ファイトリーグ
ファイトリーグ最速攻略
トップリーガーズアリーナクライマックス情報と優勝デッキ
【ファイトリーグ】トップリーガーズアリーナクライマックス情報と優勝デッキ

【ファイトリーグ】トップリーガーズアリーナクライマックス情報と優勝デッキ

最終更新 : ファイトリーグ攻略班
おすすめの関連記事

招待制の公式大会「TOP LEAGUERS ARENA CLIMAX 」のまとめ記事です。大会でのルールや概要を記しているので、調べる際の参考にしてください。

目次

TLACヘッドライン情報まとめはこちら

大会情報と傾向

大会情報とルール

開催日時2019年5/25(土)
開催場所都内某所
公式配信先TLAC生放送アーカイブはこちら

大会人数過去最多!大型アップデート実装後に初めて開催される大会で、新要素のHPボーナスや変更されたシャッフルシステムが適用され、今まで以上に知恵と経験が重要になる戦いとなった。

大会参加人数とルール

ソロの大会参加人数とルール

予選決勝
トーナメント
参加人数57人16人
マッチ形式Bo1
5戦実施
Bo3
1デッキBAN
対戦方式勝率上位16人が
決勝進出
トーナメント戦

タッグの大会参加人数とルール

予選決勝
トーナメント
参加人数22組8組
マッチ形式Bo1
4戦実施
Bo3
1デッキBAN
対戦方式勝率上位8組が
決勝進出
トーナメント戦

戦術思考の高い大会

今大会は流行りのデッキを作ってセオリーの動きを再現するだけでなく、ブランド対策キャラの採用や、各ブランド毎に意識した配置や攻めのパターンを用意するといった動きも見受けられた。

過去5大会には無いデッキ編成術

実際に使える3デッキの中でも、決勝トーナメントを想定するデッキや予選を勝ち上がるためのデッキを用意してきたというプレイヤーが大多数!大会としてのレベルも上がり、勝ち上がることが難しい大会となった。

全てにおいてハイレベルが求められる

配置や構築だけでなく、ジャンケンからの読み合いや緊張というプレッシャーに見事打ち勝つことが必要。ゲームをプレイする要素以外でも追求しなければ勝てない、それがTLACだ!

優勝者情報

ソロ優勝はじゃみさん!

写真提供:XFLAG

ソロで優勝したのはじゃみさん。決勝では1クリティカルで負けという場面を耐え、優勝を掴み取った。鉄人になった唯一のタッグの1人でもあり、今回の優勝によってソロ・タッグ共に公式タイトル所持者となった。

じゃみさんのコメント

時間が経つほど実感が湧いてくる

TLACを終えて数日経ち、ようやく優勝した実感が湧いてきました。本当に色んな人への感謝の気持ちしかないです!

優勝してもまだまだ追求できる

配信のアーカイブを見直すと、ミスも沢山あったしもっと強気な択通すべきところもありました。この反省を糧にして今後も精進していきます。

大会に向け意識したこと

デッキ構築

先攻で使うブランド、後攻で使うブランド、両方に対応できる万能なブランド・デッキを考え準備していきました!ちょっとずるいですが、ピリオド48でパートナーが使用しているデッキをスクリーンショットしまくって考察したりもしましたw

ルール考察

TLACの決勝トーナメントでは相手のブランドを1つBANするルールがあったので、この組み合わせならこれをBANしようなどとあらかじめ考えていました。

準備期間で使っていく中で、自分の持ち込んだデッキがGGG(バイスDDDが多いと予想したうえ)に不利対面取ることが多かったので、基本的にはGGGをBANすることを考え次点でアスクリ・JPのBANを考慮していました。

じゃんけん考察

試合の先攻・後攻をあらかじめじゃんけんで決めるルールがあったので、一応じゃんけんの心理的なものも調べていきました。

結果じゃんけんは一回しか勝てなかったので、全く意味なかったです!w

予選とBo3に使用したデッキレシピ

バイスGGGデッキの詳細はこちら

バイスGGG

1番好きなブランドで絶対にGGGを持っていこうと決めていました。後攻メインで使用する事を考え、ドリー・ランドリンの登場により威力が増したジェネラル・バイス軸のデッキを採用しています。

序盤はこちらから見て8番を軸に高HPを強みとした盤面形成を行い後半一気に畳み掛けることを意識していました。盤面が作れず厳しい状況でも瞬間火力で捲れるよう、デスペラート・ドン・タコスを加えています!

