DQR
ドラクエライバルズ(DQライバルズ)攻略wiki | DQR
前列/後列のおすすめ配置を紹介!

前列/後列のおすすめ配置を紹介!

最終更新 :

ドラクエライバルズ(DQR)の前列/後列の配置についてまとめています。ドラクエライバルズでユニットを配置する時の参考にしてください。

目次

前列/後列の配置の基本

相手に合わせて適切な配置に

自分が動きやすいようにユニットを配置するのはもちろんだが、相手がこちらのユニットを除去しづらいように配置することで、より有利にバトルを進められる。下記では相手リーダーに合わせて、おすすめの配置を紹介しているので参考にして欲しい。

テリー戦のおすすめ配置

縦に並べる配置は避ける

テリーは、しんくう斬りギガスラッシュといった、縦に並んでいるユニットをまとめて攻撃するカードをいくつか持っている。またテンションスキルで貫通を得ることができるので、ジグザグにユニットを配置することで被害を抑えよう。

▲貫通、もしくはしんくう斬りを使われても除去されるのは1体で済む。

ゼシカ戦のおすすめ配置

後列に配置することで氷塊対策に

ゼシカ戦では後列に配置することで、氷塊を利用してブロックを発動させるといった対策ができる。もっとも、氷塊を使ったデッキは少ないほか、ゼシカは列指定の除去などを持たないため、基本的には自分の都合で配置してしまっていいだろう。

▲相手に氷塊をうまく利用されてしまっている。

アリーナ戦のおすすめ配置

後列に配置がベター

アリーナは、前列全てのユニットに4ダメージを与えるまわしげりなど、前列を除去する手段を多く持っている。そのため、後列にユニットを配置することを意識しよう。ただしあしばらいなど、前列と後列を入れ替えるカードもあるので油断は禁物だ。

▲お互い前列を警戒して、後列に配置している。

ククール戦のおすすめ配置

グランドクロスに注意

ククールの必殺技のグランドクロスは、「敵の後列中央を中心に十字型に5ダメージを与える」というもの。採用例の多いカードなので、警戒しておいたほうがいいだろう。重要なユニットを前列上段or前列下段に配置するなどして対策しよう。

▲ビッグスロースとかくとうパンサーはグランドクロスの範囲外に設置されている。

トルネコ戦のおすすめ配置

前列/後列はそこまで気にしなくていい

トルネコは前列/後列を指定してダメージを当たるようなカードを持たないため、自分の好きなように配置してしまって大丈夫だ。ただし、あらくれ呼びを警戒してウォールを作ることや、超ちからのたねの貫通を対策するくらいはしておくといいだろう。

▲あらくれ呼びはトルネコの必殺技だ。

ミネア戦のおすすめ配置

警戒するのは皇帝のタロットくらい

ミネアも前列/後列はあまり気しなくても大丈夫なリーダーだ。警戒するのは皇帝のタロットの貫通くらいなので、基本的には自分の好きなように配置してしまおう。

▲皇帝のタロットの②効果でユニット1体に貫通が付与される。

ピサロ戦のおすすめ配置

前列に配置しよう

ピサロはお互いの後列全体に5ダメージを与える地獄の業火を有している。そのため前列にユニットを配置しておくといいだろう。

▲地獄の業火はお互いの後列にダメージを与えるので、相手ピサロも前列に配置している。

その他のドラクエライバルズ攻略記事

ドラクエライバルズ初心者攻略、序盤の進め方の記事です。初心者が効率よく進める手順を詳しく掲載しています。ドラゴンクエライバルズ(DQライバルズ)初心者の方はまずここをチェックだ!

