遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
リセマラで引くべきおすすめパック

【遊戯王デュエルリンクス】リセマラで引くべきおすすめパック

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
新パックが6/20に登場!今のうちに詳細をチェックだ!

デュエルリンクスのリセマラで引くべきおすすめパックを紹介!各パックの特徴やリセマラで狙いたいカードをパック毎に紹介しているので、リセマラ時に引くべきパックで迷った際の参考にしておこう!

目次

リセマラでどのパックを引くべき?

オススメパックランキングと理由

順位パック名理由
1位アビスエンカウンター現在の環境デッキの筆頭候補はこのパックなしには作成できない。汎用性の高いカードはないが、このパックで環境デッキのメインカードをまずは揃えるのが勝利への近道だろう
2位ブレイドオブスピリッツ1位のアビスエンカウンターでは環境デッキのメインカードが手に入るのに対し、このパックはそれらのデッキに採用率が非常に高い《強化蘇生》が入手できる。またカードトレーダーと合わせて陽炎獣デッキが作りやすい点も候補理由。
3位サーヴァントオブキングス汎用性抜群の強力カード《分断の壁》が入手可能。その他にも環境で比較的よく見かける優秀なカードが多数収録されている。
4位ギャラクティックオリジンバック破壊として優秀な《コズミックサイクロン》、機械天使の相方《竜姫神サフィラ》が手に入ることに加え、単体でも剣闘獣デッキが作成可能だ。
5位ランページオブザフォレストバックの一掃が可能な《局所的ハリケーン》が収録。さらに環境デッキとして大注目の森羅のメインパーツがほぼこのパックのみで作成可能。

新パックはどんどんインフレ中

月日が経つに連れて、カードパワーがどんどんインフレしており、最近のパックはより強力なカードが収録されていることが多い。モンスターのステータスボーダーラインなどもどんどん高くなっているので、オート向けの下級モンスターも最新パックから狙うことをオススメする。

リセマラで狙うパック別カード一覧

1位:アビスエンカウンター

環境デッキエーリアンが作れる!

このパックの魅力はなんと言っても、環境でも破格の強さを誇るデッキ【エーリアン】が組めるという点。デッキ内の7割ほどがこのパックから入手できるので、まずはこのパックでエーリアンを揃えてから他のパックでサポートカードを揃えたい。

エーリアンのデッキ詳細はこちら

トビウオもオススメ!

このパックのオススメカードとしては《光鱗のトビウオ》も忘れてはいけない。梶木のレベルアップ報酬や、カードトレーダーのカードと合わすことで、大抵のカードが揃うのでトビウオを3枚絶対に集めたい。

トビウオのデッキ詳細はこちら

強力な水属性も多数収録

このパックのSRやURにはとにかく強力な水属性カードが多い。もし3周してカードが3枚ずつ集まれば、【シーステルス】【リチュア】なども作れるので、とにかく強力なパックだ。

シーステデッキ詳細はこちら

初心者におすすめのカード

カード名おすすめ理由
「A」細胞組み換え装置デッキからエーリアンを落とし、そのレベル分のAカウンターを付与。さらに墓地で除外してエーリアンのサーチも可能。デッキ圧縮、墓地肥やし、ステータス弱体化、カードサーチをたった1枚で行えることから、まさに最強クラスの性能と言えるだろう。
光鱗のトビウオ自分の他の魚族をリリースしてカード破壊が可能。ランク戦報酬で入手可能な《オイスターマイスター》と合わせることで1度に2枚のカードが破壊できる。
潜海奇襲上級の水属性を実質無敵化する罠カード。除外やバウンスなど専用の除去カードを対策として積んでおかなければ対処がほぼ困難。環境に必須レベルの防御札の大半を腐らせるので、非常に強力な罠カード。
城塞クジラ場の水属性2体をリリースすることで墓地か手札から特殊召喚可能。水属性を対象にとる効果を1ターンに1度無効化できることに加え、特殊召喚時に《潜海奇襲》をデッキからセットできるので、とにかく制圧力が高いモンスターだ。
このパックの全カード情報はこちら

2位:ブレイドオブスピリッツ

強化蘇生が入手可能!

このデッキでは超強力カード《強化蘇生》が入手できる。環境でも強力な、【エーリアン】【トビウオ】【磁石の戦士】にも必須のカードなので、アビスエンカウンターと合わせて引きたいパックだ!

優秀な魔法・罠も収録!

他にもこのパックはチェーン発動をさせずに魔法・罠の発動を制限する《炎舞「玉衝」》やロックカードとして優秀な《心眼の祭殿》なども入手可能。このパックのメインカードである「六武衆」に興味がない人にも引く価値のあるパックだ。

ヘイズデッキが組める!

