ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
ルールについて解説

【ドラクエライバルズ】ルールについて解説【ライバルズ】

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
勝敗を分析して、最強を目指そう!

ドラクエライバルズのルールやシステムについてになります。ドラクエライバルズで分からないルールがある方は参考にしてください。

目次

序盤にやっておくことについての記事はこちら

ドラクエライバルズの基本ルールまとめ

ドラクエライバルズのデッキルール

・デッキ枚数は30枚

・カードは1種類につき最大2枚

・レジェンドは1種類につき1枚まで

・リーダーによって使えるカードが違う

・共通カードはどのリーダーでも使える

ドラクエライバルズのバトルルール

・バトル開始時のHPは25

・先に相手のHPを0にすると勝利

・初期手札は先攻3枚・後攻4枚

・MPは自ターン開始の度に1増加

・後攻は開始時テンション+2

ルール/バトルシステムの詳細

カードはコストを払って使用

カードにはそれぞれコストがあり、その数値分のMPを支払うことでプレイすることができる。カードの種類を問わず、コストが支払える限り1ターンに何枚でもプレイが可能だ。

▲カード左上にコストが記載されている。

自エリアは全部で6マス

味方のユニットを置けるエリアは前列と後列それぞれ3マスずつ。カードによって、前列や後列でしか働かない効果を持ったものもある。

ブロック・ウォールで身を守る

ドラクエライバルズでは、身を守るためのシステムとして「ブロック」と「ウォール」というものがある。配置する列が関係してくるのは主にこの部分になる。

ブロック・ウォールの解説

ブロック横一列にユニットがいると発動
後列にいるユニットに攻撃ができなくなる
ウォール前列or後列の縦3マスにユニット設置で発動
リーダーに攻撃ができなくなる

▲上記のような配置でブロックが発動。前列がいる間、後列ユニットが攻撃されない。

▲上記の通り1列にユニットが揃うと発動。リーダーへの攻撃を阻止できる。

相手への攻撃方法

敵がブロックやウォールを発動していなければ、任意の敵に攻撃を仕掛けられる。
ユニットへ攻撃した場合は、敵ユニットの攻撃力分のダメージを自身も受けることになる。

テンションを溜めてバトルを有利に

テンションスキルはMPを消費しない

1MPを使ってテンションを上げ、テンションを3ゲージを消費することで「テンションスキル」を発動できる。「テンションスキル」はリーダーごとに効果が違い、リーダーの得意な戦法を体現したような効果のものが多い。

必殺技で形勢を逆転

カードの中には、「必殺技」と書かれているものがある。必殺技カードはMPだけでなくテンションを3ゲージ使う必要があるので、発動難易度は高い。しかし、効果は絶大で一気に形勢を逆転できるものも多い。

テンションスキル・必殺技について解説!

デッキのカードを引けなくなった場合

カードを引けなくなっても敗北はしない

カードゲームではデッキのカードを引き切り、次のドローを行えない場合に敗北するといったものが多い。しかし、ドラクエライバルズではデッキが0になっても敗北せずに、ゲームを続行できる。

ドローが行えない場合ダメージを受ける

デッキが切れてからカードを引こうとすると、カードを引く代わりにダメージを受けることとなる。ダメージの量は1から始まり、2、3、4と、毎ターン受けるダメージが1ずつ増えていく。

バトルの流れ

先攻/後攻を決めて手札交換

対戦のスタートと同時に、先攻と後攻がランダムに振り分けられる。初期手札は先攻が3枚、後攻は4枚となっている。先攻後攻を決めたら、不要なカードをデッキに戻して引き直す、手札交換(マリガン)を行うことができる。

手札交換(マリガン)についての記事はこちら

ターン開始時にMPが増加

ターン数に応じて、使用できるMPの量が増えていく。1ターンにつき1ずつ増加していくため、後半になるにつれてコストの大きいユニットを使用できるようになる。MPは最大で10まで増加し、10ターン目以降はMPは増加しない。

