FGO
FGO攻略 | Fate/Grand Orderを徹底解説
優先度別おすすめのスキル上げ(ランサー編)
【FGO】優先度別おすすめのスキル上げ(ランサー編)

【FGO】優先度別おすすめのスキル上げ(ランサー編)

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
【18時更新】クリスマス2018の攻略情報をまとめて掲載中!
おすすめの関連記事

FGO(Fate/Grand Order)のおすすめのスキル上げを優先度別にまとめて掲載!ランサーでどのスキルを上げるべきか、どこまでスキルを上げるべきかの育成方針を決める参考にどうぞ!

目次

その他クラスのスキル優先度はこちら
セイバー アーチャー ランサー
ライダー キャスター アサシン
バーサーカー エクストラ

ランサーのスキル上げ優先度

各スキル育成のステップについて

Step1ひとまず使ってみたいと思った時におすすめのスキルレベル。
Step2素材に余裕があれば上げておきたいスキルレベル。Step1よりもそのサーヴァントの特徴を引き出せる。
Step3攻略班が最もおすすめしたいスキルレベル。本格的に運用する場合はここを目指そう。
Step4そのサーヴァントの理想となるスキルレベル。一部を除き無理に目指す必要は無いが、手持ちの素材が十分であれば目指す価値はある。

星5ランサーのおすすめスキル上げ

星5 タップで優先度に移動します

スカサハのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
全スキル優秀だが、状況を選ばず宝具ダメージを伸ばせるスキル2を優先する。宝具ダメージのみを優先する場合はスキル2を優先しつつ、2と3のみを上げ続ける。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.4
続いてスキル1と3。どれか1つをLv6まで上げるのであればスキル1が優秀。約80%の確率となるがCT6のスター集中とクリティカル威力アップが得られ、自身のNPの貯めづらさを補いやすくなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。いずれもCT短縮の恩恵が大きく、ブレイクゲージ戦でも活躍しやすくなる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。CT短縮の恩恵が非常に大きい。ここまで育成しなくても十分活躍できるが、使い続ける場合はおすすめ。まずはスキル1に使用するとクリティカルがより狙いやすくなる。
スカサハの評価と再臨素材はこちら

カルナのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
運用上、宝具ダメージを求められるので基本的にはスキル2を最優先する。クリティカルも狙う場合はスキル3も上げておく。
【Step2】
Lv.1 Lv.6 Lv.4
このサーヴァントを周回で運用する上でおすすめのスキルレベル。宝具は再使用する機会は少なめなのでスキル2はLv6や10の区切りを気にせず上げ続けていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.6
スキル1は高難易度などで再使用を目指す、もしくは他サーヴァントの弱体付与にあわせる場合は優先する。スキル3はスターを補え、クリティカルを狙えるのであればCT短縮としても効果量アップとしても伸ばしたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
全てのスキルが最短CT6〜5のため伝承結晶の恩恵が大きいが、スキル2のBuster強化は編成で補いやすい。敵宝具対策となるスキル1や3ターンの効果を得られるスキル3を優先したい。
カルナの評価と再臨素材はこちら

ブリュンヒルデのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
スキル3が最重要スキルだが、Lv6までは使い勝手が変わりづらいので自身の宝具ダメージが伸びやすいスキル1を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.6
スキル3はLv6にする恩恵が大きい。スター獲得後の2ターン目に使用した場合、10ターン中6ターンの効果が得られる。スターさえ獲得できていれば使用するだけで効果を発揮しやすいのも◎。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3は回復としても使用しやすくなる。スキル2は強敵と戦わない場合は後回しでもOK。自身の宝具ダメージの高さも魅力なので、スキル1も伸ばしていきたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.9 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル2はLv10で2Waveと3Waveでの再使用がしやすくなるが、伝承結晶を優先するほどではない。
ブリュンヒルデの評価と再臨素材はこちら

