ファイトリーグ
ファイトリーグ攻略wiki
赤(十八番街)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

【ファイトリーグ】赤(十八番街)デッキ対策!要注意キャラと立ち回り

最終更新 :

ファイトリーグにおける赤(十八番街)デッキの対策について掲載。赤(十八番街)デッキの対策をするときはここをチェック!

赤(十八番街)の対策:目次

他のブランド対策記事

十八番街(赤)デッキの特徴

攻撃力アップ系のスキル持ちが多い

我武者羅や夏夜のような他メンバーの攻撃UP系や、ヤジみたいに自身の攻撃力をUPするといったスキルを持ったキャラが多い。複数体場にいるだけで一気に火力が出るブランド。

味方メンバーが多ければ多いほど強力に

攻撃力アップ効果の対象が味方メンバー全員のケースが多く、場にメンバーがいればいるだけ強力になる。大量に展開したニャニャコロビの火力を上げれば、2000以上のダメージを受ける場合もある。

ニャニャコロビであっという間にチェインが繋がる

特定キャラのスキルでランダム出現するニャニャコロビもアーツ方向が8とどこに出てもチェインが繋がりやすい。またメンバー数に依存するスキルを発動させる際にも利用される。

地雷などの妨害ギミックも豊富

十八番街キャラ特有のスキルとして、地雷を場に出現させることができるキャラが存在する。地雷の上にキャラを配置するとアーツでの攻撃の前に500ダメージ受けてしまうので、低耐久なアスクリやトイを使用する場合は注意。

味方リーダーの回復手段が豊富

十八番街は味方リーダーの回復スキル持ちが多く、耐久しやすい。またリーダーを長射に変換したり、攻撃力を上げるキャラがいるため、自陣を固めながらこちらのリーダーを攻撃してくる展開も考えられる。

デッキレシピ一覧はこちら

展開型十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
猫磨 ゆうぎリーダー時にFBでニャニャコロビを2体展開する。相手リーダー付近にニャニャコロビが登場し、後手に夏夜のスキルが発動すると1200以上のダメージを与えられる。状況によっては2000近くのダメージが出ることもある。
十八番街の傾奇者 ヤジニャニャコロビの配置関係なく大ダメージを与えられる。場に敵メンバーを残してしまうと攻撃力が1000を超えることもある。
夏夜ニャニャコロビの強化役。敵メンバーがこちらのリーダー付近に固まれば、人数x300ダメージ受けてしまう。十八番街デッキの中でも逆転を可能にする数少ないキャラ。
赤備え一番槍 我武者羅手番終了毎に盤面の味方の攻撃力を200アップする。ターン開始時にゆうぎFBでニャニャコロビを呼び出し、先手に我武者羅を配置するだけで400ダメージアップ。強化効果が脅威となるので見かけたら必ず処理しよう。
十八幡宮の巫女 猫間スズ盤面に残り、ステータスもトークンとしては高めの神主ニャニャコロビを任意の位置に選択して出せる。盤面処理や火力向上とどんな状況でも柔軟に対処される。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ゆうぎFB→我武者羅→夏夜1800ダメージ
ゆうぎFB→猫磨婦人→夏夜1300ダメージ
ゆうぎFB→猫磨婦人→ヤジ1200ダメージ
※ヤジのみ

対策ができていないと簡単に1000を超えるダメージを与えてくる。盤面に味方が残っていれば2000以上のダメージも与えてくるので、敵リーダーのHPが2000を切ったら自陣の守りも意識しよう。

デッキの見分け方

展開型十八番街デッキは、猫磨ゆうぎリーダーが目印。稀にヒスイリーダーの時もあるので、リーダーで見分けがつかない時は猫磨婦人や夏夜で判断しよう。ちなみに十八番街xGGGタッグでゆうぎリーダーも同様のデッキを使っている可能性が高い。

展開型十八番街デッキの対策

対策1:敵FB使用時は自陣から攻撃

ゆうぎのFBはニャニャコロビをランダムに配置するので、敵陣より自陣のスペースが広くなっていると相手の攻撃チャンスを与えてしまう。長射ブランドを使う際は敵リーダーHPが2000を切ったら自陣からの攻撃も検討しよう。

