ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
ククールのデッキレシピ集 | 戦い方と対策

【ドラクエライバルズ】ククールのデッキレシピ集 | 戦い方と対策【ライバルズ】

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
勝敗を分析して、最強を目指そう!

ドラクエライバルズのククール(僧侶)のデッキレシピ集の記事です。デッキ紹介だけでなく、最強ククールデッキの考察も掲載しています。また、ククールの声優情報、基本的な戦い方、対策方法もまとめていますので、ドラクエ ライバルズ攻略にご活用してください。

目次

ククール(僧侶)のカード一覧はこちら

リーダー別デッキ集

全デッキ一覧はこちら

ククール(僧侶)のデッキレシピ集

コントロールククール

回復で粘り強く戦う

ベホイミベホマなど、回復効果を持ったカードを多く採用しているのが特徴のデッキ。また、ククールのテンションスキル「いやしの波動」でも回復ができるため、終盤に向けて粘り強く戦うことができる。

大型ユニットでのフィニッシュを狙う

序盤・中盤は回復を活用して凌ぎ、終盤にりゅうおうゾーマといった大型のユニットでのフィニッシュを狙いたい。また、どんぐりベビーがドロー効果を持っており、切り札の大型ユニットを引きやすくなっている。

コントロールククールの詳細はこちら

アグロククール

アグロククールは、ユニットを展開して敵のHPを削り続ける速攻系のデッキだ。HPの高いユニットに対して、皮肉な笑いイーブルフライなどのカードを用いて、強力なステータスを持つユニットを作りやすい構築になっている。

アグロククールの詳細はこちら

ミッドレンジククール

ミッドレンジククールはユニットを展開して戦う中速のデッキ。テンションスキルや回復効果を持つカードを使いながら、有利交換を狙って行き、じわじわと相手を追い詰めて戦うのが基本だ。

ミッドレンジククールの詳細はこちら

格安ミッドレンジククール

格安ミッドレンジククールは、ミッドレンジククールからレジェンドであるベリアルなどを抜いて調整した、作成コストの安いデッキ。回復を駆使しつつ敵リーダーのHPをじわじわ削ろう。

格安ミッドレンジククールの詳細はこちら

最強ククールデッキを紹介!

攻略班が選ぶ最強のククール

GameWithの攻略班が、個人の主観を元に、独断と偏見でククールの中でどのデッキが最強なのかをチョイス!レジェンドランクで戦っている1プレイヤーの意見として、参考にしてみて欲しい!

ライターAアグロククール
ククールといえば回復ですが、このデッキは非常に攻撃的なものになっています。回復主体だと思っている相手の裏をかくことができ、爽快感がたまりません。
ライターBコントロールククール
回復を多めに積んだコントロールタイプのデッキです。速攻系のデッキに戦いやすく、じっくり構えて戦いたい人におすすめです。

ククール(僧侶)の基本情報と声優

職業僧侶
テンションスキルいやしの波動
必殺技グランドクロス
初登場作品ドラゴンクエストⅧ
空と海と大地と呪われし姫君
僧侶カード一覧はこちら

プレイボーイの聖堂騎士

プレイボーイでもあるが、レディを守る気高い騎士道精神も持ち合わせている。DQ8では回復をはじめ何でもこなせる器用な役であった。ドラクエライバルズでも回復が得意であり、味方を守りながら粘り強く戦っていけるのが特徴。

ククールの声優は「細谷佳正」さん

進撃の巨人(ライナー・ブラウン)やFree!(山崎宗介)で有名な細谷佳正さんが担当している。幅広い役柄をこなす細谷さんだが、ククールはキザなセリフで女性を口説くプレイボーイ。回復に長けているので、ククールに癒やされたいあなたにおすすめ。

ククールは強い?弱い?