アルトリア(槍)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1と3。1度の宝具ダメージよりも味方全体へのサポートを重視する場合はスキル1よりも2を優先する。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.6
スキル2はLv6を目標にしたい。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。スキル3はLv6にすると虚数魔術など特定の礼装と組み合わせることで即宝具発動が可能に。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3はLv10でNP50%チャージとなり、最大開放したイベント礼装などを使用した即宝具が可能になる。自身の優秀な宝具効果も活かしやすくなるので優先して伝承結晶を使用したい。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1は最短CT5となるが、それ以上に宝具連発を狙えるのでスキル再使用はLv10にしても追いつきづらい。マーリンなどと組む場合はスキル1も2も、恩恵は大きいものの優先度はやや下がる。
アルトリア(槍)の評価と再臨素材はこちら

水着玉藻のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はないがどのスキルも優秀。スキル1と3はLv上げによる恩恵が大きいので、とりあえず優先したい。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.4
どれか1つをLv6にする際はCTが最も短く効果ターンの長いスキル1を優先する。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。ダメージに繋がるので、余裕があればスキル2も育成する。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1は可能な限り上げておくと◎。伝承結晶の使用は、スキル3のデメリットスタンの存在により同系統のスキルほど効果は受けづらいので優秀ながらやや優先度が下がる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。マスター礼装「アトラス院」との併用や、敵宝具CTのコントロールを行う場合は全てLv10に上げるメリットは大きい。ここまで育成をすすめて伝承結晶を優先する必要はないが、意味はある。
水着玉藻の評価と再臨素材はこちら

エルキドゥのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1と3。いずれもスキル使用の効果量は大きいので可能な限り上げていく。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
続いてスキル2。スキルLv6になると再使用までが短くなり、マスター礼装「アトラス院」との組み合わせで弓の宝具CT3の対策を取りやすくなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.9
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。1枚のArtsを有効活用できた場合、スキル1はLvを上げても再使用が間に合わない場合がある。そのため余裕がない場合は効果量が重要なスキル3を優先して上げていく。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。ここまで育成しなくても弓、神性持ちのフォーリナーなどを任せられるが伝承結晶の使用でCT増などを使用されても対策をとりやすくなる。使用する場合は生存に直結するスキル2と3を優先したい。
エルキドゥの評価と再臨素材はこちら

エレシュキガルのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキル2。NP獲得と宝具ダメージ増に繋がる。スキル1はスキルLvを問わず確定の無敵なので後回しでOK。
【Step2】
Lv.1 Lv.6 Lv.4
続いてスキル2と3。2つのスキルと自身のArtsで宝具が使用しやすくなる。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.6
スキル2はスキルLv10でNPチャージ50%となり、育成で運用が大きく変わる。他のNP50%系と比べても、伝承結晶を優先してスキルLvを上げたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1と3の伝承結晶の優先度は下がるが、周回以外でも活用する場合は恩恵が大きい。
エレシュキガルの評価と再臨素材はこちら

ブラダマンテのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
周回のみに使用する場合、スキル3のLv10を優先しつつ、スキル1も伸ばす。
どちらもNP獲得に繋がるので、通常時も並列して伸ばしていく。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.6
まずは目指したいスキルレベル。
スキル1はLv6でCT6になり、2回以上の使用が目指せる。
スキル1はNP15%付与となるが、運用はLv10まで変わらないのでLvの区切りを気にしなくてよい。
【Step3】
Lv.9 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3はLv10でNP20%付与となり、NP80%礼装から即宝具が狙うなど運用が増える。
スキル1も宝具のNP回収に関わるので、Lvの区切りを気にせず伸ばしていく。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。
AQ宝具でのNP回収は敵HPや敵クラスで変動しやすい。そのため少しでも安定させる為に伝承結晶を使う価値がある。
スキル2に関しては優先順位は下がるものの、防御力アップとして優秀なので高難易度でも使い続ける予定があればおすすめ。
ブラダマンテの評価と再臨素材はこちら

星4ランサーのおすすめスキル上げ

星4 タップで優先度に移動します

エリザベートのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
まずはスキル1。3ターン確実に効果を得られる。女性でパーティを組んだ際の恩恵が非常に大きい。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.1
続いてもスキル1。スキルLv6になると再使用までが短くなる。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。並行してスキル2も上げるとダメージを効率よく伸ばせる。
【Step3】
Lv.10 Lv.6 Lv.4
3ターン有効な最短CT5のスキルは伝承結晶の恩恵が大きい。基本的には〔女性〕へのスキル1が採用理由となるので目指したい。
【Step4】
Lv.10 Lv.9 Lv.6
このサーヴァントの理想形。スキル3は再使用しづらく、スキル2に関してもスキル1ほどの効率はないので伝承結晶やスキル上げの優先度は下がる。
エリザベートの評価と再臨素材はこちら