レオナアスクリデッキの詳細はこちら

レオナアスクリ

先攻メインでは火力で押し切りやすいアスリートクリーチャーズを使用する事を考え、その中でもデッキの総HPが高く組みやすくスキルも優秀なレオナ軸のデッキを採用しました。

攻めと守りの判断が難しい場面も多々ありますが、レオナリザルドが決まればATK1200〜2000まで見込めて強力です!

バーンクレアJPデッキの詳細はこちら

バーンクレアJP

先攻・後攻かかわらず万能に動けるSCクレア・ロー軸のデッキを採用しました。

対単射相手には攻撃のラインを上げることができ、ジェネラル・バイスの様な高HPで盤面を形成していくデッキも崩しやすく、相手の持込みブランドに合わせて対応しやすいデッキです!

優勝後の感想

決勝トーナメントでは尋常じゃないくらい緊張してしまってミスもありましたが、応援してくれた方達のお陰で優勝勝ち取ることがでしました!

決勝でのけんたくんとの試合は本当に楽しかったししびれました!!改めて皆様本当にありがとうございました!!!!

タッグはHaru*&Glorianaペア!

写真提供:XFLAG

タッグで優勝したのはHaru*&Glorianaのペア。決勝戦では相手に1戦目を取られてしまったが、そこから巻き返すように2連勝して優勝を掴み取った。ピリオド39で1位になった他に、数多くのTOP10入りを果たしてきた実力派のタッグ。

Haru*&Glorianaさんのコメント

大会を振り返って

準備期間が短く不安だったものの、終始自分たちの目指してた「心をなくすファイトリーグ」が出来ました。予選では初戦から引き分け、負けと続きましたが逆に開き直ることができたので、結果的に良かったと感じています。

じゃんけんも重要と聞き、練習して挑んだところ全勝できたのも良かった点だと思っています。

当日はファイトリーガー達が優しかったり、2人で互いにビンタしあったり、昼休憩時に散歩ができたので緊張感はありませんでした。決勝は初戦落としましたが、次勝てると思ってたので動揺はありませんでした。

デッキと戦略について

予選では持ってきたデッキを全部使用し、決勝に向けての準備として使用感を試せました。決勝トーナメントでは、JP以外で相手の1番得意だと思うデッキを必ずBANすることが勝利に繋がったと感じています。

パッカを置いてしまって負けた試合もありましたがプレイミスはなかったと思います。対戦中はぐりちゃんがミスった時は支えて、僕が判断を間違えそうな時は助けるといった2人の支え合いも重要だったと思います。

心に残る試合

なるびーはちさんとの初戦で、自分たちHP500ぐらい、相手はHP1500+プロテクター200からSC後ルートルからのエージェントJ9で1700リーサルを取ったところが印象に残っています。

大会に向け意識したこと

ブランドキラーを用意!

JPが間違いなく多い環境で、次点でアスクリ・十八番と続く思ったため、持っていった全デッキにおいてJPに負けない構築を作りました。

パートナーを信じアグレッシブに!

ぐりちゃんのプレイスキルが1番だと信じて戦ったことです。あくまで自分たちは挑戦者なので、常に攻めるという気持ちを持って戦いました。

常にパートナーのことを思いやる気持ち

緊張しないように試合中も話し続けました。じゃんけんや相手デッキの予想は全部自分がやって、少しでもぐりちゃんに試合に専念してもらうこと。の5点です。

予選とBo3に使用したデッキレシピ

アスクリGGGデッキの詳細はこちら

アスクリGGG

処理よりも火力で押すデッキですね。普通のアスクリGGGと違う所としては、HP影響度を加味してクロームではなくシャオロンを使ってます。

アスクリ側の長射メタのハシビロウ、JPメタのスタ後ルートル、十八番メタのライジングブルと優秀なメタキャラが多く処理しにくい+強いキャラが多いです。 パッカを入れてありますが、正直いらないです。( パッカ出して2敗しました笑)

