 久保多 獺斎のアイコン十八番街の酒役 久保多 獺斎400と高い回復量を持つ。敵の処理を徹底して回復の機会を与えないようにしよう。
お茶の娘 サイサイのアイコンお茶の娘 サイサイ長射ブランドにとっては非常に対応が難しい。対処できない場合でもリーダーの攻撃で削って次のターン処理できるようにしておこう。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
攻撃力300のキャラ→攻撃力300のキャラ900ダメージ
スズ→ヤジ1400ダメージ
司FB→スズ→ヤジ2000ダメージ

しっかりと敵の処理ができていても、敵リーダーが猫間 司の場合は最大2000ものダメージを受けてしまう。敵を残してしまうとさらにダメージを受けやすくなるため、可能な限り全処理を目指したい。

デッキの見分け方

リーダーは猫間 司ゆうぎユタカなど様々。ユタカの場合は火力の脅威は下がるが、非常に安定した戦いをやってくる。猫間 司ゆうぎの場合は一撃による大逆転があるため最後まで油断できない。

スズ十八番街デッキの対策

対策1:敵の全処理の徹底

敵を1体でも倒し損ねると、一気に形勢が相手に傾いてしまう。敵リーダーへの攻撃よりも敵メンバーの処理を優先して動いていこう。

対策2:8番の確保を優先

8番(相手から見て5番)をこちら側で確保できていると、被ダメージを大きく抑えやすい。7・10番などできれいに攻撃されることもあるが、可能性は高くはないため十八番街対策としては非常に有効。

対策できるデッキ一覧

対策デッキ具体的な立ち回り
DDDGGG画太浪はランダムで登場させるファイターが敵陣に来る事が多い。ファイター奪取スキルで奪えば増えたファイターを逆手に取り、相手リーダーにアーツが向いた状態となり一気に攻める事ができる。

地雷型十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
戦火ヲ断ツ学徒 憑代 煌展開してある地雷の数だけ攻撃力200アップ。5個配置しておくだけで攻撃力1000を超える。先手で登場すると2000以上のダメージを与えられる。
鬼川 ユイナリーダー時にFBで地雷を2個設置できる。任意のタイミングで地雷を設置できるので、憑代 煌と相性が非常に良い。
男鹿 拳鬼地雷を踏むと攻撃力が500になる。憑代 煌ほどではないが、高火力を発揮するので要注意。
天然危険物 矢絣 うずめ退場時に自身のマスに地雷を設置する。攻撃力が300と高いため、放置もできない。
憑代あやめ登場時に地雷を2個設置できる。憑代 煌の攻撃力アップに大きく貢献できる。またこちらの行動範囲を大幅に制限されてしまう。
白百合 かおる選択スキルで任意の位置に地雷を設置してくる。こちらの展開の阻害や拳鬼でおきたい場所に地雷を設置してくるため要注意。
男鹿鬼太郎登場時に地雷を1個設置する。攻撃力も300と高めだが、HPが低いため確実に処理をしていきたい。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ユイナFB→憑代煌→男鹿拳鬼2700ダメージ
※地雷5個想定

地雷デッキは配置された地雷の数でダメージが大きく変わる。設置地雷数が6個を超えると3000ダメージを超える可能性もあるので、その前に地雷を踏むか短期決戦に持っていくなどの対策が必須。とにかくバトル中は憑代 煌の攻撃力計算だけ忘れずに行おう。

デッキの見分け方

地雷デッキのリーダーは必ず鬼川 ユイナを採用する。万が一リーダーが別のキャラでも、憑代あやめ男鹿鬼太郎を見かけたら地雷デッキを疑おう。

地雷型十八番街デッキの対策

対策1:可能な限り地雷は踏む

地雷を放置するほど憑代 煌の攻撃力が上がっていくので、HP600以上のメンバーがいる場合は地雷を踏んで処理しよう。最低でも地雷を3~4個に抑えられれば1撃で倒される可能性は低くなる。

対策2:7・10番の地雷は優先除去

7・10に設置された地雷は男鹿 拳鬼が攻撃力アップをしつつリーダー攻撃できる場所。憑代 煌と組み合わせて使われると大ダメージを受けてしまうので、地雷を除去するなら7・10番を優先しよう。

過去の十八番街のデッキの対策

攻撃力300軸十八番街の要注意キャラと対策

攻撃力300軸十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
猫磨の内弟子 猫間 司リーダー、メンバーともに採用率が高い。リーダーの場合は任意の位置に神主ニャニャコロビを配置してくる。状況に応じて対応してくるため敵がFBを使えるようになったら注意しよう。
十八番街の傾奇者 ヤジニャニャコロビの配置関係なく大ダメージを与えられる。場に敵メンバーを残してしまうと攻撃力が1000を超えることもある。
猫磨 シノブ攻撃力300のこちらから見て左サイドからの攻めが得意なメンバー。スキルが発動すると攻撃力300のニャニャコロビを呼び出す。
十八番街守護目付 無患寺むつき攻撃力とHP共に高い。火力アップのコンボに使われることは少ないが、残っているだけで脅威になる。また自身のリーダーにバリアを付与するので、デッキ耐久力も高くなる。GGGを使っている場合はポイズンが有効。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ヒスイFB→シノブ→ヤジ
※ヒスイFBキャラのダメージは加味しない
1200ダメージ
シノブ→むつき900ダメージ

