FGO
FGO攻略wiki
優先度別おすすめのスキル上げ(アサシン編)

【FGO】優先度別おすすめのスキル上げ(アサシン編)

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
ぐだぐだ帝都聖杯奇譚の攻略情報をまとめて掲載中!

FGO(Fate/Grand Order)のおすすめのスキル上げを優先度別にまとめて掲載!アサシンでどのスキルを上げるべきか、どこまでスキルを上げるべきかの育成方針を決める参考にどうぞ!

目次

その他クラスのスキル優先度はこちら
セイバー アーチャー ランサー
ライダー キャスター アサシン
バーサーカー エクストラ

アサシンのスキル上げ優先度

各スキル育成のステップについて

Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。
中の人Bあくまで目指して頂きたいのはStep3となっております。こちら伝わりにくい部分にもなっておりますのでデザインの変更を検討中。しばしお待ちください。

星5アサシンのおすすめスキル上げ

星5 タップで優先度に移動します

ジャックのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
宝具ダメージを優先する場合はスキル1。道中のサポート性能の高さを活かす場合はスキル3となる。
【Step2】
Lv.4 Lv.1 Lv.6
続いてもスキル3と1。スキル3はLv6でCT5と再使用しやすくなる。ダメージを優先する場合はスキル1となる。スキル2の強化解除効果はLvを問わず有効なので後回しでもよい。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.9
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3はLv10で最短CT4と繰り返し使用しやすくなるが、効果量を上げるだけでも役に立つ。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。高難易度で使用する場合、スキル1と2もCT短縮の恩恵が大きい。しかし基本性能の高さからそこまでしなくても多くの高難易度クエストを突破できる。
ジャックの評価と再臨素材はこちら

ヒロインXのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキル2。通常スター獲得系スキルはLvを上げないと使用しづらいが、Lv1から十分な効果量がある。可能な限り上げたい。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.1
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。続いてスキル2を再使用まで短くなるLv6を目標にしたい。スキル1は成功率が上がるものの、再使用しづらくLv10でも確定しないので余裕があればで問題ない。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.4
スキル2を伝承使用できると最短CT5の無敵スキルとなり、ジャックとカード構成以外でも大きな差別化ができる。スター獲得と無敵のどちらでも使用しやすくなるのも大きなメリット。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.9
このサーヴァントの理想形。スキル3は混成クエストでも使用する際はメリットとなるが優先度は低め。スキル1は余裕があれば可能な限り確率を上げておきたい。
ヒロインXの評価と再臨素材はこちら

酒呑童子のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
まずはスキル1と2。いずれも自身のATKの高さや、サポーターとしての役割を活かせる。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.1
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。特にスキル2はLv6の恩恵が大きい。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。スキル1は再使用しづらいので効果量を目当てにLv6の区切りを気にせず上げていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.4
スキル1と3はダメージに繋がるので余裕があれば育成し続けたい。スキル3を育成する場合がHP2100回復となり、固定ダメージ対策の区切りとなるLv7が目標となるが後回しでよい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.7
このサーヴァントの理想形。スキル1と2のどちらかに伝承結晶を使用する場合は、CT短縮の効果が大きいスキル2を優先する。恩恵は大きいが、相対的にみると伝承結晶を優先しづらい。
酒呑童子の評価と再臨素材はこちら

クレオパトラのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はないがどのスキルも優秀。少し上げるのであればスキル1と3。スキル1が失敗しても回復量を増やせ、スキル3のスター獲得量増加でクリティカルを狙いやすくなる。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.6
続いてもスキル2。スキルLv6になると再使用までが短くなり、試行回数を増やせる。スター獲得量が増えるスキル3と、NPを貯めやすくなるスキル2も並行していく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。いずれのスキルも再使用が自身の生存や、大量NP獲得に繋がる。生存を優先する場合はスキル1、確実なクリティカルを優先する場合はスキル3など目的に応じて上げ続けると◎。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。ここまで育成しなくても高難易度でも周回でも活躍できるが、敵がライダーの高難易度クエストはキャスターに頼りづらい。伝承結晶3つの使用となるが、自身だけでも戦いやすくなる恩恵は大きいので伝承結晶を優先する価値がある。
クレオパトラの評価と再臨素材はこちら