このデッキは環境デッキのサポートカードが多く収録されていることが最大のオススメ理由だが、メインカードとしては《陽炎獣ペリュトン》などといった【陽炎獣】に欠かせないカードが入手できる点も優秀。

陽炎獣デッキ詳細はこちら

初心者におすすめのカード

カード名おすすめ理由
強化蘇生レベル4以下のモンスターを対象に完全蘇生が行えるカード。とにかくモンスターを展開したいデッキなどにおすすめだ。
陽炎獣ペリュトン手札の炎属性を切ってデッキから陽炎獣を2体展開可能。《陽炎獣スピンクス》を並べて鉄壁の布陣を作ろう!
炎舞「玉衝」恐竜デッキや陽炎獣デッキに採用率の高いバック干渉カード。チェーン不可能なバック干渉なので安心してバックを封じられる。
このパックの全カード情報はこちら

3位:サーヴァントオブキングス

超優秀な魔法・罠カードが多数実装!

サーヴァントオブキングスの罠カードは、ランク戦で広く使われるカードが多く、中でも《分断の壁》は最大2400もの攻撃力減少を狙える強力なカード。さらに効果モンスター対策として優秀な《禁じられた聖杯》やロックデッキに採用率の高い《ドレインシールド》など魔法・罠は収録枚数自体が少ないのだが、どれも使えるラインナップになっている。

オート周回用デッキが作れる!

このパックで入手可能な《激昂のミノタウルス》《ブラッドヴォルス》が、オート周回では非常に重宝される。レベル上げを効率的にすることは、環境で勝てるデッキを作る近道にもなるのでぜひ揃えたい。

初心者におすすめのカード

カード名おすすめ理由
分断の壁攻撃モンスターの攻撃力を相手モンスターの数×800下げる強力なカード。デュエルリンクスのフィールドは3枠のため最大2400打点の減少を狙える。
ドレインシールド攻撃モンスターの攻撃力分を回復しつつ、その攻撃を無効にできる。ロック系デッキや、LPが重要となるデッキにおすすめ。
禁じられた聖杯モンスターの打点を400上昇し、効果を無効化するカード。相手モンスターの効果を無効化したり、自身のモンスターの打点上昇に使ったりが可能。
このパックの全カード情報はこちら

4位:ギャラクティックオリジン

強力なカードが多数収録

ギャラクティックオリジンでは、【機械天使】のパートナー的存在である《竜姫神サフィラ》や、環境対策カードとしても注目されている《コズミックサイクロン》が入手可能。余裕があればぜひ引きたいパックだ!

剣闘獣が作成可能

ギャラクティックオリジンでは、攻撃後にデッキに戻り別の剣闘獣モンスターを展開していく「剣闘獣」のメインカードが多く収録されている。このパック単体でデッキの大半が完成する点が魅力的だ。

初心者におすすめのカード

カード名おすすめ理由
コズミックサイクロン魔法・罠の除外が可能。破壊ではなく除外のため、破壊をトリガーとするカードに強い点も優秀。また1000ライフ払う必要はるものの、スキル発動条件を満たすためにも使いやすい。
竜姫神サフィラ手札の光属性をリリース、またはこのカードが儀式召喚に成功した時に、ドロー効果、サルベージ効果、ハンデス効果などを選んで発動できる。非常にカードパワーの高い儀式モンスターとしてオススメ。
攻撃の無敵化モンスター破壊無効か、戦闘ダメージを0に出来る優秀なカード。バトルフェイズ時のみの発動で、そのバトルフェイズでしか効果は無いものの、モンスターをどうしても場に残したい状況などで便利。「剣闘獣」と相性が良いのもグッド。
このパックの全カード情報はこちら

5位:ランページオブザフォレスト

森羅が作成可能!

このパックは、環境でも強力なデッキ【森羅】のメインパーツがほぼ揃っている。その他のカードも無課金で揃えられるので、実質このパックを引くだけで作成が可能。レアリティも低く、初心者にとにかくオススメのデッキが作れるぞ。

森羅デッキの詳細はこちら

インセクト女王デッキもそこそこ強力!

このデッキは森羅以外にも、【インセクト女王】のメインパーツが多く収録されている点でもオススメ。強さは森羅には劣るが、環境で十分に活躍できるデッキだぞ。

インセクト女王デッキの詳細はこちら

初心者におすすめのカード

カード名おすすめ理由
局所的ハリケーンバックを一掃できるカードとして非常に優秀。ワンキル系のコンボデッキには今後必須級のカードになるだろう。
森羅の影胞子ストールリバースでデッキの上から5枚をめくって植物を墓地に送る。森羅デッキのエンジンとして非常に優秀なカード。
究極変異態・インセクト女王このパックの目玉カード。制圧力の高さが売り。サポートカードや相性の良いカードも同パックに収録されているぞ。
このパックの全カード情報はこちら