カードを使用していく

自分のターンになったら、MPを消費して手札のカードを使用したり、ユニットで攻撃したりすることができる。どのカードを使用するか、どの相手に攻撃するかが勝負の分かれ目になる。

行動が終わったらターン終了

カードの使用・攻撃が全て終わったら、ターンを終了しよう。この繰り返しでゲームは進行していく。最初に相手の体力を0にしたほうが勝利だ。

各マッチのシステム/ルール

ランクマッチ

オンライン上の他のプレイヤーと、ランク昇格をかけて対戦する試合形式。自分の所属しているランクに近いユーザーが対戦相手となる。
最高ランクのレジェンドランクを目指してランクマッチに挑もう!

ランク名称

  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • レジェンド
ランクマッチ(竜王杯)について解説&報酬まとめ

フリーマッチ

ランクに関係なく、他ユーザーとマッチングして対戦ができるモード。勝率に合わせた対戦相手とマッチングしやすい。

ルームマッチ

対戦用のルームを作成し、友達などと対戦ができる。部屋番号を作成し、対戦相手に入力してもらおう。

デッキの作り方/カード錬金ルール

デッキ枚数は30枚

▲デッキは30枚ちょうどでなければならない。

デッキの枚数はちょうど30枚。各リーダー専用のカードと、全てのリーダー共通で使用できるカードを組み合わせて、デッキを作っていく。

デッキの組み方についての記事はこちら

同じカードは基本的に2枚まで

デッキに採用できるカードは、レジェンドを除いて、1種類につき2枚までという決まりがある。例え、同じカードを3枚持っていても、デッキには2枚しか採用できない点に注意が必要だ。

レジェンドの枚数は1枚に制限されている

レジェンドカードは基本的にパワーが高く、1枚で戦況を変えてしまうものが存在する。そのため、レジェンドを複数枚採用することは出来ず、1種類につき1枚しか投入することが出来ない。

関連記事はこちら

カードはパックの購入で入手できる

カードを入手する1番簡単な方法はカードパックを購入すること。しかし、カードパックの購入にはジェムやゴールド、チケットが必要。クエストやアチーブメントを達成することなどで手に入れよう。

カードは錬金ができる

ほぼ全てのカードは錬金石を使って入手することができる。自分のデッキに合わせて必要なカードを錬金で入手することが可能だ。

錬金におすすめのカード

カードを分解して錬金石にできる

所持しているカードは、分解して錬金石にできる。使用していないカードは分解して、他のカード錬金に使用できる。

関連記事はこちら

ドラクエライバルズのカードの種類

ユニットカード

プレイすることでユニットとして場に出るカード。戦闘を行うと、攻撃力分のダメージを相手に与え、ダメージを受けると体力が減る。体力が0以下になると死亡する。一部のユニットを除き、場に出たターンは攻撃ができない。

消費MP(召喚コスト)
ユニットの攻撃力
ユニットの体力
ユニットカード一覧はこちら

特技カード

プレイすることにより、記載されている効果を発動できるカード。ダメージを与える効果やユニットを破壊する効果など、カードによって様々な効果をもつ。

特技カード一覧はこちら

武器カード

プレイすることでリーダーに装備することができ、リーダーが攻撃を行う際に武器カードが持つ攻撃力分のダメージを与えられる。また、一度攻撃する毎に体力が1ずつ減っていく。

武器カード一覧はこちら

必殺技

▲必殺技は各リーダーに適した特別な効果をもっている。

必殺技は各リーダーごとに用意された固有のカードだ。テンションゲージを3段階ためた上にMPを消費するため使用に至るハードルは高いが、どれも強力な効果をもっている。

必殺技カード一覧はこちら

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

初心者向け攻略情報

序盤の進め方まとめはこちら

初心者向け記事一覧

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中