ファイトリーグ
ファイトリーグ攻略wiki
デッキの組み方とコツ

デッキの組み方とコツ

最終更新 :

ファイトリーグにおけるデッキの組み方を解説。デッキ編成時の注意点なども掲載しているので、ファイトリーグでデッキを組む際はここをチェック!

目次

他のファイトリーグ攻略記事

デッキとは

バトルする際に使用するパーティ

バトルする際に自分が使用するファイターたち10体を編成したものがデッキになる。デッキの組み方次第で、バトルの戦略が決まる重要な要素なので慎重に編成しよう。

ホーム画面の「ファイター」から編成

デッキを編成する際は、ホーム画面の「ファイター」から「チーム編成」をタップすることでデッキを編成することができる。新規作成する場合はチーム編成画面右下の「新規チーム作成」をタップしよう。

スポンサーリンク

デッキを組む時の注意点

US級キャラをなるべくリーダーにしない

US級キャラをリーダーにしてしまうと、せっかくの高いステータスや強いスキルが活かせなくなってしまう。デッキ編成時はUS級キャラをリーダーにするのはなるべく避けておこう。

アーツの方向が偏らないように注意

▲画面右上でデッキのアーツ数を確認できる。

デッキ内でアーツの方向が偏ってしまうと、特定の方向に攻撃ができなかったり、配置が限られてしまう。なるべく多くの選択肢を持つためにも、デッキ内のアーツの方向が偏らないように編成しよう。

おすすめのデッキの組み方

キャラ同士の組み合わせを考える

例えば味方キャラがいるほど攻撃力があがるキャラを出す際、味方を増やすことが出来るキャラを前ターンで出しておけば、より攻撃力を上げることが出来る。このように、キャラ同士の効果の組み合わせを考えていくことで、より強力なデッキを組むことが出来る。

ブランドごとの特徴を把握する

ブランドごとに、キャラの効果にも特徴がある。その特徴を把握しておくと、タッグを組んでバトルをする際に相性のいい組み合わせを使うこともできるようになる。

ブランドごとの特徴

ブランド特徴
十八番街全体的にステータスのバランスがいいキャラが多い。キャラの効果は味方メンバーへの攻撃UPや、バリアなど付与効果が多め。
GGG長射のキャラが多く、チェインがつなぎやすい。攻撃範囲が広いキャラが多いため、「攻撃範囲内の〜」という効果が活かしやすい。
アスクリ短射のキャラが多く、チェインはつなぎにくい。キャラそれぞれの攻撃力が高く、攻撃特化のブランド。
ジャスプロ攻撃方向が広いキャラが多く、チェインしやすい。キャラごとのHPが高め。
トイズ長射のキャラが多いブランド。「退場」を活かすことでバトルを展開するトリッキーなブランド。

他のファイトリーグ攻略記事

この記事を読んだ人におすすめ

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

ランキング情報

リセマラ情報

デッキ情報

単色デッキ

複色デッキ

ブランド別のデッキ対策

新キャラ情報

ファイター(キャラ)一覧

レアリティ別一覧

ブランド別一覧

ファイトリーグバトル攻略

イベント攻略

ファイト7・リーグ

ファイトリーグ攻略情報

ファイトリーグ掲示板

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中