ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
闘技場のコツ/テクニック解説

【ドラクエライバルズ】闘技場のコツ/テクニック解説【ライバルズ】

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
12月12日(火)公開の新情報はこちら!公式生放送まとめ

ドラクエライバルズの闘技場攻略のために意識すべきコツやテクニックについて掲載中です。ドラクエライバルズのいざないの闘技場攻略の際にご参考ください。

闘技場のコツ/テクニック解説

目次

リーダー別いざないの闘技場攻略

闘技場攻略まとめ

1.闘技場でピックすべきカード

闘技場で強いカードの傾向を知ろう

まずは闘技場ではどんなカードが強いのかの知識をつけ、ピックするカードの方向性を掴むことが重要である。個別のカードについて詳しくなくとも、どのようなカードが強い傾向にあるのかを知っておけば、大きな間違いはしなくなる。

高いステータスを持つカード

盤面で勝つことが必要

闘技場では構築戦と比べて、アグロやコンボなどの決まった戦術を取りにくいため、単純な盤面の取り合いになりやすい。ユニット同士の戦闘で有利になるよう、コストに比較してステータスが高いカードが評価されることも多い。

攻撃力よりも体力が評価される

同コストの敵ユニットを一方的に打ち取れる機会が多いため、攻撃よりも体力が高いユニットを優先的にピックしたい。例えば、2/2のユニットを2/3なら一方的に倒して盤面を有利にできるが、3/2だと相打ちになり、テンポを取りづらくなってしまう。

盤面に影響を与える能力を持つカード

ステータスの他に、除去効果やにおうだち、速攻など、盤面を有利にしやすい能力を持ったユニットは優先してピックしたい。逆に、回復など盤面に対しての影響力が低いものはあまり重視されない。

優先度 高除去効果、におうだち、速攻など
優先度 中ステルス、対象にならない、強化、ドロー、サーチなど
優先度 低回復など

単体で強いカード

コンボで真価を発揮するカードは使いにくい

組み合わせによって力を発揮するカードは、ランダム性の高い闘技場では力を発揮しにくい。例えば占いを持つカードは、必中モードでないと運任せになり、構築戦ほどの活躍ができない。そのため、単体で仕事ができるカードは評価される傾向にある。

組み合わせを考えよう

単体で強いカードをピックするのがセオリーだが、コンボ前提のカードを致し方なく取ってしまう状況もある。そういった場合は、そのカードと相性の良いカードを優先的にピックするなどして、組み合わせも考えよう。

除去効果を持つ特技は有用

盤面に即影響

ユニットにダメージを与えるような特技は、厄介なユニットをすぐに倒せることもあり有用。他にも不利なトレードを防いだりと、序盤から終盤にかけて盤面を有利にするのにかなり役立ってくれる。

全体除去は積極的に選択

基本的に闘技場は強力なカードによるコンボなどがない分、逆転の可能性が少ない。その中で、全体に影響を与える特技は不利な局面を巻き返せる可能性をもつ数少ないカードだ。そのため、選択肢に現れた場合は、積極的に取っていきたい。

何枚かドローカードもあると安定

お互いが事故なく進むと手札のリソース勝負になりやすい。そこで何枚かのドローカードをピックしているとそういった接戦を制すことができる。もっともあくまで盤面をとるのが前提なので、上に挙げたカード類と比べると優先度は下がる。

2.事故を減らす

闘技場では事故に注意!

闘技場であまり勝てない人は、事故で自滅してしまうパターンが多い。構築とは違い、相手に強力なコンボを決められることは少ないので、事故を減らせれば勝率を上げることが出来るだろう。

手札事故

初期手札が高コストだらけになり、序盤にまったく動けないという事故。手札交換時に高コストカードを交換したり、低コストのカードを多めにピックすることで回避しやすくなる。

手札切れ事故

相手より先に手札が切れてしまい、後半に強い動きができなくなってしまうという事故。ドローソースの採用や1コストの不採用、後述のマナカーブをよくすることによって減らせる。

トップ事故

後半、お互いに手札を切らした後に、ドローで1コストや2コストなどのパワーが低いカードを引いてしまい、強い動きができなくなるという事故。前述の手札切れ事故と共通し、マナカーブをよくすることで対応できる。

3.マナカーブ(MPカーブ)を意識

▲画像中段の青い山のようなものがマナカーブ

マナカーブ(MPカーブ)とは

デッキ内のカードをコスト順に並べ、それぞれのカードの枚数をグラフにした際に描かれるカーブのこと。ある程度バランスよくカードをピックしなければ、いくらパワーカードだらけでも勝てない。

理想のマナカーブ

一般的なデッキでは

こういったルールで多くなりがちなミッドレンジタイプのデッキでは、一般的に2コストが頂点になるマナカーブがいいと言われる。他のカードと組み合わせやすく、序盤からプレイできるためだ。

攻略の基本はあくまでカードパワー

マナカーブはあくまでも「軽いカードは多め」「重いカードは少なめ」といった程度の方針にすぎない。よほど偏らない限りは優秀な効果を持つカードを優先して選んでいこう。

4.ピックとマナカーブ

マナカーブを実際のピックで活かす考え方

10枚目くらいまで

単純に評価点の高いパワーカードをとっていく、同じくらいの点数が来たときはマナカーブを意識しつつ、コストが低めのカードを採用したほうが安定しやすい。

20枚目くらいまで

このあたりからマナカーブを意識。ただまだカード評価点の方を重視していい。特に極端なパワーカードなどが来た場合は一時的にマナカーブが崩れても積極的にとっていく。最後の10枚で修正が効くように極端に偏らないようにする。

30枚目まで

最終調整をしていく場面。もしもまだ2コストや3コストあたりが極端に少ないようなら、多少の点数差があっても採用していく。どれだけパワーカードが多くても序盤に全く動けなければ勝てない。

5.プレイングのコツ

盤面を制するのが闘技場攻略のカギ

闘技場では、構築と比べて極端に場の状況を変えるような特技やユニットが出づらい。そのため有利なトレードを繰り返し、少しずつ盤面を制圧していくことが何より重要だ。

相手の体力にプレッシャーをかけていく

無駄なトレードを減らし、リーダーへの攻撃を増やすことで早めに相手のHPを危険域にするのは超重要。単純に勝利に近づくと同時に、相手を防戦一方にすることができるからだ。

あえて出さないというのも手

闘技場では有利なトレードでリソースに差をつけられると命取りになりうる。そのため、ユニットを出しても不利なトレードをされそうなときはあえて出さないのも一つの手だ。

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

いざないの闘技場に関連した記事

リーダー別いざないの闘技場攻略

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中