販売終了したパック一覧

※現在販売が終了しているパックはありません。変更があり次第、随時更新をしていきます。

BOXリセットのタイミング

BOXリセットのタイミングは、残った高レアカードやパック数によって変化する。いくつかリセットのタイミングを掲載しているので、追加でパックを引くべきか悩んだ際は、下記のリセットタイミングを参考にしてみよう。

少ないパックでSR以上を複数枚引いた時

確実にリセットしておくべきタイミングは、パックを引き始めた時点でSR以上のカードを複数引いた時。BOXのパック数にもよるが、ミニBOXであれば1~5パック、通常BOXであれば1~10パック以内にSR以上を複数枚引いたらリセットしても良いだろう。

目当てのカードが出たタイミング

パックに収録されている高レアリティ全てを狙わないのであれば、目当てのカードが出たタイミングで良いだろう。ただ、実装時に注目されていないカードも、環境の変化とともに評価が上がる場合があるので、継続するのもあり。

URを全て引いたタイミング

SRはキャンペーンなどで確定排出される場合がある。そのため、実装されたばかりのパックはURを全て引いたらリセットし、追加のURカードを狙うのも良いだろう。ただし、SRの確定排出の場合は有償の場合が多く、カード選択はできないので注意。

今後追加されるカード予想

王家の眠る谷-ネクロバレー

イシズが使う墓守り系のモンスターを強化できるフィールド魔法。非常に強力な効果を持つため、実装された場合はイシズデッキが猛威を振るう時代がやってくるかもしれない。

ミニBOX収録カード予想

ミニBOXはストラクチャーデッキが元?

ミニBOXのエイジオブディスカバリーは、水属性を大きく強化するものだった。OCGにも特定の種族・属性を強化するストラクチャーデッキ(構築済みデッキ)があることから、ミニBOXはこのストラクチャーデッキが元になっている可能性がある。

4期~5期のストラクが可能性大!?

ストラクは時期によって収録されるカードに傾向があり、4期~5期のストラクは種族・属性を強化するものが多かった。そのため、傾向からすると4期~5期のストラクを元にしたBOXが実装される可能性高いと言える。

今後のミニBOX収録カード予想

コンセプトストラク名
発売年月
予想ポイント
ドラゴン族
BOX
ドラゴンの力
2004年12月
既に実装されているカードばかりだが、レッドアイズ関連カードである《真紅眼の闇竜》が登場するかもしれない。
アンデット族
BOX
アンデットの
脅威
2004年12月
アンデット族はサポートカードが少ない。《ヴァンパイアジェネシス》などが当たり枠になりそうだ。アンデット使いの闇バクラと同時に実装されるかも?
炎属性BOX灼熱の大地
2005年1月
炎属性はサポートカードは多いものの絶対数が少ない。《ヘルフレイムエンペラー》などの強力カードが実装されれば、様々なデッキが作れそうだ。
戦士族BOX戦士の伝説
2005年6月
優秀なモンスターこそ多いものの、戦士族はサポートカードが少ない。《神剣フェニックスブレード》などのサポートカードが実装されると予想。
魔法使い族BOX魔法使いの
裁き
2005年9月
現状でも魔法使い族はサポート、モンスター共に充実している。強力なサポートカードである《ディメンションマジック》などが実装されれば闇の力デッキが環境トップに!?
岩石族BOX守護神の砦
2005年12月
現状では守備力重視のカードは少ないので、守備力が高いモンスターが多いBOXになるかもしれない。《守護者スフィンクス》などでロックデッキが作れる可能性もある。
鳥獣族BOX烈風の覇者
2006年3月
ハーピィは現状ではやや力不足を感じることも多いので、鳥獣族強化BOXは嬉しい。《バードフェイス》などの専用サポートが増えるかも?
恐竜族BOX恐竜の鼓動
2006年6月
恐竜族は現状でも十分に強力。もし《セイバーザウルス》などの優秀なモンスターが更に増えたら、環境トップになること間違い無し!?
機械族BOX機械の叛乱
2006年9月
機械族は現状今ひとつなので、強化BOXが来る可能性はある。《レッドガジェット》などが実装されれば、様々なデッキで大活躍するだろう。また、クロノスの使用カードも多く収録されていたので、GXのキャラと同時に実装されるかも?
天使族BOX閃光の波動
2006年12月
サポートカードは多いものの、主力カードに恵まれない種族なので、《デュナミスヴァルキリア》などが実装されれば大幅に強くなると予想。
闇属性BOX暗闇の呪縛
2007年3月
闇属性のモンスターを多く採用したBOXになる可能性が高い。《エクトプラズマー》などのコンボ・バーンカードも収録されるかもしれない。
ドラゴン族BOX巨竜の復活
2007年6月
《トレードイン》などの最上級モンスターをサポートするカードが登場すれば、《青眼の白龍(ブルーアイズ)》などがもっと活躍できるかも?

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事は役に立ちましたか?

  • 役に立った
  • 不十分だった
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのおすすめパックはどれ?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中