アルトリア(槍オルタ)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキル2。自身がクリティカルを狙う際に必要なスキル効果が揃っているので優先して育成したい。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。クリティカルを狙う際はスキル2だけでも十分だが、スキル1と3も並行して育成するとダメージを伸ばせる。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.6
3つのスキルが全てダメージに繋がるので、育成するメリットは大きい。最短CT5となるのでスキル2へ伝承結晶使用するメリットは大きいが、周回やマーリンや孔明などのサポートがある短〜中期戦であれば使用しなくても十分。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.9
このサーヴァントの理想形。スキル3は再使用しづらく、スキル2に関してもスキル1ほどの効率はないので伝承結晶やスキル上げの優先度は下がる。
アルトリア(槍オルタ)の評価と再臨素材はこちら

フィンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.6 Lv.1 Lv.1
まずはスキル1。再使用を目指す場合はLv6を目標にしたいが、戦闘不能前提であれば可能な限りでも問題ない。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.4
続いてスキル3。高めの宝具ダメージを伸ばし、宝具でのNP獲得を増やせる。サポートだけでなく宝具使用も狙う場合は忘れずに上げたい。
【Step3】
Lv.9 Lv.1 Lv.6
このサーヴァントの1つの理想形。スキル2の確率回避に関してはターゲット集中でフィンがダメージを受けて戦闘不能になることがメリットにもなる。運用によっては育成がデメリットになるので慎重になりたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの1つの理想形。スキル1の再使用を狙う場合は伝承結晶を使用したい。スキル2は再使用を狙いづらいがLv10で確率回避が確定となる。生存狙いの運用であれば、スキル3のLv10もCT5となる。伝承結晶を優先して使用する必要はないが、使用する恩恵は大きい。
フィンの評価と再臨素材はこちら

李書文のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、まずはスキル3。宝具ダメージもArtsクリティカルもどちらも伸ばせる。スキル1もLv上げで伸びやすいので同じく少しでも上げたい。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
基本的にはスキル1と3は必要に応じてLv上げしていく。スキル1とスキル2は同時使用することが多いので、スキル1がLv6になったらスキル2もLv6を目指す。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。Lv6でもCT7の1ターン効果なのでCT短縮の恩恵は少なめ。スキル1はLv上げでの効果量上昇が大きいので余裕があれば上げ続けたい。
【Step4】
Lv.9 Lv.9 Lv.9
Arts性能&攻撃力アップ付与が可能なブーディカと組み合わせる場合はスキル2のLv6→9への育成も意味がある。とはいえスキルは同時使用する事が多く、伝承結晶の使用は実質1つの効果のために3つ使用することとなる。現状おすすめしづらい。
李書文の評価と再臨素材はこちら

水着清姫のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも運用に支障はないが、どれか1つであればスキル2。宝具ダメージとスター発生率を伸ばせる。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
Lv6にする際はCTが最も短く効果ターンの長いスキル1を優先する。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。再使用という面で考えると、スキル1も1ターン目や2wave開始時の使用を意識するとCT6の恩恵を受けやすい。3waveの単体ボスへのダメージ目当てでスキル3を育成する場合はLv6の区切りを意識する必要はない。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。宝具ダメージのみを優先する場合はスキル3の育成が効率的だが、使用機会の多さではスキル2の続けての育成がおすすめ。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。全てのスキルが最短CT5のため伝承結晶の恩恵が大きいが、単体へのダメージ役ではスカサハやブリュンヒルデなど競合は多い。また優秀な通常攻撃という点でも水着玉藻や哪吒の存在があり、やや優先しづらい。独自性を出す場合はスキル1の希少なスキル効果を活かしていきたい。
水着清姫の評価と再臨素材はこちら