ククールの特徴を知った上で、単刀直入にククールの強さが知りたい!という方は下のページを参考にしてほしい。このページではククールについて徹底考察しているので、より詳しい情報を知ることができる。

ククールの徹底考察はこちら

ククール(僧侶)の必殺技/テンションスキル

ククール(僧侶)の必殺技

ユニットとリーダーを同時攻撃

ククールの必殺技は「グランドクロス」で、「敵の後列中央を中心に5ダメージを与える」という効果を持つ。最大で敵ユニット4体とリーダーを同時に攻撃することが出来る点が強力だ。盤面の不利を覆せる可能性があるまさに必殺技と言えるだろう。

コントロールククールで採用される

「グランドクロス」はコントロールククールで採用されることが多いカードだ。ダメージを与える場所は固定されてるものの、複数体の除去を1枚で狙えることもあり、決まった時の爆発力は絶大だ。

ククール(僧侶)のテンションスキル

全体回復で味方を守る

ククールのテンションスキル「いやしの波動」は「味方リーダーと味方全ユニットのHPを3回復する」というもの。リーダーを回復して粘り強く戦えるようにしたり、味方ユニットを回復して有利交換に繋げたりと、守ることに特化した能力だ。

ククール(僧侶)デッキの特徴と戦い方

回復に特化したリーダー

ホイミなどの回復が得意

テンションスキルからも分かるが、ククールは回復が得意なリーダー。ホイミベホイミなどの回復呪文で味方を守れるのが特徴だ。また、自身のテンションスキルでも回復することができる。

復活呪文も操る

ククールは回復だけではなく、一度倒れたユニットを復活させることができるザオラルなどがあるのも特徴になる。自軍を相手よりも有利な状態に保ち続けることで、最終的な勝利を目指すリーダーだ。

回復を条件に効果が発動する

味方リーダーが回復すると1ドローができるどんぐりベビーなど、回復を条件に効果が発動するものが多いのも特徴。回復手段とこれらのカードの効果を上手く組み合わせることで、アドバンテージを稼いでいく。

高い体力を持つユニットを強化

ククールにはコストに対して高い体力を持つユニットが多い。そのため、攻撃力をHPと同じ値にする皮肉な笑いエビルトレントなどで強力なユニットを作り出すことが出来る。安定性にはやや欠けるが、上手く行けばフィニッシュをも狙える。

確定除去カードが存在

ザキザラキなど、ダメージ効果ではなく、ユニットを死亡させるカードが存在するのも大きな特徴。貴重な確定除去カードであり、大型ユニットも簡単に倒すことができるため優秀だ。

ククール(僧侶)デッキの対策

意識すべき立ち回り

大ダメージで一気に攻める

少ないダメージでは、ククールの豊富な回復カードですぐに回復されてしまう。雷鳴の剣メラゾーマなどで敵リーダーに大ダメージを与え、一気に攻めよう。相手の回復が追いつかないようにして押し切るのが狙いだ。

攻めるタイミングに注意

ククールデッキは回復時に能力が発動するユニットを多数採用している。少ないダメージ量ではすぐに回復される上に能力を発動されてしまうため、状況によっては攻撃可能なユニットがいても敵リーダーをあえて攻撃しないというのも一つの手だ。

大型ユニットを早期展開

ピサロにはMPを増やすカードが多数存在するため、大型ユニットの早期展開が見込める。ククールデッキよりも早くパワーカードをプレイして圧倒するのが対策として有効だ。

配置に注意が必要

ザラキの影響を受けにくい配置に

ザラキは縦一列にいる敵ユニットを死亡させる効果を持つ。7ターン目以降は重要なユニットを縦一列に並べるのは避けよう。前列と後列に分けて配置するのがベターだ。

テンションゲージを見て必殺技に注意

必殺技のグランドクロスは敵の後列中央を中心に十字型に5ダメージを与える効果を持つ。採用が多いようであれば、相手のテンションゲージが溜まっている際はグランドクロスの範囲外にユニットを配置しよう。

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

全カード一覧はこちら

リーダー別デッキ集

デッキ評価

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中