山の翁のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。スキル3は使用しなくても即死耐性のない敵であれば宝具使用だけで即死が確定し、Lv1でもOC3で若干の即死耐性であれば確定する。余裕があれば自身の宝具やBusterのダメージを伸ばすためにスキル2と3を並行して上げていく。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1と2がLv6になりCT短縮できればマスター礼装「アトラス院」の併用でスキル1の2回使用も狙いやすくなる。スキル3は1ターンのダメージを重視する場合は最優先となるが、2〜3ターン生存が伸びた総合計ダメージを考えると優先順位はやや下がる。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.6
全てのスキルをLv6にしてCT短縮できた後は、生存を優先する場合はスキル1と2を並行して伸ばしていく。即死を優先する場合は、スキル3のLv10を目指す。OC1でも若干の即死耐性を持つ敵への即死が確定する。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。ここまで育成しなくても活躍できるが、敵がライダーの高難易度クエストはキャスターに頼りづらい。伝承結晶3つの使用となるが、自身だけでも戦いやすくなる恩恵は大きいので伝承結晶を優先する価値がある。
山の翁の評価と再臨素材はこちら

刑部姫のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
求める役割によって育成方針が変わる。基本的にはスキルLv上げであれば自身の生存に繋がるスキル1と、スキル2でNP付与とスター発生率アップの効果量を伸ばしておく。スキル1と2は運用次第では一気にLv10まで上げてしまいたい。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
続いてもスキル1と2。スキルLv6になると再使用までが短くなる。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。並行してスキル3も上げるとダメージを効率よく伸ばせる。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.6
いずれも最短CT5の3ターン効果とLv10の恩恵が大きいので、自身だけで敵宝具対策を行いたい場合はスキル1。NP付与を20%の区切りにしたい場合はスキル2。ダメージや強化解除の頻度を優先する場合はスキル3を優先する。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。他のサーヴァントに比べて伝承結晶を優先する必要はないが、現状Quick系サポーターとしては最高峰。Quick系サーヴァントの使用頻度が高い場合は伝承結晶を検討したい。
刑部姫の評価と再臨素材はこちら

セミラミスのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。スキル1はLv1でもNP20%チャージが可能。何か1つを少しだけ上げる場合はスキル3を優先する。3ターン有効なので、スキルLv上げの恩恵が大きい。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
スキルLv6まで上げる場合は運用にあわせてスキル1か2を優先する。スキル1はLv6でNP25%チャージとなり最大開放の虚数魔術で即宝具が可能。スキル2はLv6で、9ターンの戦闘であれば6ターン効果を得られる。スキル3は余裕があれば効果量を目当てにLvの区切りを気にせず上げていく。
【Step3】
Lv.10 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。各Lv6でも十分だが、どれか1つ上げる場合はスキル1がおすすめ。Lv10でNP30%チャージとなり運用が変わる。スキル2や3もCT減の恩恵は大きい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。Arts3枚あるので高難易度であってもここまで育成しなくても活躍できる。そのため優先度はやや下がるが、いずれもCT短縮の恩恵は大きい。
セミラミスの評価と再臨素材はこちら

星4アサシンのおすすめスキル上げ

星4 タップで優先度に移動します

ステンノのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.6
基本的に〔神性〕へのサポーターとなるのでスキル3は最優先。スキルLv6になると再使用までが短くなる。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.9
続いてもスキル3。少しでも効果を伸ばしたい。スキル1と2は確率となる。余裕があり、対男性戦も考慮する場合はスキル2を優先しつつ上げていきたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.4 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。3ターン有効な最短CT5のスキルは伝承結晶の恩恵が大きい。基本的には〔神性〕へのスキル3が採用理由となるので目指したい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。★3エウリュアレなどと組んだ対男性への拘束が可能となる。しかしここまで育成しなくても運用面では困らないので、相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。
ステンノの評価と再臨素材はこちら

カーミラのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.3 Lv.1 Lv.1
まずはスキル1。チャージ減の確率を上げ、約20%のNP獲得で1ターン目の宝具使用が狙える。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.6
スキル3は自身の不足するスター獲得を補える重要スキル。スキルLvをある程度上げないと効果を実感しづらいのでCTの縮まるLv6を目標に一気にあげたい。
【Step3】
Lv.8 Lv.6 Lv.9
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1はLv8でNP約25%となり1ターン目からの宝具使用が狙える。スキル3はカーミラを使用し続けるのであれば10まで上げてしまいたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.9 Lv.10
このサーヴァントの理想形。カーミラをサポーターとする場合はスキル2をLv10にする恩恵は大きいが、基本的にはアタッカーとなる。その場合は宝具効果で攻撃力アップの効果があるので優先度はやや下がる。
カーミラの評価と再臨素材はこちら