ヴラド(EXTRA)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1と3。自身の生存と、スター獲得に直結するので少しでも上げたい。スキル3はLvが偶数になると効果量が増えるので意識したい。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1と3はLv6にする恩恵が大きい。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。スキル2は伸びが少ないので、余裕があればでOK。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.8
スキル1をLv10に出来ると、スキル3を1ターン目に使用した後に2ターン目に使用。スキル1と3のCT回復が揃うというメリットもあるが、基本的にはスキル3を優先してスター獲得量を増やす。Lv9と8で効果は変わらないのでLv8を目指す。
【Step4】
Lv.10 Lv.9 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1と3の使用順を選べるようになるのが大きなメリット。とはいえ仮想的となる弓は宝具CT3なので最短CT5のターゲット集中ではスキル再使用が間に合わない場面も多く、伝承結晶は優先しづらい。
ヴラド(EXTRA)の評価と再臨素材はこちら

サンタリリィのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はない。宝具ダメージのみを求める場合はスキル3だけを上げ続けることになるが、通常の戦闘でも使用するのであればスキル1の回復量アップは魅力。
【Step2】
Lv.4 Lv.1 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3は再使用しづらいので、ダメージ目的の場合はLv6の区切りを気にせずに上げ続ける。スキル1は上げる場合はCT短縮を目的にLv6を目指す。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.9
スキル2に関しては使用間隔短縮に魅力を感じないなら上げなくてOK。
【Step4】
Lv.10 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル3を無敵目的で使用する場合はCT短縮の恩恵を受けられる。その際は生存に繋がるようにスキル1も上げておくと効果的。とはいえここまで育成しなくても周回では活躍でき、高難易度もサポートで補えるので優先度は低め。
サンタリリィの評価と再臨素材はこちら

メドゥーサ(槍)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。スキル1はLv10でも確定はしないが、Lv上げでの確率は上がりやすく自身の持ち味なので余裕があれば優先したい。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.4
続いてもスキル1。再使用はしづらいので、Lv6の区切りを気にせず上げていく。スキル3はLv6で2000の固定ダメージの区切りとなるが、Lv4でも1600と500ダメージ3ターン分の区切りとなる。余裕があれば上げていく。
【Step3】
Lv.8 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。最大開放のレコードホルダーを装備した場合、弱体耐性のない相手へはスキル1はLv8で確定となる。対男性での拘束役として採用する際は、CT短縮目的でLv10もおすすめ。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル3の1回の無敵付与は自身の生存に直結する。スキル2に関してはあくまでダメージアップなので優先度は低め。相対的にみると伝承結晶を使用する必要はない。
メドゥーサ(槍)の評価と再臨素材はこちら

水着頼光のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、育成の価値も大きい。まずは味方全体に効果があり、クリティカルに必要なスターを発生させやすくなるスキル3を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.6
まずはスキル3をLv6のCT短縮を目指す。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得になる。スキル1はクリティカルができれば効率的にダメージが伸ばせるのでLv6の区切りを気にせず優先する。スキル2もあわせて上げていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。CTが短縮できればブレイクゲージ戦でも更に活躍しやすくなる。余裕があれば効果を受けやすいスキル3を優先しつつ、少しずつ上げていきたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。ここまでLvを上げなくても活躍できるので伝承結晶を優先する必要はないが、いずれもCT短縮の恩恵は大きい。Busterクリティカルを狙う単体宝具ランサーとして優秀なので、使用し続ける場合は検討したい。
水着頼光の評価と再臨素材はこちら

パールヴァティー(桜)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、育成の価値も大きい。NP20付与を重視する場合はスキル3のLv10を最優先する。基本的にはNPを貯めやすく、ダメージを伸ばせるスキル1と2を並行する。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.6
まずはスキル1をLv6のCT短縮を目指す。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得になる。スキル3もCT6になると回復スキルとしても使用しやすくなる。また宝具効果とあわせて合計30%のNP付与となる。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3をLv10にすることで宝具効果とあわせてNP30%付与となり、運用が大きく変わる。自身の宝具連発を優先する場合はスキル1となる。
【Step4】
Lv.10 Lv.9 Lv.10
このサーヴァントの理想形。宝具連発がしやすいので2回目の宝具にはスキル2の再使用は間に合いづらいが、スキル1がLv10になっていると3回目4回目の宝具に再使用が間に合いやすくなる。そこまでしなくても活躍できるので優先度は低めだが、運用に直結するので3つので伝承結晶の価値はある。
パールヴァティー(桜)の評価と再臨素材はこちら