対策2:中央縦ラインを埋める

ニャニャコロビを強化する夏夜は斜めアーツしかないので、中央縦ラインを埋められると味方リーダーしかチェインできない。またニャニャコロビを分断されると火力が分散することもあるので、展開型十八番街デッキを見かけたら中央縦取りを意識しよう。

地雷型十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
戦火ヲ断ツ学徒 憑代 煌展開してある地雷の数だけ攻撃力200アップ。5個配置しておくだけで攻撃力1000を超える。先手で登場すると2000以上のダメージを与えられる。
鬼川 ユイナリーダー時にFBで地雷を2個設置できる。任意のタイミングで地雷を設置できるので、憑代煌と相性が非常に良い。
男鹿 拳鬼地雷を踏むと攻撃力が500になる。憑代煌ほどではないが、高火力を発揮するので要注意。
天然危険物 矢絣 うずめ退場時に自身のマスに地雷を設置する。攻撃力が300と高いため、放置もできない。
憑代あやめ登場時に地雷を2個設置できる。憑代煌の攻撃力アップに大きく貢献できる。またこちらの行動範囲を大幅に制限されてしまう。
白百合 かおる選択スキルで任意の位置に地雷を設置してくる。こちらの展開の阻害や拳鬼でおきたい場所に地雷を設置してくるため要注意。
男鹿鬼太郎登場時に地雷を1個設置する。攻撃力も300と高めだが、HPが低いため確実に処理をしていきたい。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ユイナFB→憑代煌→男鹿拳鬼2700ダメージ
※地雷5個想定

地雷デッキは配置された地雷の数でダメージが大きく変わる。設置地雷数が6個を超えると3000ダメージを超える可能性もあるので、その前に地雷を踏むか短期決戦に持っていくなどの対策が必須。とにかくバトル中は憑代煌の攻撃力計算だけ忘れずに行おう。

デッキの見分け方

地雷デッキのリーダーは必ず鬼川 ユイナを採用する。万が一リーダーが別のキャラでも、憑代あやめ男鹿鬼太郎を見かけたら地雷デッキを疑おう。

地雷型十八番街デッキの対策

対策1:可能な限り地雷は踏む

地雷を放置するほど憑代煌の攻撃力が上がっていくので、HP600以上のメンバーがいる場合は地雷を踏んで処理しよう。最低でも地雷を3~4個に抑えられれば1撃で倒される可能性は低くなる。

対策2:7・10番の地雷は優先除去

7・10に設置された地雷は男鹿拳鬼が攻撃力アップをしつつリーダー攻撃できる場所。憑代煌と組み合わせて使われると大ダメージを受けてしまうので、地雷を除去するなら7・10番を優先しよう。

攻撃力300軸十八番街の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
猫磨の内弟子 猫間 司リーダー、メンバーともに採用率が高い。リーダーの場合は任意の位置に神主ニャニャコロビを配置してくる。状況に応じて対応してくるため敵がFBを使えるようになったら注意しよう。
十八番街の傾奇者 ヤジニャニャコロビの配置関係なく大ダメージを与えられる。場に敵メンバーを残してしまうと攻撃力が1000を超えることもある。
猫磨 シノブ攻撃力300のこちらから見て左サイドからの攻めが得意なメンバー。スキルが発動すると攻撃力300のニャニャコロビを呼び出す。
十八番街守護目付 無患寺むつき攻撃力とHP共に高い。火力アップのコンボに使われることは少ないが、残っているだけで脅威になる。また自身のリーダーにバリアを付与するので、デッキ耐久力も高くなる。GGGを使っている場合はポイズンが有効。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
ヒスイFB→シノブ→ヤジ
※ヒスイFBキャラのダメージは加味しない
1200ダメージ
シノブ→むつき900ダメージ

瞬間火力の高いコンボは少ないが、安定して900ダメージを狙えるのでHP900切ったらほぼ負ける。十八番街はメンバーが残るほど有利な動きをされてしまうので、出来る限り盤面全処理を狙って戦おう。

デッキの見分け方

リーダーは司を採用することが多い。展開型と判別するのが難しいので、攻撃力300軸で使わない猫磨婦人や夏夜が見えるまでは展開型の対策も並行しておこなおう。

攻撃力300軸十八番街デッキの対策

対策1:HP600以上を敵リーダー横に配置

攻撃力300軸デッキは、HP600以上の相手メンバーを後手で処理しづらい。それにより先手が自陣に下がるため、こちらのリーダーは被ダメージを大幅に軽減することができる。