目次

βテストで判明した情報はこちら

βテスト序盤でやること

※下記はドラクエライバルズβテスト時の内容です。リリースされ次第、最速で情報を更新します。

無料のカードパックを集める

ドラクエライバルズのβテスト序盤でやるべきなのは、何よりもカード集めだ。序盤においては、カードを引くためのチケット、もしくはゴールドを集めることを優先しよう。

リセマラは出来ない

βテストでは、CBT起動用コードを使ってログインすることとなる。この起動用コードは1回しか使用できないため、アプリを消すとゲームをプレイできなくなる。βテスト時はリセマラをせずにゲームを進めることになる。

チュートリアルをクリアする

最初の選択肢は「はい」を選ぶ

ゲームがスタートすると、アメリアというキャラとの会話が始まる。ある程度進むと選択肢が出てくるので、はいを選択しよう。いいえを選択しても、もう一度選択肢が出てくるため、話が進まないぞ。

4つのチュートリアルをクリアする

選択肢を選んだ後は、4つのチュートリアルをクリアすることになる。それぞれ戦い方の基本を教えてくれるため、テキストをスキップしないように注意しよう。

スキップすることも可能

各チュートリアルは、スキップする事ができる。アメリアとの会話は右上のスキップを押す。戦闘は左上にある歯車のマークの中にあるスキップを押すと、チュートリアルをスキップできる。ただしスキップするメリットは無いので、スキップ機能は使わないほうが良いだろう。

ログインボーナスでカードを引く

貰ったカードパックとゴールドは全て使う

チュートリアルが終わると、チケット15枚、2000G、錬金石2000個がもらえる。この中でカードを引くには、チケットとゴールドを使用する。これらは他の使い道がないため、全てカードパックの購入に使っていい。

カードパックの購入は右下のショップから

カードを引きたければ、画面の左下にある「ショップ」に行こう。ここでゴールドかチケットを使って、カードパックを購入することができる。

トレーニングモードでカードを集める

限定のカードを手に入れるため

ソロプレイから遊べるトレーニングモードでは、それぞれの職業で使える強力なカードを入手できる。これらはカードパックから入手できないため、トレーニングモードをクリアする必要がある。

プレイできるのはステップ1だけ

ドラクエライバルズβテスト期間中は、ステップ1のみプレイすることができる。各職業のチュートリアルとなっているため、難易度は非常に優しい。

各職業でもらえるカードまとめ

デッキを作ってみる

最初にもらったデッキを元に作る

チュートリアルを突破すると、各リーダーのデッキをもらうことができる。最初はそのデッキを元に、カードパックで引いたカードを編成してマッチングバトルに挑もう。

デッキの組み方はこちら

各リーダーのLvを5まで上げる

カードパックが計56パック入手できる

マッチングバトルでレベルを上げると、カードパックチケットが手に入る。なおLv5まではチケットが2枚もらえるため、1人のリーダーをLv5にするだけで8枚のパックを貰える。7人全てのリーダーをLv5にすれば、合計で56パックも入手できるぞ。

Lv5にするには3回勝てば良い

序盤のマッチングバトルはレベルが上がりやすい。各リーダーとも3回勝てばLv5に到達するため、先に全員のリーダーのレベルを上げることをおすすめする。

デッキを組み直して再度対戦へ

カードを増やそう

もらったカードパックを引く

各リーダーのレベルを上げて入手したカードパックを使って、カードを引こう。56パック分引けば、強力なカードが増えるのは間違いない。

カードはカードパック以外でも入手できる

ドラクエライバルズには錬金という方法で欲しいカードを入手することができる。カードを錬金するには錬金石が必要で、錬金したいカードのレアリティによって必要数は異なる。

錬金の方法はこちら

デッキを組み直してみる

カードが増えたら、再度デッキを組み直してみよう。今までは持っていなかった強力なカードや、新しく入手したカードによるコンボなどでより強いデッキにすることができるだろう。

最強デッキはこちらでチェック!

再度対戦へ

デッキを強化した後は今まで以上に勝てるようになったり、よく見るカードへの対策ができるようになっているだろう。勝てるようになればまたカードパックやゴールドが入手できるので、その都度デッキを組み直して強化していこう。

その他のドラクエライバルズ攻略記事

初心者向け攻略情報

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

お知らせ

攻略情報

掲示板

リセマラ

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

必殺技

初心者向け攻略情報


(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中