亀田ゴリアテはアーツと火力で採用し、ボルケレオナは8,9,12に置いても腐らないから採用です。GGGに関しては変則的です。

JPとさくやメタの ランちゃんとポイズンばかり入ってるのでまともに処理できません。後攻で10,12に置かれたら基本アスクリ5GGG8において縦埋めで盤面作って殴り勝つということを意識して作りました。

あっ ランちゃんは一回も使いませんでしたね…笑

十八番十八番デッキの詳細はこちら

十八番十八番

後攻取れたら1/2で絶対勝てる構築をイメージしました。基本的には見せデッキで使う予定はなかったのですが、BO3ということで急遽作りました。

画太浪からの後手獺斎シノブ我武者羅ねるさくやお千代と6体出していけたらかなり強いと思っているので早いうちに画太浪を引くことさえできればかなり優勢かと思い作りました。

そのため、1/2では負けるが1/2で勝てると思って作りました。決勝では良いところに我武者羅を引けたのでよかったです。

アスクリJPデッキの詳細はこちら

アスクリJP

本命デッキですね、はい。負けなしでした。さっきのアスクリとボルケヘッジに変わっただけですが800のキャラクターを10に置かれてもヘッジの200とエアリーサドの600で処理できるので安定感がとても高いです。

火力の高さをアスクリが持っていて、後手JPの処理能力をフル活用するイメージで、パッカからの後手FBで一方的な回復と相手に回復をさせないというハメもできるという凶悪なデッキです。

JPのマニー・ギルはマスコットとHP要素を担っていて、エージェントJ9は8に置いて邪魔したり火力源になったりぐりちゃんの好きな火力寄りのデッキなのが面白いかもしれませんね。

後手リーダーのヴィラン川崎Booonと迷いましたがHP影響度がヴィランの方が100高く、700と600(HP影響度100を含む)になって100しか変わらないのに400もメンバーにダメージ出せるのでヴィランを採用してます。

おかげで1勝できた試合がありましたね。それにしても強すぎてほんとオススメのデッキですね〜笑

優勝後の感想

優勝した瞬間はそらうみんさんやわんわんさんなどファイトリーガーが盛り上がっててやっと実感が湧きました。頑張って良かったと思いました。

予選〜決勝までの情報

予選は2つのグループに分かれて対戦

写真提供:XFLAG

今回の予選ではソロタッグどちらもグループ予選があり、上位者が決勝トーナメントに進出できるというルールが適用。戦う側の緊張と待つ側の緊張が合わさり、会場は緊迫した雰囲気に!

予選から優勝候補のぶつかり合い!

写真提供:XFLAG

過去5回の大会では見受けれない、予選からハイグレードな戦いが多くあり、マッチングの組み合わせが発表されるごとに会場からはどよめきが!

決勝トーナメントの組み合わせ決定!

ソロの死闘を制した16名

ソロでは予選の人数が多く、勝ち上がるのが難しい中で16名が決定!新旧プレイヤーが入り交じる結果となり、大会コンセプトの1つでもある「新旧の実力を決める戦い」となった。

タッグは8組が決勝トーナメントへ!

タッグではピリオド上位に名を連ねるトップリーガー達が決勝トーナメントに進出。トーナメント初戦からどの試合も激戦に!

決勝トーナメントの生放送はこちら!

決勝戦情報

ソロ決勝戦のマッチングと結果

写真提供:XFLAG

マッチじゃみさん
GGG・JP
けんたくん
十八番・JP
結果2勝1敗で、じゃみさんの勝利

ソロ最強を決める決勝戦ではファイトの鉄人で見事鉄人に輝いたじゃみさんと、TLAC参加選考基準1位通過のけんたくんの戦い。トップリーガー同士の戦いに会場のボルテージはまさにCLIMAXとなった!

