第五人格
IdentityV (第五人格)攻略
第二スキル!補助特質の選び方を紹介
【第五人格】第二スキル!補助特質の選び方を紹介【IdentityV】

【第五人格】第二スキル!補助特質の選び方を紹介【IdentityV】

最終更新 :
第五人格攻略からのお知らせ
DMM版とアカウント連携してパソコンでも第五人格で遊ぼう!
おすすめの関連記事

アイデンティティ5(第五人格)で、ハンターでプレイしている際にどの補助特質を選べばよいかを紹介しています。それぞれの補助特質を採用すべき状況はどのような時か、具体例も合わせて説明しているのでハンターでプレイする際の参考にしてみてください!

目次

補助特質とは?

自由に付け替えられる追加スキル!

ハンターでプレイする際に装備することができる追加スキルのことだ。いくつかの種類があり、それぞれの使い方や強みを知ることが重要となる。

他の補助特質は人格レベルを上げると開放!

最初は「リッスン」しか使えないが、ハンターの人格レベルを上げることで種類が増えていく。選択肢は多ければ多いほど良いため、人格レベルは上げておこう。

1種類しか装備できない!

試合中に使うことができる補助特質は1種類のみとなる。所持している補助特質をサバイバーに知られると対策されやすいたいめ、使い所も重要となる。

補助特質一覧

リッスンは使用ですぐばれる!

他の補助特質も使用時の特徴を知っていれば分かるが、リッスンに関しては使用中画面中央にテキストが表示される。それ以降リッスンを警戒した立ち回りをされやすく、使いこなすのが難しい。

補助特質を決める際の基準

「リッスン」を採用する場合

人格レベルが低い時

まだハンターの人格レベルが低い場合、リッスン以外を使用できない。リッスンを使いながら、ハンターの基本的な動き方を覚えよう。

まだ索敵に慣れていない時

リッスン使用中はサバイバーの行動を制限させやすい。その分索敵にかける時間を稼ぐことができるため、初心者ハンターにはおすすめな補助特質と言える。

「異常」を採用する場合

サバイバーに「庭師」がいる時

異常を採用する一番の理由は、ロケットチェアを修理したいからだ。そのため、サバイバーに庭師がいたら異常を持っていくと良い。

庭師がいる時の対処法について

索敵とチェイスの練習時に

異常はロケットチェアの修理以外にも、暗号機の進行度を最大値の50%分後退させる効果がある。解読の進んでいる暗号機に異常を使用しておけば、その分チェイスにかけられる時間を増やせるぞ。

「興奮」を採用する場合

サバイバーに「空軍」がいる時

サバイバーに空軍がいる場合、仲間の救助時に信号銃を使用されることが多い。信号銃を使用されたら、ひとまず攻撃を受けてひるもう。救助する寸前に興奮を使えば、不意をついた攻撃を行えるぞ。

「巡視者」を採用する場合

キャンプ時に遠くを索敵したい時

巡視者は移動速度が速いため、索敵に向いている。また、サバイバーに噛みつくことができれば足止めにもなる。キャンプ中、離れた場所の索敵を行いたい時などには有効な補助特質だ。

ハンターのスキルを安定させたい時

道化師や断罪狩人は、障害物の多い場所へ逃げ込まれるとスキルが使いにくい。そういった場所に逃げ込まれる前に巡視者を使っておくと、安定して攻撃を当てられるようになる。

道化師のスキルを安定させたい時

特に道化師はロケットダッシュで高速移動できるため、遠くにいるサバイバーにもすぐに近づける。そのため、巡視者で足止めしている間にスキルで近づき攻撃することが可能だぞ。

「瞬間移動」を採用する場合

「庭師」や「空軍」がいない時

サバイバーに庭師や空軍がいない時は、理由がなければ瞬間移動を使うと良い。使いこなせると索敵にかかる時間を短縮させることができるため、有利に立ち回りやすくなるぞ。

索敵が得意になってきた時

ゲームに慣れてきたら、基本的には瞬間移動を使うと良い。ただし、リキャストが長いため使い所が重要となり、ある程度経験が必要となる補助特質でもある。

「監視者」を採用する場合

索敵をスムーズに行いたい時

監視者はクールタイムさえ終われば何体でも設置できる。サバイバーを拘束したロケットチェアや、解読の進んでいる暗号機の近くに設置しておくと、効率よく索敵できるぞ。

サバイバーにプレッシャーを与えたい時

監視者に見つかっている間は、ハンターに居場所がずっとばれている状態となる。目的の場所に近づきにくくさせることができるため、リキャストが終わったらすぐに使うようにしよう。

「神出鬼没」を採用する場合

チェイスで相手の不意をつきたい時

神出鬼没は、壁を越えることはできないが、板と窓枠を越えることはできる。特に板の前で待機するサバイバーは多いため、不意打ちとして使用すれば攻撃を当てやすい。

チェイスが得意になってきた時

リキャスト時間は長いが、チェイス時に有利に立ち回れるようになる。そのため、初心者にはおすすめできないが、ハンターに慣れてきたプレイヤーにはおすすめできる補助特質だ。

アイデンティティ5他の攻略記事

第五人格の人気記事

▶リセマラはある?
IdentityⅤ(第五人格)にリセマラはあるのか?を紹介
▶初心者の手引き
初心者が勝つために必要な知識を蓄えよう!
▶勝ちやすいサバイバー編成
4人で戦うサバイバーのおすすめ編成を紹介!
▶サバイバーの追い込む方法
ハンター必見!サバイバーを効率的に脱落させる方法がここに!
▶マップ攻略一覧
まず勝つために必要なのはマップ把握だ!

第五人格のキャラ記事

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]网易公司
▶IdentityⅤ-第五人格-公式サイト

攻略記事ランキング
  1. マップ(ステージ)攻略一覧
    マップ(ステージ)攻略一覧
    1
  2. 初心者必見!勝つために最初に知っておくべきこと!
    初心者必見!勝つために最初に知っておくべきこと!
    2
  3. 最強サバイバーは誰?おすすめサバイバーランキング
    最強サバイバーは誰?おすすめサバイバーランキング
    3
  4. 全サバイバー一覧
    全サバイバー一覧
    4
  5. 傭兵の役割と立ち回り
    傭兵の役割と立ち回り
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
人気記事
第五人格掲示板
初心者向け記事
基本的な戦術・立ち回り
サバイバーの立ち回り
形態変化対策
ハンター別対策
ハンターの立ち回り
システム解説
キャラ情報
サバイバー
ハンター
その他
マップ攻略
シーズン記事
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中