ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
バーンゼシカの最新デッキレシピと立ち回り | 対策紹介

【ドラクエライバルズ】バーンゼシカの最新デッキレシピと立ち回り | 対策紹介【ライバルズ】

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
勝敗を分析して、最強を目指そう!

「バーンゼシカ(魔法使い)」の最新デッキレシピの記事の紹介です。お役立てください。デッキの概要やキーカードの紹介はもちろん、入れ替え候補、マリガンを含めた立ち回りも掲載しています。対策も紹介しているので、デッキ構築の際にご活用してください。

▼バーンゼシカに勝ちたい方必見!▼

バーンゼシカに勝つ方法を解説

目次

ゼシカ(魔法使い)の他デッキはこちら

ゼシカ(魔法使い)のデッキ一覧

バーンゼシカの評価と概要

バーンゼシカの評価2

評価8.0 / 10点
扱いやすさ★★★★・
他のデッキの評価はこちら

バーンゼシカの概要

相手リーダーを直接叩く

バーンゼシカは、メラゾーマなどの直接相手リーダーのHPを削れるカードを多く採用した攻撃的なデッキ。ウォールやにおうだちがあっても無視してリーダーを削れるのが最大の強みだ。

速攻やステルスを持つユニットも採用

上記の直接火力系のカードに加えて、はぐれメタルなどの速攻を持つカードも採用。さらにステルス持ちのユニットも採用することで、相手の体力を削りやすい構築にしている。

バーンゼシカの相性傾向

編集中

バーンゼシカのレシピ2

作成コスト(錬金石)約1,640
デッキのじゅもん「らえとんとすもね」
(有効期限:12/19 13:000まで)

デッキレシピの詳細

カード名レアコスト種類枚数
メラ0特技2枚
メラゴースト1ユニット2枚
いたずらもぐら1ユニット2枚
おばけキャンドル1ユニット2枚
いっかくうさぎ2ユニット2枚
たけやりへい2ユニット2枚
ドロヌーバ2ユニット2枚
マジックフライ2ユニット2枚
メラミ2特技2枚
あやしいかげ3ユニット2枚
げんじゅつし3ユニット2枚
はぐれメタル3ユニット2枚
亡者のひとだま4ユニット2枚
メラゾーマ4特技2枚
バアルゼブブ5ユニット2枚
デッキのじゅもんを発行

※リンク先のドラクエライバルズ(DQR)カードライブラリで、ご自身でデッキのじゅもんを発行してください。

キーカードと採用理由2

カード名説明
いっかくうさぎ2コスト2/1の速攻持ちユニット。HPが低いため戦闘での活躍はあまり期待できないが、場に出したターンに相手リーダーを削れる点を評価。たけやりへいと組み合わせて4点ダメージを与える動きも強力だ。
げんじゅつし3コスト3/3のユニット。特技ダメージを+1する効果を持つ。メラなどの打点を上げられる。後半に火力カードとセットで使って、相手を追い詰めよう。
メラゾーマ4コストの特技。敵1体に5ダメージを与えられる。除去として使えるほか、ダメージソースにもなり、ゼシカデッキ全般におけるキーカード。

入れ替え候補2

カード名説明
ガチャコッコ3コスト0/5のユニット。におうだちと、召喚時に相手の場にいるユニットの数だけ攻撃力を上昇させる能力を持つ。こちらが展開してユニットを守ることで、結果的にダメージを稼ぐ手助けができる。げんじゅつしなどとの入れ替え候補。
ゴールデンスライム4コスト2/3のユニット。メタルボディ。全体除去カードとして有用な1枚。枠が余っているなら採用しても良いだろう。低コストカードなどとの入れ替え候補。
メタルキング5コスト3/3の速攻持ちユニット。テンションリンクで手札に戻るため、使いまわすことで何度もダメージを稼ぐことができる。バアルゼブブとの入れ替え候補。

バーンゼシカのマリガン0

1枚はキープしておきたいカード

いたずらもぐら
テンションアップのたびに攻撃力が上昇するため、見た目以上の打点を稼ぐことができる。できるだけ早期に召喚し、毎ターン攻撃力をアップさせよう。
おばけキャンドル
高い攻撃力と死亡時効果が優秀。初手で持っておきたい1枚。
ドロヌーバ
体力よりのステータスに加え、ステルスを持つため場持ちが良い。序盤の展開役として有用だ。
亡者のひとだま
優れた除去耐性により、敵リーダーにダメージを与えやすい。特に4ターン目に出すと大きな活躍に期待ができる。

後攻時に狙いたいカード

メラゴースト
1ダメージを与える効果が敵ユニットの処理に有効。体力2のユニットとも相打ちになることができる。

バーンゼシカの立ち回り

序盤の立ち回り0

次々とユニットを展開して、攻める

低コストのユニットを次々と展開して、序盤から相手リーダーのHPを積極的に削っていこう。基本的に相手のユニットは全て無視して構わないので、どんどん攻めると良い。

テンションアップは二の次

ゼシカのテンションスキルは強力なので、テンションアップも狙いたいところだが、基本的にはユニットを優先してプレイしよう。ユニットを最大限プレイして、PPが余ったときにテンションアップを狙おう。

速攻は温存してもいい

速攻を持つユニットはダメージになりやすいので、他に選択肢があるなら温存するのも悪くない。逆にたけやりへいなどのユニットに依存する効果は、使えるときに使ってしまうのがいい。

時には交換も考える

相手の場のユニットは基本的には全て無視するのだが、こちらのいたずらもぐらを守るために除去を狙うときもある。除去した方が次のターンの打点が大きくなるようであれば、交換することも考えよう。

中盤の立ち回り0

打点を稼ぐ

狙いはシンプルに相手リーダーを削り切ることなので、中盤でもどんどんユニットを召喚して攻め立てよう。出した瞬間に攻撃できる速攻持ちや、除去耐性があり1回は攻撃できる可能性が高いステルス持ちユニットで押し切る動きを狙いたい。

火力はなるべく温存

メラゾーマ亡者のひとだまがある場合など、どちらをプレイするか迷った時には、火力を温存し、ユニットを召喚しよう。ユニットなら場に残って複数回のダメージが見込めるうえ、ウォールなどに関係のない火力は、後でも一定の効果を期待できる。

終盤の立ち回り0

トップに期待して攻める

終盤まで相手に粘られてしまうと、こちらは息切れしやすいため、どんどん勝ち筋が薄くなっていってしまう。デッキに、引いた瞬間にダメージを出せるカードがどれくらいあって、何をトップで引けば勝てるのかを考えながら、諦めずに攻めよう。

バーンゼシカへの対策0

ククールの回復で対策

バーンゼシカは速攻デッキであり、手札のほとんどを使い切って押し切る、といった戦略が基本となる。そのため、大量の回復手段を持った相手だと息切れしてしまい、倒しきれなくなることが多い。ククールで対策するのが最も効果的と言えるだろう。

回復効果を持つ共通カードも手

共通カードにはおむつっこりホイミスライムなどの低コストで使いやすい回復効果持ちユニットが存在する。対バーンゼシカを意識するのであれば、こういったカードを採用するのも一つの手だ。

対策としておすすめのデッキ

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

ゼシカ(魔法使い)の他デッキはこちら

リーダー別デッキ集

デッキ評価

リーダー別カード一覧

全カード一覧はこちら

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

バーンゼシカにおすすめのカードは?

投稿お待ちしております
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中