1戦目GGGVS十八番街

じゃみさんは序盤に上手くランドリンを出すことに成功する。対するけんたくんはお千代でスキルダメージを無効にする堅実な配置をするも、盤面に残ったヒーリングを起点にじゃみさんが2500ダメージコンボを決め、見事1本目を先取した。

2戦目JPVS十八番街

2戦目は10ターンまでもつれ込む大混戦。味方ファイターを残したいじゃみさんだったが、的確な処理で序盤から常に相手を処理して自分のペースを取り続けたけんたくんが2本目を制した。

3戦目JPVSJP

運命の第3戦!同じコンセプトデッキの対決となり、激しい攻防が繰り広げられる。終盤けんたくんが相手の処理が上手くできないことを悟り、一気に勝負へ出るも100ダメージ削りきれず、じゃみさんに軍配があがった。

タッグ決勝戦のマッチングと結果

写真提供:XFLAG

マッチHaru*&Gloriana
十八番街&十八番街・アスクリ&GGG
ゆ&すーさん
アスクリ&GGG・十八番街&GGG
結果2勝1敗で、Haru*&Glorianaの勝利

タッグでは男女コンビのHaru*&Glorianaと予選全勝通過のゆ&すーさんコンビの戦い。試合前は両者笑顔で話してプレイは真剣という、現在のファイトリーグを象徴するような決勝戦だった。

1戦目十八十八VSアスクリGGG

守りを整えて行きたいHaru*&Glorianaに対し、しっかりと処理をするゆ&すーさんタッグの序盤。先手にアスクリを構えるゆ&すーさんが打点の高さで差をつけ、見事1本目を制した。

2戦目十八十八VS十八GGG

2戦目は早い段階から試合が動く。序盤にHaru*&Glorianaの画太浪我武者羅コンボが決まり盤面を制圧できたことにより、その優位を最後まで維持。見事最終戦へと望みを繋げた。

3戦目アスクリGGGVS十八GGG

3戦目では序盤スズをゆ&すーさん側は出す事に成功したが。唯一といっていい返しの手シャオロンで見事全処理!同時に出していたライジングブルが起点となり、見事Haru*&Glorianaが優勝を勝ち取った!

大会ブースのイベント写真や動画

ユーザー投稿のTLAC動画

こちらでは実際にTLACへ参加したユーザーが大会を振り返る形で記録した動画。会場の雰囲気や各々の盛り上がったポイントなどが見れるので、こちらもチェックしよう!

大会恒例のファイターパネル

今回大会は、ファイトロードUSやスタチェンが実装された2代目USなどが展示されていた。

今回はアニメのパネルも登場!

キャラパネルの中には、アニメ仕様のフリックコマンダーPH-1も展示されていた。

お食事はたこ焼きとトルティーヤ

写真提供:XFLAG

会場では、たこ焼きとトルティーヤが振る舞われた。飲食物の持ち込みも可能で、プレイヤー達が食事を楽しむ姿も見受けられた。

会場を盛り上げた銀だこ賞

大会中に会場を盛り上げた選手には、銀だこ無料交換チケットも配布された。

優勝予想の投票も!

当日はTLA仕様の缶バッジも用意されており、優勝予想で的中するとランダムで入手できた。缶バッジの中にはアシダJr.さんのイラストも用意されおり、本人曰く1番の当たりと豪語していた。

写真提供:XFLAG

ファイトリーグ他の攻略記事

全デッキレシピ一覧

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]XFLAG
▶ファイトリーグ公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング!【6/17更新】
    最強デッキランキング!【6/17更新】
    1
  2. 猫磨とりの十八番街のデッキレシピと立ち回り
    猫磨とりの十八番街のデッキレシピと立ち回り
    2
  3. クイーントイのデッキレシピと立ち回り
    クイーントイのデッキレシピと立ち回り
    3
  4. トイアスのデッキレシピと立ち回り
    トイアスのデッキレシピと立ち回り
    4
  5. 美硝年(美少年)トイズのデッキレシピと立ち回り
    美硝年(美少年)トイズのデッキレシピと立ち回り
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中