哪吒のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。少しのスキルLv上げであればスター発生の確率とダメージに絡むスキル1を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1はLv6のCT短縮の恩恵が大きい。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。スキル2はLv1で10%。Lv6でNP15%獲得となる。Lv10で20%ともう1つの一区切りになるので、必要な量に合わせて育成を行う。スキル3はCT短縮を狙って育成する。
【Step3】
Lv.6 Lv.10 Lv.6
手持ちと宝具Lv次第となるが、スキル2はLv10にできるとNP20%チャージとなり運用に直結する。必要ないのであればスキル1の育成を進めたい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル1はLv10で5ターン中3ターン有効となる。十分なスターを獲得できる場合は優先度が下がるが、確実なクリティカルが狙いやすくなるスキル3も選択肢となる。
哪吒の評価と再臨素材はこちら

ワルキューレのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずは自身の運用に直結するスキル1と3。スキル3はLv2/4/6/8の区切りを意識するとよい。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.6
まずは目指したいスキルレベル。
スキル1はスキルLv6になると再使用までが短くなる。CT8〜6と長めなので、少しでも短縮したい。スキル3は再使用しづらいので区切りは気にしなくてもよい。
【Step3】
Lv.9 Lv.6 Lv.8
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。
スキル1を可能な限り伸ばしつつ、スター獲得に繋がるスキル3を並行して伸ばすと自身の運用を安定させやすい。
スキル2はスキルCT短縮のある6/10の区切りを目指す。
【Step4】
Lv.10 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントの理想形。
スキル1のCT短縮は運用に繋がる。スキル3は10にすることで3ターン目開始時にNP20%となりカレイドスコープで即宝具が可能になる。しかし、宝具ダメージの低さから周回目的ではなく自身のスター獲得運用を安定させる目的になる。
ワルキューレの評価と再臨素材はこちら

水着茨木童子のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1・3。NP獲得量アップとスター集中の倍率は自身の運用に直結するので並行して上げていく。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.6
まずは目指したいスキルレベル。
スキル3はLv6でCT5になり、運用に直結する。
スキル1はスキルCTが長めなのでLvの区切りは気にせず、ダメージアップを目的に上げていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.10
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。
スキル3はCT4となり、気軽に使いやすくなるので運用に直結する。使い続ける予定があれば、伝承結晶の使用がおすすめ。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。
スキル1はLv10まで上げることで使い勝手が大幅に増す。スキル2も育成が行えると、自身のスキル再使用がしやすくなる。
水着茨木童子の評価と再臨素材はこちら

星2,3ランサーのおすすめスキル上げ

星1-3 タップで優先度に移動します

クーフーリンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はない。上げる場合はスキル3の回復量の増加が役立つ。
【Step2】
Lv.1 Lv.6 Lv.4
スキル2がスキルLv6になると再使用までが短くなり、より生存しやすくなる。上げる場合は一気にLv6まで上げたい。
【Step3】
Lv.4 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル3もスキルCTを縮められると自身の生存に繋がる。
【Step4】
Lv.6 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。スキル2と3が最短CT5のため伝承結晶の恩恵が大きいが、相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。
クーフーリンの評価と再臨素材はこちら

クーフーリン(プロト)のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
全スキルLv1でも運用に支障はない。上げる場合はスキル1と3。クリティカルや猛獣へのダメージを伸ばせる。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
スキル2がスキルLv6になると再使用までが短くなり、より生存しやすくなる。上げる場合は一気にLv6まで上げたい。
【Step3】
Lv.9 Lv.6 Lv.6
続いてスキル1と3。スキルLv6になると再使用までが短くなる。9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。周回のみの使用であればスキル2を後回しにしてもよい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。全てのスキルが最短CT5のため伝承結晶の恩恵が大きいが、相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。
クーフーリン(プロト)の評価と再臨素材はこちら

ロムルスのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキル2。成功時の効果が大きく、回復スキルとして割り切っても十分。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
続いてもスキル2。スキルLv6になると再使用までが短くなり、試行回数を増やせる。HP回復を補う意味でスキル1も平行していく。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。Buster宝具のランサーが揃っていた場合はスキル3も優先したい。
【Step4】
Lv.9 Lv.10 Lv.9
このサーヴァントの理想形。スキル3はCTが長めなのでスキルLv10にはしづらい。スキル1と2は最短CT5のため伝承結晶の恩恵が大きく、ロムルスが戦闘不能になりづらくなるが相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。
ロムルスの評価と再臨素材はこちら

ヘクトールのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
まずはスキルLv上げが運用に直結するスキル2。チャージ減とスタンのどちらかが成功しやすくなる。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル2の再使用が運用時の目標となる。並行してスキル1と3もとりあえず素材が簡単なLv4まで。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
スキル1もLv6にできると再使用が狙いやすくなる。スキル3の育成も、スキル再使用までの生存を助ける。各Lv6まで育てられると狙った運用がしやすくなる。
【Step4】
Lv.9 Lv.9 Lv.9
このサーヴァントの理想形。最短CT5と短めなので、2回目のスキル使用が間に合いやすくなる伝承結晶の恩恵は大きい。しかし運用としてもステータスの低さから場に居座る必然性はなく、聖杯を使用していない場合は伝承結晶を優先する必要はない。
ヘクトールの評価と再臨素材はこちら

ディルムッドのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.1 Lv.4 Lv.1
全スキルLv1でも運用に支障はなく、希少なArts2枚のアタッカーとして活躍できる。女性への攻撃力ダウン要員として採用する場合はスキル2を最優先する。
【Step2】
Lv.4 Lv.6 Lv.1
対女性に耐久戦を行う場合、スキル1と2は交互に敵宝具対策として使用する。そのためCT短縮の恩恵は大きいものの致命的な差とはなりづらい。効果量アップを目的にしてスキル2を上げつつ、余裕があれば保険としてスキル1も上げておく。
【Step3】
Lv.6 Lv.9 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1と2のCT短縮のLv6でも十分。余裕があればスキル2は伸ばし続けたい。効果量の少ないスキル3の優先度は低いが、クリティカルも狙う場合はCT短縮を目指したい。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.6
このサーヴァントの理想形。スキル1のCT短縮により敵にチャージ増を使用されても安定しやすくなる。スキル2もLv10にしておくと玉藻の前と組んで多くの対女性クエストで採用しやすくなる。伝承結晶を優先する必要はないが、恩恵は非常に大きい。
ディルムッドの評価と再臨素材はこちら

ジャガーマンのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.4 Lv.1
スキルLvがダメージに直結する。まずはスキル1と2。クリティカルを狙う際はスキル1を優先する。
【Step2】
Lv.6 Lv.6 Lv.4
続いてもスキル1と2。スキル1はCTが長いのでLv6の区切りを気にせず効果量を伸ばしていく。十分クリティカルを狙えるのであればスキル3も上げていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。宝具Lvが上がっており、単体宝具ダメージが必要な際はスキル1と2のLvを上げ続けるのも選択肢。
【Step4】
Lv.9 Lv.9 Lv.9
スキル1のCTの長さは、弓の宝具CT3を考えると伝承結晶を使用しづらい。自身の生存が安定しないのであればスキル2と3も伝承結晶を優先しづらくなる。
ジャガーマンの評価と再臨素材はこちら

宝蔵院胤舜のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.1
宝具効果が重要なため、全スキルLv1でも最低限の運用に支障はない。宝具を使用したターンに少しでもスターを用意したいので、余裕があれば効果は少なめだがスター獲得に繋がるスキル1は少しでも上げておきたい。
【Step2】
Lv.4 Lv.4 Lv.4
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。どのスキルもスター発生やダメージに繋がるので、並行してあげていく。
【Step3】
Lv.6 Lv.6 Lv.6
スキル1は宝具効果でも同様の効果を得られ、スキル2は最短でもCT5で1ターンスキルなので恩恵は小さい。またスキル3は基本的にはボスに使用するので再使用が狙いづらい。どれか1つであればNP獲得に繋がるスキル2を優先する。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。自身が最後の1人になって戦う状況であればここまでの育成の必要はないが、スキル3はサポートスキルとして優秀。スキル1と2も再使用しやすさを活かしてスター獲得目的で使用できる。伝承結晶を優先する必要はないが、運用の幅は広がる。
宝蔵院胤舜の評価と再臨素材はこちら