両儀式(殺)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、まずはスキル1。自身の宝具ダメージや即死を成功しやすくできる。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.4
とりあえずの目標。クリティカルを狙いやすいのでダメージを伸ばせるスキル2。宝具AA後での宝具再使用を狙いやすくするためにスキル3の育成も有効。上げやすいLv4までは揃えたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。NPチャージは25%となり、再使用もしやすくなる1つの区切りとなる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。全スキルが非常に優秀でCT短縮の恩恵も大きい。NP30%を優先する場合はスキル3。クリティカルを優先する場合はスキル2。即死の場合はスキル1となるが、相対的にみると伝承結晶を優先するほどではない。
両儀式(殺)の評価と再臨素材はこちら

エミヤ(殺)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はないがどのスキルも優秀。まずはスキル3。クリティカルの為のスターを増やせる。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.6
スキルLv6になった際の恩恵が大きいのはスキル3。自身の特徴であるスキルを繰り返し使用しやすくなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3はスキルLv10でターゲット集中とスター獲得の両方の効果で使用しやすくなる。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1と2のどちらかに伝承結晶を使用する場合は、宝具使用時のダメージやNP獲得とクリティカルを多く狙うかの運用面で選ぶ。どちらも恩恵は大きいが、スキル3に比べると優先度は大きく下がる。
エミヤ(殺)の評価と再臨素材はこちら

水着スカサハのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はないが、まずはスキル3。宝具のダメージやスター獲得量を伸ばせる。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.4
続いてはスキル1と2。自身の宝具を2waveに使用して3ターン目にクリティカルを狙う場合、スキル1はダメージに直結する。スキル2はスキル1使用時や使用後に自身の生存を助ける効果があるので、宝具以外も使用する場合は忘れずに育成する。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。基本的にはスキル3を優先する。スキル1のCT短縮ができるとよりダメージを受ける機会が増えるのでスキル2の育成も重要となるが、反撃を受けない際は育成の必要はない。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。被ダメージでのNP獲得からの宝具使用がより狙いやすくなる。ここまで育成をすすめて伝承結晶を優先する必要はないが、意味はある。
水着スカサハの評価と再臨素材はこちら

新宿のアサシンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、スキル3はLv1から効果量が大きい。余裕があれば少しでも育成したい。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.6
続いてもスキル3。スキル3はLv6で使い勝手が上がる。スキル1と2も確率が絡む要素に影響を与えるので余裕があれば少しずつ上げていきたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。他のサーヴァントに比べて伝承結晶を優先する必要はないが、スキル3のCT短縮の恩恵は大きい。使い続けるのであれば伝承結晶を検討したい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。効果量の低さから通常は優先度が下がるスキル2に関しても、自身のQuickでのスター稼ぎを重視する場合はCT短縮と効果量アップ目的で選択肢となる。
新宿のアサシンの評価と再臨素材はこちら

不夜城のアサシンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.4
いずれのスキルもLv上げが重要。Quick性能アップのサポーターとして採用する場合はスキル3をLv10まで最優先する。スキル2も自身の生存につながるので少しでも上げていく。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.6
2枚のBusterを持つアサシンのアタッカーとして採用した場合はスキル2を優先してLv6〜Lv10にする。スキル2の試行回数を増やせる。スキル3も攻撃力アップとだけみても優秀。スキル1も余裕があれば上げていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。全てのスキルがCT6の3ターン効果なのでLv6にする恩恵が非常に大きい。スキル2があることでスキル再使用まで耐えやすくなり、等倍相手にもカードを選びやすくなる。余裕があれば少しでもスキル2を上げておきたい。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。他のサーヴァントに比べて伝承結晶を優先する必要はないが、使い続けるのであれば伝承結晶を検討したい。
不夜城のアサシンの評価と再臨素材はこちら

