遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
チェーンとスペルスピードを解説

【遊戯王デュエルリンクス】チェーンとスペルスピードを解説

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!

遊戯王のデュエルリンクスのチェーンについて徹底解説!チェーンの仕組みや、スペルスピードついても説明しているので、デュエルリンクス攻略の参考にしてください。

目次

関連記事

初心者〜中級者までの攻略記事一覧はこちら

チェーンとは

カードの発動に対して別のカードを発動すること

チェーンとは、発動されたカードに対して別のカードを発動することを言う。鎖のように効果が連なっていくことからチェーンと呼ばれ、チェーンを重ねる行為は「チェーンを積む」と表現される。

これがチェーン。デュエルリンクスでは自動的に確認が出る。ただし、設定していない場合は自分のカードにチェーンするかどうかの確認が出ないため、デュエル中の設定で変えておこう

自己チェーン確認はONにすること!

自己チェーン確認をONにするにはデュエル中の設定の「チェーン、自己あり」にチェックを付けよう。これで自分のカードに対してチェーンを組めるようになる。

チェーン処理について

チェーン処理は逆から行う

お互いにチェーンを積み終わり、カードを発動しなくなったらチェーン処理が始まる。A→B→Cと発動しチェーンを積んだ場合、効果を解決する順番は逆順で、C→B→Aとそれぞれのカード効果を処理していく。

チェーン処理中にはカードを発動できない

お互いにチェーンを組み終わり、処理が始まってしまうと割り込んでカードを発動することはできない。C→B→Aと処理している所に別のカード効果を挟むことはできないので注意。

チェーン処理の例

カードの発動

カードAの発動に対してカードBを発動、さらにカードBに対してカードCを発動した場合を想定してみよう。

チェーンの組み方

最初に発動したカードAの効果がチェーン1、カードBはチェーン2、カードCはチェーン3としてチェーンが積まれる。

効果処理の順番

チェーンが積み終わったら、効果処理に移る。前述の通り効果を処理するのは発動した順番とは逆になる。

スペルスピードとは

遅いものは速いものにチェーン不可能

スペルスピードとは「カード効果の速さ」を表したもので1~3のスペルスピードが存在する。基本的に、スペルスピードが遅いものは速いものに対してチェーンを組むことができず、同じスピードか遅いものにしかチェーンできない。チェーンを組もうとした時に発動できないカードがあるのはこのためだ。

スペル
スピード1
通常魔法
装備魔法
フィールド魔法
儀式魔法
永続魔法
モンスター効果
(即時効果以外)
スペル
スピード2
速攻魔法
通常罠
永続罠
モンスター効果
(誘発即時効果)
スペル
スピード3
カウンター罠

スペルスピード1

最も遅いスペルスピード。基本的に他のカードにチェーンして発動することはできない。

スペルスピード2

スペルスピード1とスペルスピード2の効果に対してチェーンを積むことができる。

スペルスピード3

全てのカードの発動に対してチェーンを積むことが出来る。スペルスピード3の効果にチェーンできるのはスペルスピード3のものだけだ。

チェーンの注意点

チェーンができない行動がある

チェーンはあくまでカード発動に対して別のカードを発動する行為を言う。以下の行動はカードの発動ではないためチェーンできない。

  • モンスターの各種召喚・特殊召喚
  • モンスターの攻撃
  • モンスターの表示形式変更
  • 各種永続効果(一部例外あり)
  • ドローフェイズのドロー
  • 各フェイズの開始や終了

デュエルリンクスの他の攻略記事

初心者向け記事

初心者向け攻略記事まとめはこちら

おすすめランキング

カード一覧

全カード一覧はこちら

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中