武蔵坊弁慶のおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1と3。スキルLvによる確率なので上げれば上げるほど効果的。スキル2はスキルLv1から高倍率なので後回しでもOK。
【Step2】
Lv.6 Lv.1 Lv.6
続いてもスキル1と3。スキル1はCT7~5と短めなので迷ったらスキル1を優先する。
【Step3】
Lv.9 Lv.6 Lv.9
このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。スキル1がLv6になったのであればスキル再使用も視野に入り、自身の生存に繋がるスキル2の育成の恩恵が高まる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。弱体耐性を所持していない相手であれば最大開放のレコードホルダーで宝具封印が成功する。恩恵も大きいが、相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。
武蔵坊弁慶の評価と再臨素材はこちら

レオニダスのおすすめスキル優先度

【Step1】
Lv.4 Lv.1 Lv.4
まずはスキル1と3。自身の宝具使用が狙いやすくなり、サポート効果も伸ばせる。
【Step2】
Lv.6 Lv.4 Lv.6
続いてもスキル1と3。スキルLv6になると再使用までが短くなり、使用回数を増やせる。スキル2は宝具が使用できた場合、使用頻度が高くなる。少しずつでも上げておきたい。
【Step3】
Lv.9 Lv.6 Lv.6
防御系スキルはCT1の差が大きくなりやすいが、宝具効果で3ターンのターゲットを持つので伝承結晶の優先度はやや下がる。
【Step4】
Lv.10 Lv.10 Lv.10
このサーヴァントの理想形。防御系では特にスキル1と2を優先したいがどちらも仲間からのサポートと自身の宝具で補いやすく、相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。
レオニダスの評価と再臨素材はこちら

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
評価ランキング
全サーヴァントの評価を格付けしてランキング形式で掲載!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの評価をまとめて確認!カード構成も掲載しています。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
初心者攻略記事
初心者向け情報を分かりやすくまとめて掲載!
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶Fate Grand Order公式

攻略記事ランキング
  1. クリスマス2018の効率良い攻略方法とドロップ素材
    クリスマス2018の効率良い攻略方法とドロップ素材
    1
  2. 検証勢が考えたサーヴァントランキング(12月版)
    検証勢が考えたサーヴァントランキング(12月版)
    2
  3. 速報/最新ニュースまとめ
    速報/最新ニュースまとめ
    3
  4. EXマッチの攻略情報まとめ|クリスマス2018
    EXマッチの攻略情報まとめ|クリスマス2018
    4
  5. ブラダマンテの評価と再臨素材
    ブラダマンテの評価と再臨素材
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
おすすめマンガ

FGOをプレイした人が読んでいるマンガ

将来的に死んでくれ 1巻無料★12/27マデ

将来的に死んでくれ

ドメスティックな彼女 3巻無料★12/27マデ

ドメスティックな彼女

淫らな青ちゃんは勉強ができない 1巻無料★12/27マデ

淫らな青ちゃんは勉強ができない

彼女、お借りします(1) 1巻無料★12/27マデ

彼女、お借りします(1)

ダイヤのA 3巻無料★12/27マデ

ダイヤのA

攻略メニュー
攻略情報
初心者向け攻略
リセマラ/評価格付け
ツール/コラム
サーヴァント一覧
概念礼装/指令紋章一覧
その他一覧
ストーリー/フリクエ攻略
第1部ストーリー
第1.5部ストーリー
第2部ストーリー
優先度別おすすめのスキル上げ
第2部/3章 人智統合真国 シン
ストーリー/フリクエ攻略
新規サーヴァント評価
新規素材
クリスマス2018
FGO北米版攻略
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中