水着ニトクリスのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
スキルLvを上げることで自身の生存を狙いやすくなる。まずはターゲット集中時のダメージを減らせるスキル1と2を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
スキル2をLv6にすることで、同時使用する機会の多いスキル3とCTが揃うので優先する。そこまで生き残るためにスキル1もLv6を目指す。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。Lv6に揃えた後はCTを揃えるためにスキル3のLv10や、あと1ターンの生存を目指してスキル1と2と不足に感じた要素を上げていく。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。他のサーヴァントに比べて伝承結晶を優先する必要はないが、使い続けるのであれば伝承結晶を検討したい。
水着ニトクリスの評価と再臨素材はこちら

アサシンパライソのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。スキル1はLv10で弱体耐性のない相手へ確定となるが、Lv1でも成功率は非常に高い。スキル2と3を上げると宝具を使用しやすくなるので少しずつでも上げておく。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.6
スキル2とLv6になるとCT6の3ターン有効なスキルとなるので効率的。またスキル3はLv6でNP20%チャージとなり即宝具も狙いやすくなる。スキル1をLv10まで一気に挙げられる場合は最優先するが、そうでない場合は後回しでもOK。
【Step3】
Lv.10 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル封印と宝具封印を連発する自身の役割をこなしやすくなる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。ここまでLvを上げなくても活躍できるので他のサーヴァントに比べて伝承結晶を優先する必要はないが、いずれもCT短縮の恩恵は大きい。使用し続ける場合は伝承結晶を検討したい。
アサシンパライソの評価と再臨素材はこちら

加藤段蔵のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。少しのスキルLv上げであればスター発生の確率とダメージに絡むスキル1を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.1
続いてもスキル1。スキルLv6になると再使用までが短くなる。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。スキル2と3もスター発生率アップの倍率が上昇するので、余裕があれば少しだけ上げておく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル2と3のCT短縮できると1ターン目から使用しやすくなる。どちらかであれば必中対策にもなるスキル3を優先する。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル2と3が最短CT6となる。敵クラスによっては宝具封印やチャージ減なども活用する必要があるが、敵宝具対策としての活用の幅が広がる。スキル1も最短CT5の3ターン効果となり、より自身のカードを選びやすくなる。ここまでLvを上げなくても活躍できるが、使用し続ける場合は伝承結晶を検討したい。
加藤段蔵の評価と再臨素材はこちら

星1-3アサシンのおすすめスキル上げ

星1-3 タップで優先度に移動します

荊軻のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
宝具ダメージのみを優先する場合はスキル3のみを上げることになるが、スキル1もおすすめ。通常のスター獲得系スキルはある程度Lvを上げないと効果は発揮しづらいが、宝具効果とQチェインの狙いやすさから少しのLv上げでも役に立つ。。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。宝具使用後には30個のスター獲得。Qチェインもできれば40個以上となり、スター集中度アップの効果があっても味方全体へスターが行き渡りやすい。スキル2は上げても効果量が少なく優先度は低い。
【Step3】
Lv.9 Lv.4 Lv.6
より多くのスター獲得や、自身の宝具ダメージを求める場合はスキル1と3を更に上げ続けていく。
【Step4】
Lv.9 Lv.6 Lv.9
最短CT5と短めなので、2回目のスキル使用が間に合いやすくなる伝承結晶の価値はある。しかし運用としてもステータスの低さから場に居座る必然性はなく、聖杯を使用していない場合は伝承結晶を優先する必要はない。
荊軻の評価と再臨素材はこちら

ジキルのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.5 Lv.1
ジキルとして使用するか、ハイドも視野に入れるかで育成方針が変わる。ハイドを視野に入れる際は、スキル2をLv5まで育てると対魔力EXでもほぼスタン付与が確定する。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
ジキルとして使用する場合はスキル1と3をLv6まで目指して基礎ダメージ上昇を狙う。ジキル時のスキル2に関しては味方からの弱体耐性ダウン付与がなければ低確率スキルなので優先度が大きく下がる。ハイド使用時は自身ではクリティカルは狙いづらいので、大量スターのサポートがなければスキル3の優先度が大きく下がる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
各スキルLv6であればジキルとしてもハイドとしても使用しやすくなる。ジキルでもハイドでも攻撃力アップは腐りづらいので、更に育成する場合はスキル1を優先する。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。ジキル時の通常攻撃のダメージを底上げし、ハイド時のクリティカルダメージを大きく伸ばせる。またスタン付与のCT短縮は再使用しづらいものの、HPが高めなハイドの生存にも繋がる。しかしステータスの低さから、相対的に見ると伝承結晶は優先しづらい。
ジキルの評価と再臨素材はこちら

