遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
禁止/制限カード情報|リミットレギュレーション

【遊戯王デュエルリンクス】禁止/制限カード情報|リミットレギュレーション

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!

遊戯王デュエルリンクスの禁止/制限カード(リミットレギュレーション)の情報をまとめました。リミットレギュレーション、禁止・制限カードについて解説しています。禁止・制限ん、レミットレギュレーションについて知りたい方はこちらをチェック!

目次

現在の禁止・制限カードリスト

LIMIT1

カード名制限改定
理由
肥大化【無制限→LIMIT1】
モンスターをロックして戦う戦術が、デュエルのテンポを損ねていると判断されLIMIT1入り。
※制限実施は6/24からです。
黄金色の竹光【無制限→LIMIT1】
《リーフフェアリー》と合わせた1キルバーンデッキの流行が原因。
リーフフェアリー【無制限→LIMIT1】
竹光系のカードや《黒いペンダント》と合わせた先攻バーンデッキの流行が原因。
王者の看破【無制限→LIMIT1】
序盤から《真紅眼の黒竜(レッドアイズ)》を特殊召喚し、《王者の看破》で次々に相手のカードの発動を封じる動きが流行したため。

LIMIT2

カード名制限改定
理由
財宝への隠し通路【無制限→LIMIT2】
【サイレントワンキル】のワンキルコンボのパーツだったため、デッキそのものを根絶させる目的での制限入り。
※制限実施は6/24からです。
アサルトアーマー【無制限→LIMIT2】
【サイレントワンキル】のワンキルコンボのパーツだったため、デッキそのものを根絶させる目的での制限入り。
※制限実施は6/24からです。
エネミーコントローラー【無制限→LIMIT2】
長きに渡って活躍した汎用カードだが、これ1枚の存在で、無防備な状態で上級モンスターを出すことがもはやリスクにしかならないなどといった問題点があったための判断だと思われる。
※制限実施は6/24からです。
カップオブエース【無制限→LIMIT2】
ソリティア系のワンキルコンボパーツによく使われることが多く、デッキ破壊系のデッキなどでは表が出ても裏がでてもオイシいなどといった利点もあったため、制限入り。
※制限実施は6/24からです。
悪魔の偵察者【無制限→LIMIT2】
デッキ破壊系のデッキにおける必須パーツだったため、環境のバランスを考える意味での制限入りと考えられる。
※制限実施は6/24からです。
薔薇恋人【無制限→LIMIT2】
長きに渡って活躍した森羅デッキのメインパーツであったため、デッキの多様化を図る目的で今回制限入りを果たした。
※制限実施は6/24からです。
森羅の水先リーフ【無制限→LIMIT2】
長きに渡って活躍した森羅デッキのメインパーツであったため、デッキの多様化を図る目的で今回制限入りを果たした。
※制限実施は6/24からです。
アマゾネスの急襲【無制限→LIMIT2】
除外性能があまりにも性能過ぎたという点で、アマゾネスを一気に環境入りに導いたカード。デッキの多様化を図る目的で今回制限入りを果たした。
※制限実施は6/24からです。
サイバープチエンジェル【無制限→LIMIT2】
機械天使デッキにおける強力なサポートカードであったが、デッキの多様化を図る目的で今回制限入りを果たした。
※制限実施は6/24からです。
パルスボム【無制限→LIMIT2】
ギアギアデッキなどといった機械族中心のデッキで、このカード1枚でそのターンの攻撃を防ぎ切れてしまう性能の高さを持っている。デッキの多様化を図る目的で今回制限入りを果たした。
※制限実施は6/24からです。
D-HEROディバインガイ【無制限→LIMIT2】
墓地に送ることで簡単に2ドローが可能。明らかに過剰なアドバンテージをもたらすカードであるため、ヒーローデッキのワンキル化を促進した要因と考えられる。デッキの多様化を図る目的で今回制限入りを果たした。
※制限実施は6/24からです。
機械天使の儀式【LIMIT1→LIMIT2】
【機械天使】の影響で一時期はLIMIT1に制定されていたが、同じく機械天使のメインカードである《サイバーエンジェル荼吉尼》がLIMIT2になったことで、こちらはLIMIT2に緩和。
サイバーエンジェル荼吉尼【無制限→LIMIT2】
【機械天使】の流行に伴い、デュエルのスピードが著しく急速。速度の遅いデッキがまったく活躍できない環境になり、デッキの幅を大きく縮めてしまったことが原因。
革命【無制限→LIMIT1】
先攻で使用すれば最低でも800のダメージが見込めるバーンカード。初期ライフが4000のデュエルリンクスではそのダメージ量はたいへん大きく、環境でバーンデッキの使用者が著しく増えてしまったため。

禁止・制限カードとは

禁止/制限とは

ゲームバランスを著しく崩すカードに対するルール。同名カードは3枚までデッキに入れられるが、強力なカードはデッキに入れられる枚数に制限がかかる。制限は3種類でそれぞれ制限枚数が違う。

禁止制限の枚数表

【禁止】使用禁止
【LIMIT1】1枚までOK
【LIMIT2】2枚までOK

1.禁止カードとは

禁止カードはデッキに投入できないカードで、強すぎてデュエルで使う事を禁じられたカード。1ターンで決着を着けるカードや、ループコンボが発生するカードなどが禁止カードになりやすい。

2.LIMIT1カードとは

LIMIT1カードはデッキに1枚しか入れられないカードこと。OCGの制限カードとは違い、LIMIT1に指定された全カードのうち、1枚しかデッキに入れることができない。

3.LIMIT2カードとは

LIMIT2カードは、デッキに2枚までしか入れられないカード。こちらもLIMIT1と同じく、LIMIT2に指定された全カードの中から2枚しかデッキに入れられない点に注意。

デュエルリンクスの他の攻略記事

おすすめランキング

カード一覧

全カード一覧はこちら

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事は役に立ちましたか?

  • 役に立った
  • 不十分だった
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


次の禁止制限はどうなると思う?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中