瞬間火力の高いコンボは少ないが、安定して900ダメージを狙えるのでHP900切ったらほぼ負ける。十八番街はメンバーが残るほど有利な動きをされてしまうので、出来る限り盤面全処理を狙って戦おう。

デッキの見分け方

リーダーは司を採用することが多い。展開型と判別するのが難しいので、攻撃力300軸で使わない猫磨婦人や夏夜が見えるまでは展開型の対策も並行しておこなおう。

攻撃力300軸十八番街デッキの対策

対策1:HP600以上を敵リーダー横に配置

攻撃力300軸デッキは、HP600以上の相手メンバーを後手で処理しづらい。それにより先手が自陣に下がるため、こちらのリーダーは被ダメージを大幅に軽減することができる。

対角線配置が有効

十八番街は短射ブランドなので、1・12番などといった対角線配置をされると同時処理ができない。残った味方で盤面処理やリーダー攻撃できるので、長射ブランドを使うなら対角線配置をして攻撃の起点を作ろう。

最低でも自陣の敵は処理

こちらのリーダーにアーツが向いた敵を残してしまうと1000以上のダメージを受けてしまう。盤面の全処理ができずに悩んだ際は、自陣の敵を最優先で処理しておこう。

リーダー長射型十八番の要注意キャラと対策

リーダー長射型十八番の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
独楽乃りぼんリーダー時にFBで自身を長射にする。まりりんで攻撃力を上げられていると、りぼんにチェインをするだけで大ダメージを受けてしまう。
猫磨の内弟子 猫間 司半刻ニャニャコロビの連携でこちらのリーダーを攻撃しながら敵リーダーにチェインしてくる。りぼんFB後は最低でも1000以上のダメージを与えてくる。
おてんば蹴鞠姫 まりりんスキル効果でリーダーの攻撃力を100アップさせる。リーダーの攻撃力を数回上がると、敵陣に配置したキャラはHPが高くとも簡単に処理されてしまう。
高通機動隊 桜田夕子アーツ・攻撃力共に優秀なアタッカー。スキルも便利で高耐久の我武者羅に付与されると処理が難しくなってしまう。
赤備え一番槍 我武者羅手番終了毎に盤面の味方の攻撃力を200アップする。猫間スズを出せば火力が一気に400アップすることも可能。
十八幡宮の巫女 猫間スズ盤面に残り、ステータスもトークンとしては高めの神主ニャニャコロビを任意の位置に選択して出せる。盤面処理や火力向上とどんな状況でも柔軟に対処される。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
りぼんFB→猫間司→まりりん1100ダメージ

攻撃力を上げていない状態でも1100ダメージ与えられるコンボを使える。バトル中にまりりんを出した回数だけダメージが200上乗せされるので、後半までバトルが続くと1500ダメージ以上受けてしまう可能性がある。

デッキの見分け方

リーダー長射型は、独楽乃りぼんリーダーなら間違いない。また他のリーダーであってもメンバーで採用している場合があるので、敵が自陣の守りを重視していたらリーダー長射型を疑おう。

リーダー長射型十八番デッキの対策

対策1:クリーンで対策可能

リーダーの長射攻撃はJPのクレアローやフリーのサバイバーノースのクリーンで対策可能。FBを打った直後に配置すれば無効化できるので、完全な対策をするならこの2体のどちらかを連れて行こう。

対策2:素早く決着をつけよう

リーダー長射型をクリーンで対策していない場合は、敵リーダーのFB発動までにHPを一気に減らせば勝機はある。最初は相手リーダーのHPを2100付近まで減らし、次のターンでリーサル圏内まで減らすことができれば相手がFBを活用する前に決着をつけられる。

お千代入耐久十八番の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
忘郷の摺師 版 画太浪お千代デッキのUSファイター。一度でも処理ができないと手に負えない。
風車手裏剣のお千代耐久戦に必須のファイター。オバダメ、ポイズンを無効にする
都城ルリ回復用ファイター。長期戦に持ち込む時出てくる
十八番街の酒役 久保多 獺斎回復の要。画太浪と組み合わせて使うと強力

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
攻撃力300のキャラ→攻撃力300のキャラ900ダメージ
司FB→攻撃力300のキャラ→攻撃力300のキャラ1300ダメージ

高火力コンボは少ないものの、回復や特殊防御効果を駆使して堅実にダメージレースを詰めてくる。また10ターン目以降のオーバーバーストダメージを利用することが多ため、可能な限り長期戦は避けて戦いたい。

デッキの見分け方

リーダーや登場するUSから型がわからないので注意。相手が引いて守る戦いが続いた時にお千代があるかもしれないことを想定しよう!