百貌のハサンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないがどのスキルも優秀。まずはスキル1と3。NPを貯めやすく、HP回復量を増やせる。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。どれか1つをLv6にする際はスキル2を優先する。仮想敵となるライダーやバーサーカーの宝具を避けやすくなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.9
いずれのスキルもCT短縮の恩恵は大きい。特にスキル3はLv6以降も生存につながりやすい。とはいえここまで育成しなくても十分に活躍できる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。対ライダー戦の高難易度に苦戦する場合はスキル2と3の伝承結晶使用がおすすめ。回避のCTの短さと高めの回復を活かせる。
百貌のハサンの評価と再臨素材はこちら

風魔小太郎のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はない。弱体付与を行う予定があれば、スキル3を育成しておく。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1と2をLv6にするとバーサーカーなど戦闘不能になりやすいサーヴァントやターゲット集中持ちを守りやすくなる。1ターン目や2Waveから即使用した後、3Waveの敵宝具使用に間に合いやすくなる。倍率の影響を受けづらいスキルなので、Lv6が区切りとなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
組ませるサーヴァントによるが、スキル3は希少な弱体耐性ダウンの効果なので効果量増にしてもCT短縮にしてもスキルLv上げの恩恵は大きい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。最短CT5と短めなので、2回目のスキル使用が間に合いやすくなる伝承結晶の恩恵は大きい。しかし回避を付与して仲間を守った後に戦闘不能になる運用方針やステータスの低さから場に居座る必然性はなく、聖杯を使用していない場合は伝承結晶を優先する必要はない。
風魔小太郎の評価と再臨素材はこちら

静謐のハサンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。特にスキル1と3はLv6まで性能に直結しづらく、スキル2のスター獲得に関してもある程度上げないと効果を得づらい。
【Step2】
Lv.1 Lv.6 Lv.4
スキル2はスキルLv6以上で再使用がしやすく、効果も活かせる。最優先して上げていきたい。余裕があればスキル3も上げておくと自身の宝具効果を活かしやすくなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。最短CT4のスター獲得スキルは非常に優秀。スキル1と3はLv6で再使用しやすくなるので区切りとなる。スキル3は宝具効果の成功率に関わるので少しでも上げていきたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1と3をLv10にすることで、敵宝具CTを遅延させる運用が可能になる。ステータスの低さと、想定される状況が少ない特殊な運用なので伝承結晶を優先する必要はないが、意味はある。
静謐のハサンの評価と再臨素材はこちら

呪腕のハサンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。上げる場合はスキル2のクリティカル威力アップやスキル1のスター獲得がおすすめ。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.1
スキル1はスキルLv6以上で再使用がしやすく、効果も活かしやすくなる。最優先して上げていきたい。クリティカルを狙いやすくなることでスキル2の効果も受けやすくなる。
【Step3】
Lv.10 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。最短CT4のスター獲得スキルは非常に優秀。スキル3はLv6で再使用しやすくなるので区切りとなる。スキル2はダメージに直結するので可能であれば伸ばしていきたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.9 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1と3で生存しやすくスター供給をしやすい役割を果たせる。聖杯使用で自身のATKが補えていた場合、スキル2もより活かせるようになるのでおすすめ。
呪腕のハサンの評価と再臨素材はこちら

岡田以蔵のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1。自身の宝具ダメージが効率よく伸びる。周回のみの採用であればスキル1のみの育成でもOK。
通常攻撃も行う場合、クリティカルでのNP稼ぎが重要なので、スキル3を上げてスターを集まりやすくしておく。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。長期戦や人型以外とも戦う場合は、NP稼ぎに役立ち、スキルCTが特筆して短めのスキル3のLv6を目指す。スキル2もクリティカル威力が増すので上げておきたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
いずれかのスキルLvを更に伸ばす場合は、スキル3がおすすめ。
スキル10時は最短CT3と連発できる。スキル2もLv6にすることで再使用しやすい。
スキル1は宝具連発に対してスキル再使用は間に合いづらい。しかしダメージは伸びるのでスキルLvの区切りを気にせず上げていきたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。自身に聖杯や★4フォウなどを使用した場合、アタッカーとしても活躍しやすくなる。その際は伝承結晶でスキルCT短縮できると使い勝手が増す。
岡田以蔵の評価と再臨素材はこちら

サンソンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキル2。回復量を少しでも上げていきたい。スキル3は特攻対象が少ないので優先度は低め。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.1
スキル2はスキルLv6以上で再使用がしやすく、繰り返し使用しやすくなる。最優先して上げていきたい。スキル1は特攻対象であれば自身のATKの低さを補いやすくなる。余裕があればあげたい。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。サポーターとして使用する場合はスキル2。3章やアガルタなど、海賊と戦う機会がある場合はスキル1と3も上げていきたい。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.9
このサーヴァントの理想形。スキル2を繰り返し使用できるのは大きなメリットとなる。スキル1と3も3ターン有効な最短CT5なので恩恵は大きいが、ステータスの低さと特攻対象の少なさから場に居座る必然性はなく、聖杯を使用していない場合は伝承結晶を優先する必要はない。
サンソンの評価と再臨素材はこちら

オペラのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.4
スキル3を使用することでスキル2は低レベルであっても成功しやすくなるので、並行して上げていきたい。どちらかを上げる場合は倍率上昇の大きいスキル2を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.4
スキル1はLv上げないと効果量が少ないにも関わらずデメリットが重め。上げる際はCTが短縮できるLv6以上まで一気に上げる。
【Step3】
Lv.8 Lv.6 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。Quickでのスターの稼ぎづらさを補うためにもスキル1は最優先。スキル2と3は自身の宝具の弱体耐性ダウンが高倍率なのでCT短縮だけを目的にしたLv上げでもOK。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.6
このサーヴァントの理想形。スキル2はLv9でもスキル3がLv7であれば「対魔力」がない相手には成功する。伝承結晶はあくまでCT短縮が目的となるが、ステータスの低さから伝承結晶を優先する必要はない。
オペラの評価と再臨素材はこちら

佐々木小次郎のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキル2。スター獲得系スキルはある程度Lvを上げないと効果は発揮しづらいが、宝具効果とQチェインで少しのLv上げでも役に立つ状況を作りやすいので優先したい。
【Step2】
Lv.4 Lv.9 Lv.4
続いてもスキル2。スキルLv6以上で再使用がしやすくなる。最優先して上げていきたい。スキル1と3は小次郎のカード選びを最小限にする場合は上げなくてもよい。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。最短CT4のスター獲得スキルは非常に優秀。スキル1と3を上げる場合はセットで上げていき攻撃的に小次郎のカードを選べるようにしていきたい。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.9
このサーヴァントの理想形。いずれのスキルもCT短縮の恩恵は大きいが、聖杯使用や概念礼装などATK上げを心がけていないとスキル1と3は活かしづらい。聖杯を使用している場合はアタッカーとして使用しやすくなるので全スキルLVMAXがおすすめとなる。
佐々木小次郎の評価と再臨素材はこちら

マタハリのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.4
まずはスキル2と3。スキル3のスキル封印効果はLv上げの恩恵はないが、防御力ダウンの倍率は上げれば上げるほど効果的。
【Step2】
Lv.1 Lv.9 Lv.6
続いてもスキル2と3。特にスキル2は全体魅了としての成功率も上がっていく。基本的には並行して上げていくが優先する場合はスキル2となる。
【Step3】
Lv.1 Lv.9 Lv.9
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。ステータスの低さから伝承結晶を使用しても、再使用は狙いづらい。スキル1は効果量が少なく、上げる必要はあまりない。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.10
ステータスの低さからスキルを使用後は戦闘不能を狙う運用のため、伝承結晶の使用はおすすめしづらい。。聖杯などを使用していた場合は2回以上のスキル使用も目指せる。
マタハリの評価と再臨素材はこちら

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの評価をまとめて確認!カード構成も掲載しています。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

攻略情報

初心者向け攻略

リセマラ/評価格付け

ツール

サーヴァント一覧

概念礼装一覧

その他一覧

優先度別おすすめのスキル上げ

ぐだぐだ帝都聖杯奇譚

イベント攻略記事

関連サーヴァントの評価

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中