遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
恐竜デッキの評価|レシピと使い方を紹介

【遊戯王デュエルリンクス】恐竜デッキの評価|レシピと使い方を紹介

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!

遊戯王デュエルリンクスの「恐竜」デッキの評価や使い方をまとめています!また恐竜のレシピやキーカード、その他おすすめカードも掲載しているので、デッキ作成の参考にしてください。

目次

環境TOPデッキ一覧

「恐竜」デッキの評価

恐竜デッキの評価点

対人戦評価オート適正
9.0 /10点
構築難易度カテゴリ
★★★・・恐竜

※オート適正はオートプレイでも強さを発揮できるかの指標です。構築難易度は★が多いほど、入手が難しいカードが必要になります。

最強デッキランキングはこちら

恐竜デッキのコンセプト

高火力の恐竜モンスターでビートダウン

このデッキは《ジュラシックワールド》の効果で攻撃力が2000以上になった恐竜モンスターでビートダウンするデッキ。下級ビートデッキでは平均打点が非常に高く、誰にでも扱いやすいデッキ。

全デッキレシピ評価一覧はこちら

恐竜デッキレシピ/作り方

恐竜デッキのおすすめスキル

キャラスキル名
必須の理由
ダイナソー竜崎恐竜王国
モンスターの火力を補う目的で必須。

恐竜デッキのレシピ

メインデッキ208120
EXデッキ0
カードの性能や採用理由はここをタップ!

恐竜デッキの採用カード理由

カード名理由
ヴェルズサラマンドラスキル込みで攻撃力が2150になる。また効果で攻撃力を最大2750まで上げることができ、《サイバーエンジェル荼吉尼》を突破することもできる。上級並のステータスを誇る強力なメインアタッカー。
ハイドロゲドンモンスターを戦闘破壊することで、デッキから同名モンスターを呼ぶ。エネコンとの相性も抜群。
暗黒ブラキ召喚時にモンスターの表示形式を変更可能。スキル込みで2100打点なので、大抵のモンスターなら横にしてしまえば戦闘破壊が可能。
化石調査その場に応じて必要な恐竜をサーチ可能。デッキ圧縮の役割も担っており、非常に強力なサーチカード。
炎舞「玉衝」相手のバックを封じる強力な永続魔法。こちらの攻撃を安全に通して、そのまま殴り勝ちたい。
禁じられた聖杯モンスターの効果を止めるのに最適。また、攻撃力UPの効果を利用して、恐竜の攻撃力を上昇させ返り討ちを狙えるのも強力。
猪突猛進ステータスで上回っている相手に有効。恐竜は総じて守備力が低いという性質上、攻守増減カードよりこちらの方が使い勝手が良い。
コズミックサイクロン《心眼の祭殿》などの厄介なフィールド魔法を除去できる。話題の《潜海奇襲》にも有効。
エネミーコントローラー防御札としても相手の大型対策としても優秀。特にハイドロゲドンの場数を増やす効果と組み合わせれば、ワンキルを狙いやすい点が優秀。

デッキの作り方のコツ

バック干渉を多めに積もう!

恐竜の売りはそのスタータスの高さ。防御札がなくともそのステータスの高さで、盤面を維持しやすいので、その分、攻撃を通しやすくする&横にされにくい目的を兼ねて、相手のバックに干渉できるカードを多めに採用したい。

エネコンは3枚必須!

エネコンは恐竜の最低限の防御札として使えるだけでなく、《ハイドロゲドン》と合わせてワンキルができるコンボパーツにもなるので、優先的に3枚採用したい。

環境デッキ対策!入れ替え候補紹介

環境デッキへの対策手段

環境TOP
デッキ
入れ替え
カード
理由
【機械天使】分断の壁天使はバックを一切伏せないので、干渉カードがほぼ腐る。分断などの強力な防御札で対応しよう。
【ギアギア】禁じられた聖杯ギアギアの反転効果を無効化できる点で有効。
【森羅】禁じられた聖杯森羅の効果を無効化できる点で有効。
【D-HERO】銀幕のミラーウォール相手の攻撃を抑制して動きを止めるのが重要になるため。
今の環境を知るならここ!

恐竜デッキ使用時のコツや注意点

基本的な立ち回り

とにかくバックを封じて殴る

恐竜デッキの立ち回りは、とにかくバックを封じて殴るという至極シンプルなもの。バックを警戒する必要もなく、愚直に殴ることだけを意識すれば良いだろう。デュエルは5ターン以内に決着がつくことが多い。

機械天使にワンキルコンボが可能

相手の場に《サイバーエンジェル荼吉尼》《竜姫神サフィラ》+もう1体下級モンスターが並んでる場合、こちらは2枚のカードでワンキルが可能。《ハイドロゲドン》でモンスターを戦闘破壊して、その後、エネコンで荼吉尼を奪う。増えたハイドロゲドンと奪った荼吉尼で4000以上のライフが削れる。

注意ポイント

手札事故を招くことも多い

モンスターとバック干渉が良い配分で手札に来ないと、本来の動きができない。モンスターが手札で被ったり、逆にバック干渉ばかりになると何もできずに負けてしまうというリスクがあるのは覚悟しておこう。

恐竜デッキの対策方法/カード

対策カード紹介

カード名理由
クリボールバック干渉ができても手札誘発の防御札は阻止できない。守備が総じて低く、防御札も少ないことからかなり弱点になるカードだ。
翻弄するエルフの剣士恐竜の火力の高さが災いして、エルフを誰も戦闘破壊できない。ピンポイントで採用するのは面白いかもしれない。

対策まとめ

恐竜に大きな苦手はない

恐竜デッキは、バック干渉からのステータスの高さを活かした決着の早さが持ち味なので、試合展開が遅めの現環境だとかなり優秀。バック干渉の部分も、環境に応じて防御札やメタカードに変更できることを考えると、かなり弱点の少ないデッキと言える。

大型のデッキには不利か

機械天使のようなそもそものステータスで恐竜を上回っているデッキはやはり苦手だ。対抗策がエネコンによる奪取しかなくなるので、かなり勝ち筋が限られてしまう。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中