お千代入り耐久十八番デッキの対策

対策1:敵は可能な限り全処理

敵が残ってしまうと相手の展開がさらに加速してしまう。時には敵リーダーへの攻撃をあきらめて敵の処理を徹底することも必要だ。

対策2:早い段階での決着が必要

お千代を採用しているデッキはオーバーバーストが味方に付く。なので10ターン目以降の試合展開を望まず、早めに決着をつける戦いをしよう!

対策キャラ一覧

キャラ注意点
高給メイド コスティーハニー登場スキルで敵メンバーをクリーンできる。お千代や画太浪をクリーンすることでスキル発動を阻止できるぞ。
太陽のパシスタ サンバーストHP700のファイターを確定で除去できる。HP700を複数並べられると処理しきれない場合がある。
第110番小隊 衛生兵ランGGGのファイターだが、HPが高いファイターが多い環境だと無理なく編成できる。
りょう十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
【不如帰】りょうりょう十八番街の軸となるファイター。一度に大量展開をしてくるため要注意。
お茶の娘 サイサイ長射ファイターでは触れることすらできないファイター。ステータスも高く注意。
十八番街の傾奇者 ヤジりょうで展開された後に出てきやすい。可能な限り全処理をして対応したい。
【不如帰】八郎りょうで呼び出せるファイター。味方メンバー1体にバリアを付与する。展開されると盤面が処理しづらくなる。
【不如帰】風歌りょうで呼び出せるファイター。味方リーダーのHPを200回復できる。ルリやラムなどと組み合わせるとリーサルをずらされることもある。
【不如帰】光頭院浄音りょうで呼び出せるファイター。盤面の味方メンバーのアーツを1つ増やす。浄音を2体呼び出されると、りょうが全方向アーツになる。
【不如帰】雷吾郎りょうで呼び出せるファイター。攻撃力を200上昇させる。運要素が絡むものの型にハマると大ダメージを受けることもある。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
攻撃力300のキャラ→攻撃力300のキャラ900ダメージ
司FB→りょう→ヤジ最大2600ダメージ

短射ブランドなのでこちらのリーダーを囲むように展開されやすい。自陣に味方を置くことで大きなダメージを軽減できる。

デッキの見分け方

リーダーは司やゆうぎ、ユタカなど多彩。US級以外で完全に見分けることは難しいため、確定するのはUS級が見えてからとなる。どの十八番街のタイプでも敵の処理は必須なので、処理は徹底しよう。

りょう十八番街デッキの対策

対策1:敵は可能な限り全処理

敵が残ってしまうと相手の展開がさらに加速してしまう。時には敵リーダーへの攻撃をあきらめて敵の処理を徹底することも必要だ。

対策2:8番を確保

相手の展開を阻害するため、8番は優先して確保したい。8番さえ埋めておくと大ダメージを受けることが少なく、相手の手も限られるため優先したい。

対策できるデッキ一覧

対策デッキ具体的な立ち回り
チカJPチカデッキに組み込まれているコスティーハニーは登場スキルで敵メンバーをクリーンできる。回復スキルをクリーンでき、盤面に残す動きが多い相手にUSのチカはかなり有効だ。

十八番街デッキの特徴

攻撃力アップ系のスキル持ちが多い

我武者羅や夏夜のような他メンバーの攻撃UP系や、ヤジみたいに自身の攻撃力をUPするといったスキルを持ったキャラが多い。対戦時は平均リーサルの900を超えてくることがあるのでHPには余裕をもたせよう。

味方メンバーが多ければ多いほど強力に

攻撃力アップ効果の対象が味方メンバー全員のケースが多く、場にメンバーがいればいるだけ強力になる。大量に展開したニャニャコロビの火力を上げれば、2000以上のダメージを受ける場合もある。

地雷など妨害ギミックにも注意

十八番街キャラ特有のスキルとして、地雷を場に出現させることができるキャラが存在する。地雷の上にキャラを配置するとアーツでの攻撃の前に500ダメージ受けてしまうので、低耐久なアスクリやトイを使用する場合は注意。

十八番街デッキ一覧とランキング

他のファイトリーグ攻略記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG
▶ファイトリーグ公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング!【4/19更新】
    最強デッキランキング!【4/19更新】
    1
  2. チカ・ブラック・コクーンJPのデッキレシピと立ち回り
    チカ・ブラック・コクーンJPのデッキレシピと立ち回り
    2
  3. ギャンブルアスクリのデッキレシピと立ち回り
    ギャンブルアスクリのデッキレシピと立ち回り
    3
  4. GGGの試練の解答と報酬
    GGGの試練の解答と報酬
    4
  5. GGG(青属性)のキャラ評価一覧
    GGG(青属性)のキャラ評価一覧
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中