対角線配置が有効

十八番街は短射ブランドなので、1・12番などといった対角線配置をされると同時処理ができない。残った味方で盤面処理やリーダー攻撃できるので、長射ブランドを使うなら対角線配置をして攻撃の起点を作ろう。

最低でも自陣の敵は処理

こちらのリーダーにアーツが向いた敵を残してしまうと1000以上のダメージを受けてしまう。盤面の全処理ができずに悩んだ際は、自陣の敵を最優先で処理しておこう。

リーダー長射型十八番の要注意キャラと対策

要注意キャラ一覧

キャラ注意点
独楽乃りぼんリーダー時にFBで自身を長射にする。まりりんで攻撃力を上げられていると、りぼんにチェインをするだけで大ダメージを受けてしまう。
猫磨の内弟子 猫間 司半刻ニャニャコロビの連携でこちらのリーダーを攻撃しながら敵リーダーにチェインしてくる。りぼんFB後は最低でも1000以上のダメージを与えてくる。
おてんば蹴鞠姫 まりりんスキル効果でリーダーの攻撃力を100アップさせる。リーダーの攻撃力を数回上がると、敵陣に配置したキャラはHPが高くとも簡単に処理されてしまう。
高通機動隊 桜田夕子アーツ・攻撃力共に優秀なアタッカー。スキルも便利で高耐久の我武者羅に付与されると処理が難しくなってしまう。
赤備え一番槍 我武者羅手番終了毎に盤面の味方の攻撃力を200アップする。猫間スズを出せば火力が一気に400アップすることも可能。
十八幡宮の巫女 猫間スズ盤面に残り、ステータスもトークンとしては高めの神主ニャニャコロビを任意の位置に選択して出せる。盤面処理や火力向上とどんな状況でも柔軟に対処される。

デッキのコンボとダメージ

※盤面に味方がいない事を想定しています

コンボ平均ダメージ
りぼんFB→猫間司→まりりん1100ダメージ

攻撃力を上げていない状態でも1100ダメージ与えられるコンボを使える。バトル中にまりりんを出した回数だけダメージが200上乗せされるので、後半までバトルが続くと1500ダメージ以上受けてしまう可能性がある。

デッキの見分け方

リーダー長射型は、独楽乃りぼんリーダーなら間違いない。また他のリーダーであってもメンバーで採用している場合があるので、敵が自陣の守りを重視していたらリーダー長射型を疑おう。

展開型十八番街デッキの対策

対策1:クリーンで対策可能

リーダーの長射攻撃はJPのクレアローやフリーのサバイバーノースのクリーンで対策可能。FBを打った直後に配置すれば無効化できるので、完全な対策をするならこの2体のどちらかを連れて行こう。

対策2:素早く決着をつけよう

リーダー長射型をクリーンで対策していない場合は、敵リーダーのFB発動までにHPを一気に減らせば勝機はある。最初は相手リーダーのHPを2100付近まで減らし、次のターンでリーサル圏内まで減らすことができれば相手がFBを活用する前に決着をつけられる。

赤デッキに勝つための立ち回り方

登場効果を封じると有利に戦える

十八番街の主要キャラは登場効果持ちが多い。登場効果を封じてしまえばデッキが機能しなくなるため、GGGの電脳戦士アーカイブで対策すれば有利に戦える。配置の際は可能な限り自陣に置いておくと効果を維持しやすい。

敵メンバー処理は最優先事項

十八番街が相手になった場合は、敵メンバーの処理を怠ってしまうと非常に苦しい展開になってしまう。第一に敵メンバーを残さないように立ち回ることで相手の強さを半減させることができる。

長射のキャラを多用する

十八番街デッキには長射のキャラがほとんどおらず、チェインを繋ぐにはターン数が必要になる。チェインが繋がる前に長射のキャラを使ってまとめて処理することができれば、赤のアドバンテージのほとんどを無効化できる。

他のファイトリーグ攻略記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

最新情報

ランキング情報

デッキ情報

ブランド別デッキランキング

最新ファイター情報

ファイター(キャラ)一覧

レアリティ別一覧

ブランド別一覧

ファイトリーグバトル攻略

ファイトリーグ攻略情報

ブランド別のデッキ対策

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中